バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

【ホンダ】CRF250 RALLYを2/20に発売へ

掲載日: 2017年02月13日(月) 更新日: 2017年02月13日(月)

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダは、「ザ・ダカールレプリカ」を開発キーワードとして生み出されたCRF250 RALLYを2016年2月20日(月)から発売する。前後サスを変更し、シート高を65mm下げたローダウン仕様のTypeLDも用意される。カラーリングはダカール参戦マシンであるCRF450RALLYのカラーを模したエクストリームレッドのみ。価格は税込みで64万8千円からとなっている。

CRF250RALLY

CRF250 RALLY

以下リリースより
2017年2月1日

軽二輪アドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」を発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載し、大型スクリーンや大容量フューエルタンクなどを装備したアドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」を、2月20日(月)に発売します。

CRF250 RALLYは、2015年3月に開催された「第31回 大阪モーターサイクルショー/第42回 東京モーターサイクルショー」にコンセプトモデルとして世界初公開し、大変好評を博したモデルで、「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ」を開発コンセプトに、ダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のフォルムだけではなく、その開発思想を受け継ぎ開発しました。

CRF450 RALLYを彷彿させる、大型でウインドプロテクション性能に優れ、快適な高速巡航を可能とするスクリーンをはじめ、ラリーマシンと同様のフレームマウントで、個性的なフロントビューの左右非対称の二眼LEDヘッドライトを採用するとともに、車体色をエクストリームレッドとすることでアグレッシブな印象としています。また、未舗装路での走行を考慮したロングストロークの前・後サスペンションを採用することで、250ccクラスの枠を超えた存在感を演出しています。エンジンは、低回転域での力強いトルクと高回転域での伸びのある出力を両立する、扱いやすい特性の水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載。ブレーキシステムには、不意なブレーキ操作時や急な路面変化によるタイヤロックを抑制するABSをタイプ設定。また、前・後サスペンションを変更し、シート高を65mm低くすることで足つき性を高めたType LDをタイプ設定しています。

CRF250RALLY

CRF250 RALLY

CRF250RALLY

CRF250 RALLY TypeLD

CRF250RALLY

CRF250 RALLY(ABS)

CRF250RALLY

CRF250 RALLY TypeLD(ABS)

■販売計画台数(国内・年間)/2,100台
■メーカー希望小売価格
CRF250 RALLY=648,000円
CRF250 RALLY Type LD=648,000円
CRF250 RALLY(ABS) =702,000円
CRF250 RALLY Type LD(ABS) =702,000円
*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

CRF250RALLY

CRF250 RALLY

=主な特長=
■エンジン
・エンジンは、低フリクション技術を採用し、優れた燃費性能と、さまざまなシーンでの扱いやすさが好評の水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンをベースに、ピーク出力の向上に加え、力強い低速トルクの両立を実現
・口径を大径化させたスロットルボディーと、パイプ途中で管径を拡大させた拡管構造のエキゾーストパイプの採用で、より扱いやすいエンジン特性を実現
・マフラー内部を2室構造とすることで、排気音に歯切れの良いパルス感を演出するとともに、軽量・コンパクト化を実現

■車体

・ラリーレーサーの高機能イメージを表現する、CRF450 RALLYと同形状のフローティングウィンドスクリーンと、フレームマウントされた左右非対称の二眼の高輝度LEDヘッドライト
・エアマネージメントを考慮し設計されたナックルガード、シュラウド、ミドルカウル、アンダーカウルは、ラリーマシンの開発ノウハウを受け継ぎ配置されたスリットにより、車体外装に沿って流れる空気を整流することで、軽快なハンドリングを実現し、また、ウィンドスクリーンとともにライダーが受ける空気抵抗を低減させることで、ライダーの疲労を軽減するともに、快適な高速巡航性能を実現
・ライディングポジションの自由度を確保しつつ、優れた燃費性能と相まって、長距離ツーリングでの利便性を配慮した、10Lの大容量フューエルタンク
・給油時の使いやすさに配慮したエアプレーンタイプのヒンジ式タンクキャップ
・最低地上高は、未舗装路における走破性を高める270mm※1を確保するとともに、250ccクラスの枠を超えた存在感を演出する新設計の専用前・後サスペンション
・最適な剛性を得られる形状、優れたハンドリングを実現するセッティングを施した新設計のフロントフォークと新設計のリンク、コンロッドにより、しなやかで快適な乗り心地としたリアサスペンション
・前・後のサスペンションを変更し、シート高を65mm下げることで足つき性を向上させた、ローダウン仕様のType LDをタイプ設定
・オフロード走行特有のファンライドにも対応できるよう、リアタイヤの制御を遮断できるABS仕様をタイプ設定
・ツールセットに加え、小物類の収納に配慮したキーロック付ツールボックス
※1Type LDは205mm

■カラーリング
・ダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のカラーをまとったエクストリームレッドを設定

CRF250RALLY

CRF250 RALLY

CRF250RALLY

CRF250 RALLY

CRF250RALLY

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう