あの「インターセプター」ロゴとカラーが復活! 「VFR800F」に新色登場

掲載日: 2018年11月30日(金) 更新日: 2018年11月30日(金)

ホンダは800ccV4エンジンを搭載する「VFR800F」と「VFR800X」のカラーバリエーションを変更、同時に両車とも新たにETC2.0を標準装備して発売すると発表した。

なかでも注目なのはVFR800Fの新色「パールグレアホワイト(ストライプ)」で、その配色はかつてV4スポーツバイクとして一世を風靡した「VFR750F インターセプター」を彷彿とさせるもの。さらにカウル両サイドには「INTERCEPTOR」のロゴも入るという凝りよう。

ホンダV4マシン伝統のトリコロールの復活はVFR800Fの新たな魅力となりそうだ。なお、同時発表されたVFR800Xは現行色の「キャンディープロミネンスレッド」1色の設定となる。

 

「VFR800F」「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともにETC2.0車載器を標準装備し発売

Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒800ccエンジンを搭載した大型ツアラーモデル「VFR800F」と大型クロスオーバーモデル「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器※1を標準装備し、「VFR800F」の「ヴィクトリーレッド」と「VFR800X」を12月14日(金)に、「VFR800F」の「パールグレアホワイト(ストライプ)」を2019年3月8日(金)にHonda Dreamより発売します。

VFR800F/パールグレアホワイト(ストライプ)

今回、VFR800Fの気品漂う上質なスタイリングには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」※2を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージをより高めました。

VFR800Fのカラーバリエーションは、新色のパールグレアホワイト(ストライプ)と従来色のヴィクトリーレッドの全2色を設定。VFR800Xのカラーリングは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定としています。

また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップしています。

VFR800X/キャンディープロミネンスレッド

※1 ETC2.0を使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要となります
※2 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒750ccエンジンを搭載したロードスポーツバイクとして、1986年に北米地域で発売

■販売計画台数(国内·年間)/VFR800F 350台、VFR800X 150台

■商品名/VFR800F
■カラー/(1)ヴィクトリーレッド(2)パールグレアホワイト(ストライプ)
■メーカー希望小売価格/(1)131万4000円(2)138万4000円(共に税抜き)

VFR800F/パールグレアホワイト(ストライプ)

■商品名/VFR800X
■カラー
/キャンディープロミネンスレッド
■メーカー希望小売価格
/136万4000円(税抜き)

VFR800X/キャンディープロミネンスレッド

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

■主要諸元

VFR800Fのカタログページはコチラ>>
VFR800Xのカタログページはコチラ>>

[ お問い合わせ ]
Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ