【ドゥカティ】モンスターシリーズの累計生産台数が35万台を達成

掲載日: 2021年01月18日(月) 更新日: 2021年01月18日(月)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

【ドゥカティ】モンスターの累計生産台数が35万台を達成 メイン

ドゥカティはモンスターシリーズの累計生産台数が35万台を達成した旨発表。35万台目となった車両「モンスター1200 S ブラックオンブラック」は、ドゥカティ本社にて CEO であるクラウディオ・ドメニカーリによりオーナーに引き渡された。

この車両には35万台を記念したプレートが装備されるほか、クラウディオ・ドメニカーリが署名した生産証明書、デザイナーであるアンジェロ・アマートが署名したモンスターのスケッチが添えられたという。

モンスターが生産累計35万台を達成

・モンスターはドゥカティの歴史の中で最も多く販売されたモーターサイクル、記念すべき35万台目のモデルはモンスター1200 S「Black on Black」
・ドゥカティCEOのクラウディオ・ドメニカーリは、この重要なマイルストーンを達成したモーターサイクルのオーナーをボルゴパニガーレの本社に招待し、直接本人に納車
・初代モンスターの発表から約30年、モンスターの伝説は、昨年のドゥカティ・ワールド・プレミアで発売され、今年の4月(※)にディーラーに到着する新型モンスターへと引き継がれる

2021年1月15日 ボルゴパニガーレ(イタリア、ボローニャ)

ドゥカティ・モンスターの生産が、累計35万台を達成しました。この重要な節目となるモデルは、モンスター1200 S「Black on Black」です。ドゥカティ最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメニカーリとドゥカティ・スタイル・センター責任者のアンドレア・フェラレージは、このモデルを注文したドゥカティスタ、セバスチャン・フランソワ・イヴ・エルヴェ・デ・ローズ氏に、モーターサイクルを直接納車しました。

【ドゥカティ】モンスターの累計生産台数が35万台を達成 記事1

ミラノのドゥカティ・ディーラーでモンスター1200 Sを注文したデ・ローズ氏は、ボルゴパニガーレのドゥカティ本社へ招待されました。この記念すべきモーターサイクルは、「350,000」の数字が刻印されたプレートで飾られ、クラウディオ・ドメニカーリが署名した生産証明書と、デザイナーのアンジェロ・アマートが署名したモンスターのスケッチとともに、オーナーに手渡されました。

【ドゥカティ】モンスターの累計生産台数が35万台を達成 記事2

モンスターは、ドゥカティの歴史の中で最も多く販売され、もっとも長く販売されてきたモーターサイクルです。その伝説は、1992年に始まりました。ドゥカティはこの年、スーパーバイクのシャシを採用し、フェアリングや走るために必要のないすべての要素を排除した初代モンスターM900を発表しました。このモデルの発売により、ドゥカティはモーターサイクル市場に「スポーツネイキッド」と呼ばれるまったく新しいセグメントを生み出し、数世代にわたって真のベンチマークとなるモデルを発表してきました。

モンスターは、約30年にわたって、テクノロジーの面や美しいデザインの面で連綿と進化を続けてきました。その間、世界中のライダーに走る楽しみを提供し、新しい熱狂的なファンを生み出すという、基本的なコンセプトは忠実に守られてきました。ドゥカティ・ワールドへの扉を、世界中の数多くの若者に開いた伝説的なモンスター600から、第2世代の696や1100モデル、4バルブ・バージョンから、最近の797、821、1200に至るまで、モンスターは、ドゥカティとそのブランドの成功に大きく貢献してきました。

【ドゥカティ】モンスターの累計生産台数が35万台を達成 記事5

2020年12月2日、ドゥカティは新型モンスターを発表しました。このニューモデルは、2021年4月*にディーラーに到着します。新型モンスターは、ドゥカティの本質を追及し、1992年に登場した初代モンスターからヒントを得たモデルで、軽量なボディ、スーパーバイク由来のフレーム、スポーティでロードユースに最適なエンジンを搭載しています。

モダンで革新的なデザインを特徴とする新型モンスターは、初めてモーターサイクルの世界へ足を踏み入れるビギナーにとっても、エキスパート・ライダーにとっても理想的な選択肢となり、パワフルでありながらも、あらゆる状況で扱いやすいパワー特性、非常に軽量な車体、俊敏かつ直感的に操作できるシャシ、高度なエレクトロニクスにより、新世代のモーターサイクリストを魅了します。

(※)ヨーロッパ市場での発売予定時期(日本での発売時期は未定)

リリース

ドゥカティジャパン株式会社(2021年1月13日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ