キャンプツーリングで重宝する大容量55~70リットル! デイトナから「シートバッグPRO II DH-760」が発売

掲載日: 2022年03月31日(木) 更新日: 2022年03月30日(水)

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!メイン

デイトナのオリジナルブランドであるヘンリービギンズの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、キャンプツーリングで重宝する大容量モデル「DH-760(2万9,700円/税10%込み)」がラインナップされた。

同製品は、車種を選ばず簡単にバッグを装着できる「イージーリングベルト」システムに対応。容量は55リットルとなっており、サイドファスナー開けることで最大70リットルまで拡張が可能なので積荷が増えても安心だ。また、バッグ各部に大きな開口が用意されており、バッグを積んだ状態での荷物の取り出しが楽に行えるのも魅力だろう。

デイトナ シートバッグPROⅡシリーズ DH-760

キャンプツーリングには安心の大容量。

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事01

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事02

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事03

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事04

左から、前後左右のズレに強いノンスリップシート/中央の特殊ノンスリップシートは幅広い車種でズレ防止が可能。YZF-R25、Ninja250などへの取り付けが可能。連結ベルトで常に美しい形をキープ/連結ベルトを使えば負荷の掛かった状態でも型崩れしません。

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事05

機能と拡張性が詰まったメインフラップ/隠しポケットもPALSテープも工夫次第で自分仕様のバッグに変化。操縦性・跨りやすさ・車体とのバランスを考慮し、シリーズを通して高さ30cm以下、奥行32cm以下に設定。

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事06

ファスナーを開ければ容量アップ/急に荷物が増えても安心。開口部が広いので長い荷物の出し入れにストレスを感じません。

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事07

サイドポケットはすぐに使いたい小物入れに便利。金属ワイヤーと補強パネルが収納しやすいスクエア形状を維持。

デイトナの「シートバッグPROⅡ」シリーズに、ロングツーリングでも重宝する55〜70リットル大容量タイプの「DH-760」がラインナップ!記事08

M〜LL共通機能/荷物満載でも両サイドが開くので下に入れた荷物にアクセス可能。サイドを折り畳めば大きなバッグを小さく保管できる。

20220330news_Daytona_DH760-11

M〜LL共通機能/長物固定ベルト(ホールドベルト)付属(2本)。マットなどの長物をDカンやテープに固定できる。

20220330news_Daytona_DH760-12

収納例/テント(ドームルーム)、コット、シェラフ、マット、チェア、テーブル、グリル、焚火台、クッカー、レインウエア など

■製品名/シートバッグPROⅡシリーズ DH-760
■製品番号/26214
■価格/2万9,700円(税10%込)
■容量/LL(55〜70リットル)
■最大積載重量/15kg
■本体重量(付属品込)/4.3kg
■付属品/イージーリングベルト(N25B)、サブベルト、長物固定ベルト、ショルダーベルト、レインカバー
■サイズ(本体)/H300×W530〜690×D320mm(※ポケット部除く)
■大ポケット/H210×W280×D50mm
■小ポケット/H210×W170×D50mm
■ドリンクホルダー/H200×W100×D70mm

お問い合わせ

株式会社デイトナ
TEL/0120-60-4955
受付時間10:00~17:00(月~金)

リリース=株式会社デイトナ(2022年3月25日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ