【カワサキ・東京モーターショー2019】250ccのクラス現行で唯一の並列4気筒!「Ninja ZX-25R」を発表

掲載日: 2019年10月23日(水) 更新日: 2019年10月23日(水)

カワサキは2019年10月23日(水)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「第46回東京モーターショー2019」のプレスカンファレンスで「Ninja ZX-25R」を発表した。

同車両は250ccの現行モデルでは唯一となる並列4気筒エンジンを搭載。最高出力やトルクなど諸元については未発表となるが、豊かな低中速トルクとパワフルな高回転域での出力特性を実現したという。車体は新設計となるトレリスフレームを採用。フロントサスペンションには「SFF-BP(Separate Function Fork-Big Piston)、リアにはホリゾンタルバックリンクリアサスペンションなどを装備することにより優れたコーナリング性能を発揮するとのことだ。

モデル/Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

250ccクラスのラインナップでは、現時点(※1)で唯一となる並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル。スムーズで滑らかな回転フィーリングを持つ、新開発の249cm3水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンは、低中速回転域における豊かなトルクと、高速回転域での強力なパワーを両立しました。また、高回転エンジンならではのサウンドを追求した吸排気系チューニングにより、ライダーはスロットルをひねるたびに、鋭く官能的なエンジンサウンドを体感できます。

車体面では、当社の勝利が続くスーパーバイク世界選手権(※2)などのレース活動で培った車体設計思想と、先進の構造解析技術を投入しました。新設計の軽量トレリスフレームや250ccクラス初採用となる先進的なフロントサスペンションシステム「SFFBP」、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、ホリゾンタルバックリンクリアサスペンションなどの採用により、スポーツ走行時における優れたコーナリング性能を有しています。

また、KTRC(カワサキトラクションコントロール)やパワーモード、KQS(カワサキクイックシフター)といったライダーサポート技術も搭載。Ninja ZXシリーズを名乗るにふさわしいファンライディングを提供します。
(※1)2019年10月現在。
(※2)国際モーターサイクリズム連盟による市販車をベースとした世界最高峰のロードレース。

主要諸元

■エンジン種類・弁方式/水冷4ストローク並列 4気筒 DOHC4 バルブ
■総排気量/249cm3
■内径×行程/-
■最高出力/-
■最大トルク/-
■全長×全幅×全高/-
■シート高/-
■車両重量/-
■燃料タンク容量/-
■フレーム/トレリス、ハイテンスチール
■フロントサスペンション/SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)
■リアサスペンション/ホリゾンタルバックリンク
■フロントブレーキ/シングルディスク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー
■電子制御
・KTRC(カワサキトラクションコントロール)
・KQS(カワサキクイックシフター)
・パワーモード
■カラー/ライムグリーン×エボニー
※車両重量は燃料・潤滑油・冷却水・バッテリーを含む重量です。
※仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

お問い合わせ

カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

Ninja ZX-25Rのカタログページはこちら>>

リリース = 株式会社カワサキモータースジャパン(2019年10月10日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ