【ドゥカティ】中国を旅するドキュメンタリー動画「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」が公開(動画あり)

掲載日: 2021年12月21日(火) 更新日: 2021年12月21日(火)

ムルティストラーダV4が中国を走るドキュメンタリー動画「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」が公開 メイン

ドゥカティは、ムルティストラーダV4で中国を旅するドキュメンタリー動画「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」の第一話を公式YouTubeチャンネルで公開した。

この動画は5つのエピソードから構成されており、内モンゴルの草原、ゴビ砂漠、雲南省の熱帯雨林など計1万kmを走破。撮影期間は2ケ月に及ぶという。同チャンネルでは今後数か月に渡りこの作品を順次公開する予定となる。

ムルティストラーダ V4で中国を旅するドキュメンタリー・ビデオ、「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」を公開

2021年12月15日 ボルゴ・パニガーレ(イタリア、ボローニャ)

ドゥカティは、ムルティストラーダ V4で中国を旅するドキュメンタリー・ビデオ、「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」を公開します。全部で5つのエピソードから構成されるこの映像は、ドゥカティのデジタルチャンネルで毎月公開されます。シリーズ最初のエピソードは、ドゥカティ公式Youtubeチャンネルで視聴可能です。

「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」は、ムルティストラーダ V4で旅するユニークなライディング・ストーリーで、中国を象徴する美しい風景やユニークな文化に触れることができると同時に、あらゆる地形を走破することが可能なムルティストラーダV4が、その高い品質と多用途性により、旅の完璧なパートナーであることを改めて証明しています。

ドキュメンタリーの撮影は約2か月にわたって行われ、その間、ムルティストラーダ V4は、二千年の歴史を誇る中国の5つの州を横断しながら、1万キロ以上を移動しました。この旅では、内モンゴルの草原、ゴビ砂漠、雲南省の熱帯雨林、重慶の山岳都市などの場所を訪れました。5つの各エピソードにおいて、ライダーはムルティストラーダ V4の多彩な側面を説明し、旅のスケジュールに従ってストーリーを書き加えながら、それぞれの地域の伝統や独特の風景を紹介しています。

最初のエピソードでは、ダカール・レースを完走した最初の中国人ライダーであるツァオ・ホンイが、家族を連れて新疆の野生の美しさを発見する旅に出ます。2番目のエピソードでは、ウェン・コンピンと中国のドゥカティ・ディーラーの9人の代表が武漢と随州を結ぶ道路をライディングし、「シャンツェン中央小学校」の生徒と一緒にチャリティプロジェクトに参加しました。3番目のエピソードでは、自動車評論家のシュウ・クンがムルティストラーダ V4に乗り、重慶市のワインディングロードに挑戦しました。

4番目のエピソードでは、雲南省の熱帯雨林を舞台に、インフルエンサーのチェン・ズンが、さまざまな道のカラフルなルートで、ムルティストラーダ V4の多用途性を評価しています。最終回となる5番目のエピソードでは、ルオ・ハオと歌手のマオ・チュアンが、内モンゴルの広大な草原を横断し、気の合う友人とともにバイクで旅する自由を謳歌する内容となっています。

この多種多様な旅では、ムルティストラーダ V4のポテンシャルとキャラクターが存分に活かされました。このモーターサイクルは、あらゆる地形、あらゆる道を完全にライダーの支配下に置くことができます。最新バージョンのV4グランツーリスモ・エンジンは、常にスポーティな走りを提供し、前方用および後方用レーダーを含む最先端のテクノロジーによって、あらゆる旅で快適に走行できるだけでなく、電子制御式サスペンションと驚くほどスムーズなパワーデリバリーによって、たとえ困難なルートでも、普段と同じように走ることが可能です。

「ドゥカティ・ムルティストラーダ V4シルクロード・グランドツアー」のエピソードは、今後数か月にわたってドゥカティ公式ウェブサイト(Ducati.com)で公開されます。

お問い合わせ

ドゥカティジャパンお客様窓口
TEL/0120-030-292

ムルティストラーダV4Sの試乗インプレッション記事はこちら>>
Multistrada V4S のカタログページはこちら>>
Multistrada V4S Sport のカタログページはこちら>>
その他ドゥカティに関する記事はこちら>>

リリース = ドゥカティジャパン株式会社(2021年12月15日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ