【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】「SVARTPILEN 250」が日本バイクオブザイヤー2020の外国車部門で金賞に輝く

掲載日: 2020年12月23日(水) 更新日: 2020年12月23日(水)

「SVARTPILEN 250」が日本バイクオブザイヤー2020の外国車部門で金賞に輝く メイン

ハスクバーナ・モーターサイクルズの「SVARTPILEN 250」が、一般社団法人日本二輪車文化協会が主催する「第3回日本バイクオブザイヤー2020」の外車部門において金賞に輝いた。

同車両は個性的なスタイルと、トルクフルな水冷単気筒エンジン、コストパフォーマンスの高さで若年層を中心に人気を博したモデルとなる。

ハスクバーナ・モーターサイクルズ SVARTPILEN 250が日本バイクオブザイヤー2020外国車部門にて金賞を受賞

外国車部門エントリー13台中、2位の快挙

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン(代表:オリバー・ゴーリング) は、一般社団法人 日本二輪車文化協会が主催する第3回日本バイクオブザイヤー2020の外国車部門にて最優秀金賞に次ぐ金賞を受賞いたしましたことを発表いたします。

「SVARTPILEN 250」が日本バイクオブザイヤー2020の外国車部門で金賞に輝く 記事1

SVARTPILEN 250

1689年にスウェーデンで創業し、1903年から途切れることなくオートバイを生産し続けている歴史あるブランド、ハスクバーナ・モーターサイクルズが2020年に発表、発売をした新型モデル、SVARTPILEN 250が、日本バイクオブザイヤー2020の外国車部門にて金賞を受賞いたしました。

SVARTPILEN 250は、余計な装飾を排除したミニマルなスタイリングの中にスウェーデンを起源に持つブランドならではのスウェデッシュデザインを取り入れたモデルであり、際立つ個性と250ccクラスならではの扱い易さとお求め易さによりご好評をいただいているモデルです。

この度 SVARTPILEN 250に投票いただきました一般の皆さま、そして審査委員の皆さまに厚く御礼申し上げるとともに、これからも日本のバイク愛好家の皆さまに愛されるモデルを発表していきたいと思います。

「SVARTPILEN 250」が日本バイクオブザイヤー2020の外国車部門で金賞に輝く 記事2

プレゼンター吉田美佳子様と KTM Japan GM 西光寿

SVARTPILEN 250のテクニカルハイライト

・トルクフルで31PSの水冷単気筒 DOHC エンジン
・先進的なデザイン-クリーンでモダンかつ審美的
・プレミアムビルド品質
・軽量強固なスチール製トレリスフレーム-レスポンスの良いハンドリングを実現
・高品質の WP 製 APEX サスペンション
・最先端の Bosch 製 ABS システム
・LEDヘッドライトとテールライト
・堅牢な17インチキャストアルミホイール
・高品質のコンポーネントとテクノロジーを標準装備

■車両名/SVARTPILEN 250
■メーカー希望小売価格/59万9,000円(税10%込み)
■主要諸元
・エンジン形式/水冷DOHC 4バルブ単気筒
・総排気量/248.8cc
・最高出力/23kW(31PS)/9,000rpm
・最大トルク/24Nm/7,250rpm
・変速機/6速
・タイヤ(F/R)/110/70 R-17/150/60 R-17
・ホイールベース/1,357mm±15.5mm
・シート高/835mm
・燃料タンク容量/約9.5L
・車輌重量/約153kg(燃料除く)
・保証期間/2年間
・生産国/インド
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。

お問い合わせ

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン
TEL/03-6380-7020
ホームページURL/https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/
ディーラー検索はコチラ/https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/dealer-search/

リリース = Husqvarna Motorcycles Japan(2020年12月21日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ