【KTM】RC390や390DUKEによるレースを開催

掲載日: 2015年01月09日(金) 更新日: 2015年01月15日(木)
この記事は 2015年1月9日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = KTM JAPAN株式会社

KTMは、2015年から「RC CUP with METZELER」と「KTM 390CUP with METZELER」の両レースシリーズを開催する。若手ライダーの育成を目的とした「RC CUP with METZELER」は、19歳以下を対象にKTMが用意したRC390で争われる。一方「KTM 390CUP with METZELER」はRC390と390DUKEユーザーであれば年齢制限はなく誰でも参加で、ノーマルクラスとモデファイトクラスの2クラスを用意。レースは計3クラスの混走で実施される。

RCカップ
以下リリースより
2015年1月9日


「RC CUP with METZELER」、「KTM 390 CUP with METZELER」
2015年から、新レースシリーズが開催されます

KTMは、世界を目指す日本の若手ライダー育成の目的と、KTMストリートバイクユーザーがクローズドコースで思いっきり、そして楽しく走ることができるように、をコンセプトとした、『RC CUP with METZELER』『KTM 390CUP with METZELER』という、二つの新しいレースシリーズを開催します。

スポーツモーターサイクルを販売し、そのライフスタイルと楽しみを提供するKTM(KTM JAPAN 株式会社)は、発売されたばかりのフルフェアリングスポーツのRC390に加え、昨年、多くのライダーから支持され、ベストセラーとなったネイキッドスポーツ、390DUKEで走る、3クラス(混走)のレースシリーズを2015シーズンから開催します。

19歳以下という年齢制限を設けた、若手育成と世界につながる道つくりを目指した
RC CUP with METZELER

このために用意されたRC390 CUP仕様車を使用する。これはRC390をベースに、KTM本社が特別にセットアップしたもので、レースカウルセット、専用の前後サスペンション、アクラポヴィッチサイレンサーなどを装備。オリジナルのRC390の44hpに対し、最高出力を38hpと制限し、完全なイコールコンディションで、若手ライダーの能力だけで競うクラス。RC390 CUP車のデリバリーは3月を予定し、ホモロゲーションキット付で車両価格は100万円を下回る見通し。シリーズチャンピオンを手にすると、欧州で開催される『レッドブル・ルーキーズカップ』のセレクションイベントに招待(出場権と飛行機代)、ならびに世界各国で開催されている同様のレギュレーションの「RC CUP」の「ヨーロピアンカップ・ファイナル」への出場の機会が与えられるなどの特典を準備中。

RCカップ

RC CUPオフィシャルパートナー
こうした若手育成というコンセプトに賛同していただき、オフィシャルパートナーも充実。欧州で開催されるRC CUPシリーズ同様、タイヤは優れたグリップ力と操作性を生むMetzeler M7 RRのワンメイク。使用する油脂類にはモータースポーツで高い評価を受けているMotulが参加。CUP車のエンジンオイルには300Vが義務付けられている。KTMが提供するレースサービスでは、同じくオフシャルパートナーになる、高品質なMAC TOOLSの工具を使用。ヘルメットは欧州のレースでシェアが高いX-Liteが協力。若手ライダーのレース参戦費用を低減する。さらに高栄運輸が加わり、参加車両輸送費用も低減させ、レースに集中できる環境を提供。オフシャルパートナーのロゴデカールがマシンに付帯し統一イメージで走る。なお現在も、ロードレースの未来と、若手が世界へ羽ばたく夢をかなえる事に、一緒になってご尽力いただけるオフィシャルパートナーは随時募集しております。

390DUKEとRC390のオーナーに用意された新しい楽しみ
KTM390CUP with METZELER

ストリートだけでなく、サーキットを走っても大いに楽しめる、小気味良い375ccシングルエンジンと、高性能で剛性バランスの優れたシャシー、足廻りを持つRC390と390 DUKE。そのユーザーなら年齢制限なく誰でも参加可能なファンレース。
KTMのフィロソフィーである「Ready To Race」を体感しながら、気持よく遊べる参加型レースとしてノーマルクラスとモディファイドクラスの2クラスに賞典を分ける予定。

バックアップ体勢も充実
安心してレースに参加できるように、KTMオフィシャルサービスが毎レース帯同し、万が一の時の部品提供や、車両トラブルへの対処のみならず、相談などライディングアドバイスまで行うトラックサイドサポートを提供。CUPライダーにはシリーズとは別に合宿トレーニングの機会なども検討中。

開催スケジュール
■4/25 オートポリス(全日本ロードレース併催)
■5/30 ツインリンクもてぎ(全日本ロードレース併催)
■6/14 岡山国際(モト・レヴォリューション併催)
■6/20-21 筑波サーキット(筑波TT併催)
■8/23 筑波サーキット
※他、追加レースの予定も有り(検討中)

[ お問い合わせ ]
このレースシリーズに関する問い合わせ、オーガナイズについては以下の事務局に連絡を。事務局ではレース参加規定、エントリーの案内(エントリーの受付は各レースの主催者になります)、今後のレースに関する告知等を担当します。

RC CUP with METZELER/KTM 390CUP with METZELER事務局
有限会社ディメンジョンデザイン 担当:和田
〒113-0021 東京都文京区本駒込3-29-5-201
TEL/03-6912-0694
FAX/03-6912-0695

関連記事

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ