【編集部コラム】鈴鹿8耐の現場から

掲載日: 2018年07月29日(日) 更新日: 2018年07月29日(日)

つい先ほど鈴鹿8耐決勝が始まりました。スタート前からちょこちょこ雨が降り始め、これはウェットレースか!?と思ったら、レース開始から15分が経過した頃には太陽が出てきて、レース開始から1時間を迎えようとしている今、レインタイヤからスリックに交換するチームも出てきたりして、今日のレースは天候が読めない感じが。。。
ま、速報はおいおい書きますが、昨晩各チームのピットをちょろっと撮影してきたので写真中心で紹介します。

予選はカワサキチームグリーンがトップ、という結果でしたが、僕は長年BMWの媒体をやっていることもあり、BMWのチームにも注目してます。


#39 Motorrad 39はBMWモトラッドジャパンのオフィシャルチーム。昨年は悔しい思いをしたのでリベンジに燃えていることでしょう! スタートグリッドは15番手。酒井大作選手には大きな期待をしてます! Photo/BMW Motorrad


昨晩20時ごろのピットの様子。分解したマシンを前に酒井選手はじめチームスタッフがあれこれとディスカッションを重ねていました。


マシンは結構バラバラの状態でしたが、メカニックさんたちにとってはハードな夜になったかもしれませんね。


昨年はBMW勢最上位となった#135 Team Tras BMW Financial Services 135。今回が最後の8耐だと明言した武石伸也選手がエースライダー。決勝は24番手スタートです。Photo/BMW Motorrad


BMW Financialのオフィシャルサポートチームとして鈴鹿に挑むTeam Tras。夜遅くまでマシンのチェックに時間をかけていました。


#80 TONE RT SYNCEDGE 4413はEWCクラスではなくSSTクラスでのエントリー。そしてSSTクラスではトップとなる20番グリッドからのスタート! ライダーは昨年もBMWで8耐を走った星野知也選手がエース。S1000RRのポテンシャルを存分に発揮して決勝でどこまで上にいけるでしょうか!?Photo/BMW Motorrad


工具ブランドTONEがメインスポンサーのチームはマシンもピットもスタッフのウエアもかっこいい! 昨晩も遅くまでマシンの調整に余念がありませんでした。


めっきのような外装が目を引くこのS1000RRは、#105 moto CUBIC+Motorrad Toyota NR。日が暮れてからも目立ちそうなマシンですね。


ピット前で何度もタイヤ交換の練習を繰り返していました。天候が読めない今年の8耐は、ピットワークが明暗を分けるかもしれません。


こちらはチームグリーンのピット。特に作業をしている様子はなく、20時過ぎにはピットのシャッターを閉じていました。準備万端!ってことでしょうか?


青木宣篤選手擁する#9 MotoMap Supply。今年はSSTクラスでの参戦で、28番手スタート。新型GSX-Rの実力はいかに!?


各メーカーのファクトリーチームが比較的早めにピットのシャッターを下ろす中で遅くまでピット練習していたのが、#33 Red Bull Honda with 日本郵便でした。タイトル奪還への意気込みを感じます。


最後は#12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING。昨日は転倒もありましたが5番手スタートの好順位。ヨシムラファンは注目ですよ!

Text&Photo/RyoT

(こい)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ