バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

【KTM】三橋淳がKTMでダカール・ラリーに挑戦!

掲載日: 2015年11月04日(水) 更新日: 2015年11月04日(水)
この記事は 2015年11月4日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = KTM JAPAN株式会社

KTMは、2015年ダカールラリーで四輪市販車クラスを制した三橋淳氏が、2016年は「KTM 450 Rally Replica」でダカール・ラリーに挑戦することを発表した。四輪から二輪へのコンバートは日本人初とのこと。同ラリーが舞台を南米に移動してからは、いまだ実現していない日本人ライダーの初完走を目指すとしている。

以下リリースより
2015年11月4日

ダカール・ラリーにおける現役の四輪市販車クラスチャンピオンにして世界的なラリースト、三橋淳(みつはし・じゅん)。オフロードに限らず、モーターファンの間で広く知られるビッグネームが、KTMと組み、再びダカール・ラリーに挑戦します。

■ポイント
・2015年のダカール・ラリーで市販車クラスを制した『三橋淳』が、2016年は二輪車で世界一過酷なラリーに挑戦。
・過去、四輪で成功したプロフェッショナル・ドライバーが二輪に挑戦し成功した例は皆無。もちろん日本人としては初のコンバート。
・南米に舞台を移して以降、ますます過酷になったダカール・ラリーの舞台で、日本人ライダーはだれも完走していない。初の完走を目指す。
・三橋選手がパイロットするのは「KTM 450 Rally Replica」。ダカール・ラリーで生まれ、ダカールを制するために作られ、ダカールを14年連続勝ち抜いてきたKTMが誇るファクトリーラリーマシンの市販版。
・三橋選手をサポートするのはKTMのセミファクトリーチーム、「Orlen Team」ことKTMワルシャワラリーチーム。KTM Japanの支援で専任のメカニックを用意し抜群の体制で挑戦する。
・チャレンジのテーマは、「モーターサイクルの仲間とともに、フィニッシュラインを目指す」。裸一貫からのリスタートに、サポーターからの支援が欠かせない。そのためのクラウドファンディングも開始する。

ストリートからオフロードまで幅広くスポーツモーターサイクルをリリースしモータースポーツの楽しみを広げているKTMは、プロフェッショナル・ラリー・ドライバーであり、2015年のダカール・ラリーでは市販車クラスを制した三橋淳(みつはし・じゅん)と組み、2016年度のダカール・ラリーに挑戦します。

三橋選手は、2015年の優勝後、チームとの契約を終了。しかし、これまで人生をかけてきたダカール・ラリーをこのままでは終われない、と新しい挑戦の機会を探していました。とはいえ、市販車クラスでは敵なしとまで言われた三橋選手にとって、ファクトリー・マシンとファクトリー体制以外での挑戦はリスクばかりで魅力がなかったのも事実。レースへの挑戦に気持ちが切れかけていたときに、KTMとの可能性が差し伸べられました。

4月、エイプリル・フールの冗談でKTMで走る、というネタを流した後も、KTMとなら組める、モーターサイクルでのチャレンジなら今までにない夢を掴むことができると確信した三橋選手。改めてKTM JAPANとのブリッジがつながり、その実績と、KTM本国と深いつながりのあるKTM JAPANの強いプッシュから、今年の参戦への道が開けることとなったものです。

■エントリー受理までの道
とはいえ、四輪では王者の三橋選手も、過去10年以上にわたり二輪での実績は無いも同然。ラリーオーガナイザーであるASOも、三橋選手のモーターサイクルでのエントリー受諾には難色を示し、出走が危ぶまれていました。最終的には、オーガナイザーが指定する国際ラリーを完走し、実力を示すことを条件として、エントリーを認める、というコンテストに挑戦することになったのです。

10月初旬、急きょ選ばれたコンテスト・ラリーとなったメルズーガ・ラリー。モロッコ・ラリーに続くインターナショナルラリーで、KTMからもモロッコを走ったファクトリーチームがそのまま参戦。カミオンや四輪のいない、モーターサイクルとバギーだけのラリーとは言え、エントリーは優に100台を超える規模。砂漠を走るラリーであり、ダカールへのテストの意味もあってファクトリーマシンも多く参加しています。三橋選手は、このラリーに急きょエントリーし、身一つで旅だったのでした。

現地で迎えたのは、ダカールでも組むことになるKTMワルシャワチーム。チームが三橋選手のマシンを用意し、セットアップをすすめます。多少のトラブルはありましたが隣接するファクトリーチームのメカニックも手伝って解決、無事に走り出すことができました。

スポンサーデカールひとつない、真っ白なマシンでのラリー。強豪ひしめくプロクラスでのレースながら、三橋選手はマシンを確実に前へと進めます。序盤は久しぶりのモーターサイクルでのラリーとあってスピードも上がらず苦戦しましたが、徐々にペースをつかみ、最終的には総合14位での完走を果たしました。ノーペナルティーでの完走はわずか10台。KTMファクトリーチームでさえ完走を阻まれた厳しいラリーで見事に成果を残しました。

チーム・マネージャーのフィリップ=ダブロウスキーは「三橋は極めて豊かな才能にあふれ、セルフコントロールに長けた、クレバーなラリーストだ。長年モーターサイクルラリーから遠ざかっていたにもかかわらず、高順位をキープし、決して限界を超えることなくラリーをコントロールしてゴールまでマシンを運んでみせた。無意味なリスクを取らずに確実にマシンを走らせる高い能力を持った三橋とこうしてともに働くことができるのは大変な喜びだ」というコメントを残しています。KTMとチームのこうしたサポートの結果、三橋選手のダカールラリーへのエントリーは正式に認められました。

■KTMとダカール・ラリー
ダカール・ラリーは世界で最も過酷なラリーであるとともに、世界中の冒険家が目指す夢とあこがれのラリーでもあります。1979年に第1回が開催され、2016年のラリーは実に第38回目を数えます。この長い歴史の中で、主役の片翼を担うラリーマシンも大きく進化してきました。

砂漠に奪われるパワーを補うかのように高性能化の一途をたどったモーターサイクルも、安全性への配慮もあって現在では450㏄に排気量制限が設けられています。過去14年間にわたりこのラリーをほぼ独占してきたのがKTMですが、それは単にレースを制することだけが目的ではなく、ラリーによって得られた耐久性へのノウハウ、砂をも掴むトラクション、疲れず壊れず信頼性の高いマシンづくりといったフィードバックをお客様に届けるためでもありました。

同時に、KTMはラリーに挑戦するライダーたちのために、コンペティティブなマシンの提供と、ラリーサービスの提供を絶えず行ってきました。KTMの450Rally Replicaはまさにこのダカール・ラリーを戦うために生まれたマシンであり、世界中のラリー・シーンで活躍しているマシンでもあります。

トップオフロード・ブランドであるKTMだけが持ち得たノウハウが凝縮されたこのマシンは、他のブランドのモーターサイクルを大改造してラリーマシンに仕上げるよりもはるかに安価に、かつ信頼性の高いマシンとして、世界中から愛されています。くわえて、KTMが提供するラリー・サービスは、有償でエントラントにパーツやテクニカルアシスタンスを提供するものであり、ラリー挑戦への敷居を下げ、ライダーに夢を与えてきました。

■三橋選手の挑戦にむけて
三橋選手の2016年の挑戦は、こうしたラリー、冒険に懸けるKTMの情熱と、三橋選手のチャレンジ・スピリットが結実したものです。現役のチャンピオンにして、四輪のプロドライバーでありながら、その地位に甘んじることなくチャレンジを続ける三橋選手と、それを応援し、トップレベルのサービスを提供することで、夢を実現しようというKTM。

長く不在だった日本人のダカール・ラリーストが生まれ、この先に続くライダーを迎えていきたい、そんな両者の強い思いがこのプロジェクトにはあります。とはいえ、海外ラリー、それも頂点のダカールラリーへの挑戦には多額の資金が必要なのも事実。エントリフィーだけでも日本円に換算して約200万円を超えるうえ、安全かつ確実にラリーを乗り切ることのできるマシンづくり、装備や渡航費など、枚挙にいとまのないほどの資金を用意しなくてはなりません。

今回のチャレンジでは、こうした資金を、三橋選手を応援する仲間からも集め、その思いを共に連れて南米のステージに持ち込もう、というクラウドファンディング・プロジェクトも同時に立ち上げられました。もちろんサポーターには、このプロジェクトならではの特別なリターンも用意されています。

加えて、三橋選手がダカールに旅立つ前には壮行会も企画。帰国後には三橋選手が企画するスクールやデモランの機会などへの特別招待も予定されています。サポートプロジェクトの詳細については、以下のURLをご参照ください。

>>サポートプロジェクトの詳細ページはコチラ

[ お問い合わせ ]
KTM JAPAN
TEL/03-3527-8885

関連記事

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう