バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【トライアンフ】ブラックアウトされたNEWボバー「ボバーブラック」新登場

掲載日: 2017年10月04日(水) 更新日: 2017年10月04日(水)

リリース = トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社

トライアンフから「ボンネビルボバーブラック」が発表された。ブラックペイントにブラックアルマイト加工など、細かい部位にまでブラックの塗装や仕上げが施されたモデル。また、シート高はわずか688mmで、あらゆる体格の人に合うようにと低重心による安定感を実現。カラーはグロスジェットブラックとマットジェットブラックの2色展開。日本での発売は2018年初春を予定、価格は未定だ。

NEWボンネビルボバーブラック登場!

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社ではトライアンフ115年の歴史の中でもそのミニマルにそぎ落とした究極の美しさで、圧倒的な支持を得たBonneville Bobberに続き、“よりダークで、より低く、より力強い” Bonneville Bobber Blackを新たに発表いたしました。

2017年に投入されたBonneville Bobberは世界中で高い評価を受け、数多くの賞を受賞し、世界中のファンから愛されています。戦後のオリジナルBobberのムーブメントにインスパイヤされたBonneville Bobberは、性能を最大限に引き出すために極限までチューニングされ、ハードテールバイクの純粋なエッセンスだけを残すという、素晴らしいハンドクラフトのカスタムスタイルと、スリリングなホットロッドの乗り心地を実現しています。Bobber専用にチューンされた高トルク型Bonneville 1200ccエンジンを搭載し、Bonneville Bobberは世界中で好評となっています。最もパワフルで軽量なバイク作りはトライアンフの目指す原点であり、新しいBonneville Bobberは、その意味で正真正銘の本物であるといえます。

そして、トライアンフはBonneville Bobber Blackの登場で、“Bobber” をさらに進化させました。正統派のカスタムスタイルは、より力強く印象的なスタイル、際立つ存在感と伝統的なBobberシルエットにより、Bobber BlackはBobberのロー&マッスルでミニマルなスタンスが、ひときわ目を引くデザインとなっています。Bobberのクラシックな特徴をすべて備えながらも、Bobber Blackのシングルシートハードテールの外観には、直感的なハンドリングをもたらすワイドフラットハンドルバー、ミニマルな車体、Bonnevilleタンク、センターリッジ付きミニマルマッドガード、オーセンティックなワイヤスポークホイールが組み合わされています。 Bobber Blackはブラックアウトされた数多くのディテールとそのフィニッシュ“仕上げ加工”が特徴的です。

・ブラックペイント・エキゾースト(サイレンサー、ヘッダー、アッパーフィンキャスト)
・ブラックアルマイト加工・ブレーキペダル、フットレスト
・ブラックアルマイト加工・ギヤレバー
・亜鉛ニッケルメッキギヤリンケージ
・ブラックアルマイト加工・ブレーキ、クラッチレバー
・ブラックペイント・ハンドルバー(ブラックアルマイト・ライザー、クランプ付き)
・ブラックペイント・シートパン
・ブラックパウダーコーティング処理・エンジンカバー、カムカバー、スプロケットカバー
・ブラッククロームメッキ・ヘッドライトリム
・ブラックペイント・ホイールハブ

Bobberの美しいディテールのすべてを継承しながら、Bobber Blackは伝統にインスパイヤされたカバーとステンレススチール製ストラップ付きの本格的なバッテリーボックス、クラシックな「ドラムブレーキ」風リアハブ、リアマッドガードループ、サイドマウントイグニッションバレル、バーエンドミラー、キーロック付フューエルキャップを装備しています。さらに、美しくデザインされたトップヨーク、キャブレタースタイルのツインスロットルボディ、およびグロスブラックのビュレットインジケーターを備えています。魅力的な2つのカラーオプションで展開されるBobber Blackは、クラシックなグロスジェットブラックまたはスタイリッシュでモダンなマットジェットブラックのいずれかが選択できます。

ブレーキはABSを標準装備しており、Bobber BlackにはBrembo製2ピストンキャリパー付き310mm径ツインディスクがフロントに、リアにはシングルピストンキャリパー付きシングルディスクが装備されています。サスペンションもまた、ワイドなShowa製47mm径カートリッジフロントフォークでBobber仕様よりも強化され、90mmに拡大されたフロントホイールトラベルがフィールとフィードバックを向上させます。クラシックなワイヤスポーク、ブラックリム、専用開発のAvon Cobra製タイヤを備えたよりワイドな新しい16インチフロントホイールが、Bobber Blackにさらに低くて力強いスタンスをもたらします。

すべてのライダーの体格に合うように、Bobber Blackのシート高はわずか688mmに設定されており、優れたエルゴノミクスとライダーの安心感を高める低重心をもたらします。Bobber Blackのフロントエンドは、独自のLEDポジションランプが組み込まれ、トライアンフのトライアングルエンブレムを備えた新しい5インチフルLEDヘッドライトにより一新されています。左側のスイッチキューブに緻密に組み込まれたボタンで簡単に操作可能なクルーズコントロールが標準装備されているため、Bobber Blackでの長距離のツーリングがさらに快適になりました。

走りに安心をもたらすライディングモードには「ロード」および「レイン」が設定され、最大限の安全とライダーによる制御を実現する切り替え式のトラクションコントロールといった安全性能もBobberから継承されています。さらには、レバーの操作力を軽減してライダーの疲労を防ぐトルクアシストクラッチ、優れた耐久性と高効率のフルLED照明類(リアライト、インジケーター、およびライセンスプレートライト)、セキュリティを高めるためのトランスポンダーが内蔵されたキーと最先端のイモビライザーなども装備しています。

■LEDポジションランプ+フルLEDヘッドライト+LEDランプ類
新設計の個性的でエレガントなフルLED5インチマルチファンクションヘッドライト(美しいTriumphトライアングルエンブレム付き)。ハイビームおよびロービーム、フロントポジションライトにトライアンフ独自のLEDポジションランプを追加。特徴的なライトパターンを持つコンパクトでエレガントなLEDリアライト、LEDインジケーター、およびLEDライセンスプレートライトは、高効率で耐久性に優れます。

■シングルボタンクルーズコントロール
1回押すとON、1回押すと速度セット、1回押すとキャンセルできる簡単な操作のシングルボタン機能クルーズコントロール。左側スイッチキューブに取り付けられたボタンで容易に操作可能。

■ライドバイワイヤー
より明確で、より的確、より正確なスロットルレスポンスを実現するためにON/OFFスロットル過渡応答性が向上。2つの異なるライディングモードにリンクし、異なるスロットルマップを設定可能。

■ライディングモード
新しいスイッチギヤで選択可能なライディングモード「ロード」および「レイン」がライドバイワイヤーシステムと連携して、様々な走行条件において制御性と安全性を最大限に発揮。

■ABS
レスポンシブでありながらも過度な介入を行わない最新の安全基準に準拠したABS。

■切り替え式トラクションコントロール
ライダーの安全性とコントロールを約束する、最新の切り替え式トラクションコントロール。

■トルクアシストクラッチ
トルクアシストクラッチはクラッチレバーの操作力を軽減して、長距離走行のライディングを改善し、ライダーの疲労を低減します。

■イモビライザー
トランスポンダーがトライアンフエンブレム付きキーに内蔵され、最先端のイモビライザーを標準装備。

<スリリングなホットロッドの乗り心地とサウンド>
世界で非常に高い評価を得ている1200cc高トルクパラレルツインエンジンは、独特の270度点火間隔とBobber専用チューンにより、低回転域から大きなトルクとパワーを発揮します。
■最大トルク/106Nm/4,000rpm
■最高出力/77PS/6,100rpm

<120アイテムを越えるカスタムアクセサリー>
Bonneville Bobberと同様に、Bobber Blackは、カスタムスタイリング、追加装備、快適性向上、および高出力化のための120を越えるアクセサリーによって、カスタマイズすることを想定してデザインされています。ミニエイプハンガー、オルタネイティブミラー、コンパクトLEDインジケーター、ショートマッドガード、ラゲッジ、ステートメントシート、およびグリップヒーター、Fox製アジャスタブルリアサスペンションユニット、Vance&Hinesサイレンサーなどの様々なアクセサリーパーツが用意されています。

■日本発売予定/2018年初春
■価格/未定


[ お問い合わせ ]
トライアンフコール
TEL/03-6809-5233

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう