【ヤマハ】「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」2021シーズン MotoGP クラスの参戦体制を発表

掲載日: 2021年03月02日(火) 更新日: 2021年03月02日(火)

【ヤマハ】「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」2021シーズン MotoGP クラスの参戦体制を発表 メイン

ヤマハのサテライトチーム「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」は、2021年3月1日(月)に2021 FIM ロードレース世界選手権 MotoGP クラスの参戦体制をオンラインで発表した。

ライダーはバレンティーノ・ロッシ、およびチーム在籍3年目となるフランコ・モルビデリの2名。参戦車両は、ロッシにファクトリースペック、モルビデリには A スペックの2021年型「YZR-M1」が与えられる事となった。

MotoGP 世界選手権 PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team が2021年のチーム体制を発表

「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」が、2021年3月1日にオンラインチーム発表会を開催し、フランコ・モルビデリ選手、バレンティーノ・ロッシ選手らが登場するとともに、新しいカラーリングをまとった2021年型の「YZR-M1」を紹介し、3シーズン目となるMotoGP世界選手権に向けてスタートを切りました。

【ヤマハ】「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」2021シーズン MotoGP クラスの参戦体制を発表 記事1

発表会では、セパン・インターナショナル・サーキットのメインパートナーであるPETRONASをはじめ、チーム代表のラズラン・ラザリ、チーム・ダイレクターのヨハン・スティーグフェルト、チーム・マネジャーのウィルコ・ズィーレンベルグが参加し、ライダーとチームの詳細を説明しました。

昨年、チームは合計6回の優勝など、インディペンデント・チーム・ランキング1位と、総合のチーム・ランキングで2位を獲得。またモルビデリ選手がランキング2位とし、トップ・インディペンデント・ライダーとなり、大きく飛躍を遂げました。

この成功を2021年も継続するためチームは、モルビデリ選手に加え、チャンピオンシップ獲得のための豊富な知識とポテンシャルを持ち、大きな活力を与えてくれるロッシ選手を迎え、間近に迫った開幕戦に向けて士気を高めています。そのロッシ選手は、PETRONAS の最新ロゴが入ったファクトリースペックの「YZR-M1」、モルビデリ選手は A スペックの「YZR-M1」で出場します。

【ヤマハ】「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」2021シーズン MotoGP クラスの参戦体制を発表 記事2

ラズラン・ラザリ談(チーム代表)

「Petronas Yamaha Sepang Racing Teamが、マレーシアとPETRONASを代表しMotoGPという世界レベルのステージで3年目のシーズンを迎えられることを誇りに思います。間近に迫った新シーズンを非常に楽しみにしており、モルビデリ選手とロッシ選手が活躍できることを期待しています。モルビデリ選手は、昨年の成績をさらに伸ばすシーズンとなり、ロッシ選手については、この新しいチームが、彼の才能と専門的な知識を生かすための最良の場になることを願っています。

私たちは MotoGP に参入して以来、多くの好成績を含め様々な素晴らしい経験をしてきました。これは PETRONAS と YAMAHA がチームを強力に後押ししてくれたおかげと感謝しています。2020年は本当に素晴らしい1年でしたが、そのなかでも、さらに改善・改良できる部分があると感じています。今シーズンもまた厳しい戦いが予想されますが、私たちは懸命に二人をサポートし、彼らが活躍できるように努力していきます」

ヨハン・スティーグフェルト談(チーム・ダイレクター)

「昨年までに培った自信とプライドとともに、今は新シーズンの開幕を楽しみに待っています。しかしライバルたちも立ち止まっていたわけではなく、私たちも常に前に進み続けなければなりません。チーム発足以来、2年間にわたり、私たちは MotoGP で素晴らしい成績を残してきましたが、決してパーフェクトではありませんでした。そのため、このオフシーズンには全面的な見直しをしてきましたが、ライダーたちは、素晴らしいポテンシャルを持っており強いチームになっています。目標は年々高くなり、同時にポテンシャルが高まっているのです。全カテゴリーで同日に優勝することが私たちの夢です。非常に難しいことですが、不可能ではありません」

タン・スリ・アズマン談、(セパン・インターナショナル・サーキット・チェアマン)

「Petronas Yamaha Sepang Racing Team の歴史を振り返ってみると、そのなかには非常に大きな成功がありました。私たちはマレーシアから世界の舞台へ、メカニック、マネジメント、パートナー、ライダーをお送り出してきたのです。そしてこのチームが強く純粋なマレーシア人がマネジメントするマレーシアのチームであることを誇りに思います。さらに2021シーズンに向けて自信を持っており、大きな希望を抱いています。セパン・インターナショナル・サーキットに関わる全員が、エキサイティングかつチャレンジングなシーズンに期待しています」

ダティン・アニータ・アズリナ談(ペトロナス・グループ戦略コミュニケーション、シニア・ゼネラル・マネジャー

「SRT との技術的パートナーシップは、弊社の液体テクノロジー・ソリューション分野における研究開発の能力を高めてくれました。また弊社が Petronas Yamaha Sepang Racing Team の成功に貢献してきたことを誇りに思っています。チームは2019年と2020年にベスト・インディペンデント・チームに輝き、またモルビデリ選手が昨年、ランキング2位を獲得しました。新しいチームにとって、この成果はまさに並外れたもので、メンバーに加われたことをうれしく思います。2021シーズンに向けてチームがこれまでと同様、情熱を持って挑もうとしていることに期待は高まるばかりです。PETRONAS は今後もチームをサポートし、ともに限界を越えるためにプッシュし続けます」

フランコ・モルビデリ選手談(PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team ライダー)

「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team で3年目のシーズンを迎えます。2021年型 YZR-M1 のカラーリングは、これまでと似ていますが、変わったところもあります。また、ロッシ選手がチームメイトとなりましたが、二人にとって素晴らしいシーズンになることを期待し、そうなることを願っています。

個人的には、人間として、ライダーとして、アスリートとしての自分を向上し、さらに上を目指します。昨年はとても速く、何度もいいレースをして好成績も獲得してきましたが、それでもなお、昨年を超えるための努力を続けなければなりません。昨年より今年、今年より来年と成長し続けることが私の目標です」

バレンティーノ・ロッシ選手談(PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team ライダー)

「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team の一員になれたことを誇りに思います。これは私にとって新たなチャレンジです。非常に若いチームですが、ここまでの2年間で本当に強くなりました。また新しいマシンに会えてうれしいですし、マシン、レザースーツ、ヘルメットなどのカラーリングもとても気に入りました。

2021年の目標は競争力を高め、優勝、表彰台を目指しランキングの上位となることです。チーム全員がこの目標の達成に集中しています。モルビデリ選手とは互いによく知った仲なので、かなり面白いコンビになることでしょう。誰もが高いモチベーションを持っており、シーズンの終わりにはともに最大限の成績を手にできるよう全力を注ぎます」

リリース

ヤマハ発動機株式会社(2021年3月2日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ