スズキ「バンディット1250F ABS」が発売

掲載日: 2010年04月12日(月) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2010年4月12日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = スズキ株式会社

スズキ株式会社から、高い防風効果を発揮するフルカウル(大型風防)を装備した大型ロードスポーツバイク「バンディット1250F ABS」が 4月16日より発売される。

「バンディット1250F ABS」は、コンパクトな車体やトルクフルで扱いやすいエンジンなどを持つ「バンディット1250S ABS」にフルカウルを装備したモデルだ。シャープな造形のフルカウルを装備することでスポーティな印象とするとともに、高速走行時などにおいて高い防風効果を発揮。ライダーの負担を軽減し、街乗りから高速道路などを利用したロングツーリングまで、より快適な走りを実現している。

「バンディット1250F ABS」の主な特長

・ 縦2灯配置のマルチリフレクターヘッドライトを備えたスポーティなフルカウルを採用。高い防風効果を発揮し、ライダーの負担を軽減。
・ 指針式アナログタコメーターを中心に、デジタルスピードメーターやギヤポジションインジケーター、燃料計などを配したコンパクトで機能的なメーターパネル。
・ライダーのブレーキ操作を一定範囲内で補助する電子制御式ABSを標準装備。
・車体色は青(キャンディインディブルー)、黒(パールネブラーブラック)の全2色を設定。

メーカー希望小売価格:1,092,000円
公式サイト:http://www1.suzuki.co.jp/motor/bandit1250fa/index.html

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ