バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【ヤマハ】扱いやすくスリムな125ccスクーター「MIO S」を10月からインドネシアで発売

掲載日: 2017年10月16日(月) 更新日: 2017年10月16日(月)

リリース = ヤマハ発動機株式会社


マットシルバー/シアン

ヤマハが、125ccスクーター「MIO S」を2017年11月6日(月)にインドネシアで発売する。小柄な女性でも扱いやすいスリムなボディ形状が特徴で、同シリーズ初となるLEDヘッドライトを採用するなど、実用にも優れた一台だ。カラーは、カシス×ダークシルバー、マットシルバー×シアン、ブルー×ブラック、ホワイトの4色が用意されている。

スリムで優美なスクーター
「MIO S」インドネシアで発売

小柄な女性でも扱いやすい車体で最大需要層での販売拡大を目指す

ヤマハ発動機株式会社は、小柄な女性にも扱いやすく、スリムでスタイリッシュなボディが特徴の125ccスクーターの新製品「MIO S」(ミオS)を2017年10月からインドネシアで発売します。


ブルー/ブラック

「MIO S」は、現行のスクーター「MIO」のプラットフォーム展開モデルです。定評の“BLUE CORE”エンジンなどを継承するとともに、新たに1)スリムなフロントパネルと優雅なボディデザイン、2)余裕ある足元スペースと質感ある布地調内装、3)アンサーバックシステムおよび「MIO」シリーズ初のLEDヘッドライトなど、を採用。リーズナブルかつスタイリッシュなスクーターを求める18~25歳の女性のお客様を主体に、実用性を求めながらもトレンドに敏感なお客様の声にも応えました。

インドネシアの二輪市場は、年560万台(2016年当社調べ)で推移しており、スクーターが約8割を占めています。スクーターのうち約200万台は低価格帯のベーシック領域とされ、最大のセグメントとなっています。当社は2003年から同セグメントに「MIO」シリーズを投入し、スタイルと基本性能の良さで広い人気を得て、新規ユーザーを増やしてきました。この「MIO S」導入により、女性ユーザー層を取り込み、最大需要カテゴリーでの販売拡大を目指します。なお、製造・販売はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。


カシス/ダークシルバー

■名称/MIO S
■発売日/2017年10月
■メーカー希望小売価格/15,750,000ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)
■販売計画/30万台(発売から1年間、インドネシア国内)


ホワイト

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品