バイク王と学校法人小山学園が整備士育成に向けて包括提携協定を締結

掲載日: 2022年02月03日(木) 更新日: 2022年02月03日(木)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

バイク王と学校法人小山学園が整備士育成のため包括提携協定を締結 メイン

バイク王が、学校法人小山学園と包括提携協定を締結した。学校法人小山学園は、専門学校 東京工科自動車大学校(中野、品川、世田谷)を運営しており、今回の提携は「社員向け教育・研修プログラムの開発、実施」「小山学園の夜間課程におけるバイク王社員への実施」「それぞれの施設・設備・教材等の利用」「人材育成についての情報交換及び交流に関する事項」の4つを柱としている。

実践的な整備研修カリキュラムのほか整備インフラの確保にむけて本格始動!

~バイク王と学校法人小山学園、包括提携協定を締結~

「まだ世界にない、感動をつくる。」をコーポレートミッションに掲げ、ビジョンである「バイクライフの生涯パートナー」の実現に向けて、事業を展開する株式会社バイク王&カンパニー(代表取締役社長執行役員:石川秋彦、本社:東京都港区、証券コード:3377、以下「当社」)は、自動車総合大学校を運営する学校法人小山学園(理事長:山本匡、所在地:東京都中野区、以下「小山学園」)と2022年2月2日(水)に包括提携協定を締結いたしました。

当社は創業以来、中古バイク買取を専門としたホールセールビジネスを主軸に中古バイク買取のリーディングカンパニーとして事業の拡大を図り、未整備だった中古バイク業界を牽引してまいりました。

また、2016年よりリテールを強化し、ホールセールと併せて順調な軌道で業績を伸ばし、取扱台数は安定的に年間10万台以上確保し、現在は全国に63店舗展開しております。そして、2022年に策定した中期経営計画では、バイクの買取だけでなく中古バイク販売シェアも No.1を目指すため、実現に不可欠な整備職の採用や確保、整備職に特化した制度の充実に積極的に取り組んでおります。

一方、学校法人小山学園・東京工科自動車大学校は、都内3か所(中野・世田谷・品川)に自動車整備士養成の学校として1969年に設立してから52年もの歴史の中、20,000名以上の卒業生が日本の基幹産業である自動車やバイク業界で活躍しております。

このたび双方の交流・連携を通じて整備士や営業職を中心とした人材育成の活性化を図り、今後のバイク業界を支える整備士を育成し、「バイクのことならバイク王」としてバイク業界のさらなる発展に努めてまいります。

主な連携の内容

(1)社員向け教育・研修プログラムの開発、実施
(2)小山学園の夜間課程におけるバイク王社員への実施
(3)それぞれの施設・設備・教材等の利用
(4)人材育成についての情報交換及び交流に関する事項

学校法人小山学園 概要

■代表者/理事長 山本 匡
■所在地/東京都中野区東中野 4-2-3
■創立/1969年
■主な事業内容
全日制の整備科に加え、世田谷校には夜間2年制の自動車整備科を設置し、企業向けの教育の場として提供。培ってきた技術とノウハウを研修パッケージとしても提供している。
■運営学校
専門学校 東京工科自動車大学校(中野、品川、世田谷)
・URL/https://car.ttc.ac.jp/

当社は今後も「バイクライフの生涯パートナー」実現に向けて、新たなサービス・コンテンツを企画・展開し、ライダーのバイクライフを全面的にサポートする企業へと進化を続けてまいります。今後ともバイク王にご期待ください。

リリース

株式会社バイク王&カンパニー(2022年2月3日発行)

 

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ