【ホンダ】ネイキッドスポーツ「CB250R」の足つき性アップと新色追加で4月19日より発売!

掲載日: 2019年03月11日(月) 更新日: 2019年03月11日(月)

ホンダは「CB250R」の足回りとカラーリングに変更を行い4月19日(金)より販売すると発表した。

扱いやすい単気筒249ccのユニットを搭載する同車両は、フロントフォークのスプリングやリアショック、ステップバーの変更により足つき性を大幅に向上。これに後輪の浮き上がりを抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付のABSを装備した。更に新色として「マットパールアジャイルブルー」が追加される。カラー展開は新色のほか「キャンディークロモスフィアレッド」「ブラック」「マットクリプトンシルバーメタリック」の全4色。車両価格は55万4040円(税8%込み)となる。

ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」の足つき性を向上し、新色を追加して発売

Hondaは、軽量かつコンパクトな車体に高性能な水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・単気筒249ccエンジンを搭載したネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」の足つき性を向上させるため、前後サスペンションなどの足回りを変更。さらに、新しいカラーバリエーションとしてシックなイメージの「マットパールアジャイルブルー」を追加し、ABS※1を標準装備して4月19日(金)に発売します。

今回、フロントサスペンションのスプリングやリアサスペンションを変更し、メインステップバーの形状を見直すことで、足つき性の向上を図っています。また、急制動時の後輪浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付ABSを標準装備しています。
カラーリングは、シックでありながら艶やかなマットパールアジャイルブルーを新たに採用。高質で鮮やかなキャンディークロモスフィアレッドや精悍なブラック、金属質のマットクリプトンシルバーメタリックと合せて4色設定としています。また、マットパールアジャイルブルーとキャンディークロモスフィアレッドは、シュラウドやヘッドライトリム、フロントフェンダーをマットブラックとし、前後ホイールはブラウンを採用。また、全色ともフロントフォークのアウターをブロンズ色としています。

CB250Rは、新世代CBシリーズとしてマスの集中化と軽量化を図った凝縮感のあるダイナミックな台形プロポーションや上質な走りを演出するパワーユニット、快適なライディングを提供するシャシーなどにより、若年層のエントリーユーザーを中心に好評を得ています。

※1ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナーなどの手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます

CB250R/マットパールアジャイルブルー

CB250R/キャンディークロモスフィアレッド

CB250R/ブラック

CB250R/マットクリプトンシルバーメタリック

■販売計画台数/(国内・年間)合計3,000台
■メーカー希望小売価格(税8%込み)/55万4040円(消費税抜本体価格51万3000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

【主要諸元】

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.
■製造国/タイ
■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※2燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※3定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※4WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

[ お問い合わせ ]
Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

CB250Rのカタログページはコチラ>>

リリース = 本田技研工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ