【SYM】リーズナブルなプライスも魅力!原付一種スクーター「オービット50」を発売

掲載日: 2021年04月15日(木) 更新日: 2021年04月15日(木)

【SYM】リーズナブルなプライスも魅力!原付一種スクーター「オービット50」を発売 メイン

モータリスト合同会社は、SYM(エス・ワイ・エム)の原付一種スクーター「オービット50」の発売を開始した。

同車両は「シンプリー125」の後継モデルとして50cc車両にモディファイしたものとなり、16万2,800円(税10%込み)というリーズナブルなプライスを実現している。なお、カラーバリエーションは「ホワイト」「レッド」「ブラック」「シルバー」「ブルー」の5タイプが用意されている。

SYM(エス・ワイ・エム )オービット50 販売開始

オービット50は、かつて販売されていた「シンプリー125」の後継機種を50㏄としてモディファイし、日本市場に新規に投入するもの。シンプルながらもリアキャリアを標準装備とするなど、必要な装備は充実させ、また50㏄としては十分なシート下ラゲージスペースも提供している。

市場の縮小、特に50㏄市場の縮小やコロナ禍での生産への影響もあって、新車の50㏄が入手しにくくなり苦労する販売店が多い現在の日本市場を鑑み、必要とされている商品を、必要としているお客様のために提供するべく、モータリスト合同会社が、その強固なネットワークと交渉力を生かし、台湾・SYM 社から新たに導入することとなった。

【オービット50の特徴】

【SYM】リーズナブルなプライスも魅力!原付一種スクーター「オービット50」を発売 記事1

・速度やガソリン量などがわかりやすいシンプルなメーターユニット。

【SYM】リーズナブルなプライスも魅力!原付一種スクーター「オービット50」を発売 記事2

・50㏄としては十分なシート下のラゲージスペース。

【SYM】リーズナブルなプライスも魅力!原付一種スクーター「オービット50」を発売 記事3

・リアキャリアが標準装備。ラゲージスペースと合わせると多くの荷物を運べるため、通勤通学にも便利です。

オービット50の魅力の一つである価格は、14万8,000円(税10%込み/16万2,800円)と、現在日本で手に入るグローバルメーカーが製造する50㏄の中では最も安価(2021年4月現在)。

欧州の多くの市場での国別販売台数ではトップを確保する実力と、信頼できる技術を背景にもつ SYM が、モータリストとのコラボレーションの中、日本市場のためにこの低価格を実現させた。ボディカラーは白、赤、黒、青、銀の5色と多彩。安価だからと言って作りに手を抜くところはなく、安心して乗れる50㏄の登場に、販売店からの期待も高まっている。

【SYM】リーズナブルなプライスも魅力!原付一種スクーター「オービット50」を発売 記事4

オービット50は今回、豊富な在庫を用意しているが、50ccモデルの品薄感から次便の到着までお待たせする可能性もあることから、商品を確保するためにも早めに店頭でのご予約をお勧めしたい。

お問い合わせ

モータリスト合同会社
TEL/03-3731-2388

リリース = モータリスト合同会社(2021年4月15日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ