【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース

掲載日: 2022年03月29日(火) 更新日: 2022年03月29日(火)

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース メイン

2022年3月25日(金)~27日(日)、第49回東京モーターサイクルショーがお台場の東京ビッグサイトで開催された。タイの新進バイクメーカーであるGPXのブースでは、110~250ccの軽2輪クラスを中心に、個性的かつコストパフォーマンスに優れた車両を数多く展示していた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事1

発売されたばかりのレジェンド250ブライトン。クラシカルな雰囲気は前身のレジェンド250ツインIIをベースにしたもの。これに特別塗色や前後フェンダー&エンジンなどをメッキ仕上げとしたスペシャルモデルだ。世界限定450台で、そのうち150台が日本に導入予定。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事2

ひっそりと展示してあったが実は世界初公開だったという、レジェンド250ツインIII。限定モデルであるレジェンド250ブライトンのスタンダード版に相当するモデルで、前身のレジェンド250ツインIIよりクラッチが改良され、シフトタッチが良くなっている。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事3

デーモンGR200R 4Vは、スチールのトレリスフレームに198cc水冷単気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデル。シリンダーヘッドが4バルブ化された最新モデルを展示していた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事4

マットブラックの車体が迫力のレジェンド150Fi。バイクらしいデザインの車体に倒立フォークやLEDヘッドライト、フルデジタルメーターなど現代的装備を盛り込んでいる。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事5

アンダーボーンフレームを採用したシティコミューター、POPz110(ポップス110)も、かなりの面積を使って展示されていた。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事6

いわゆるスーパーカブ風のルックスだが、フロントディスクブレーキやキャストホイール、全灯火LEDの採用は本家よりも早かった。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事7

写真のバーミリオンオレンジなど、ネーミングどおりのポップなカラーリングがあるのも、ポップス110の大きな特徴だ。

【東京モーターサイクルショー2022出展速報】GPX ブース 記事8

ビジネスバイク風の落ち着いたブリティッシュグリーンの車体に、ブラウンカラーのヴィンテージシートがよく似合っている。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ