【ファンティック】ISDE 2021年大会でファンティックのダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが世界チャンピオンに!

掲載日: 2021年09月19日(日) 更新日: 2021年09月17日(金)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

【ファンティック】ISDE2021年大会でダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが世界チャンピオンに!メイン

毎年イタリアで開催される、世界各国からトップライダーが集結し6日間かけて戦われる歴史あるエンデューロ大会のISDE(International Six Days Enduro)。

2021年8月30日から9月4日の期間で開催された第95回目の2021年大会は600名を超える参加ライダーを数えるなか、ファンティックのダビデ=ガルネリ選手と、チーム・イタリーが世界チャンピオンを獲得。

またジュニアカテゴリーではスウェーデン・ジュニア・ナショナル・チームのアルビン=ノルビン選手(ファンティック・ダルパ・レーシング・チーム)が総合3位に入賞を果たした。

ISDE イタリア 2021:ダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが、2021 インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロで世界チャンピオンに。ユースは、アルビン=ノルビンが独壇場でトップ

オルトレポー、パヴェーゼ(イタリア北西部ロンバルディア地方、パヴィア県の地域)で行われた第95回の“6 DAYS”には、世界28ケ国から総勢600名を超えるライダーが参戦した。イベントは2021年8月30日(土)をかわ切りに、レース序盤の5日間は、物流の拠点でもある空港、ボゲーラ・リヴァナツァーノ空港敷地内のエリアが、レースのパドックや広報のエリアとして使用され、9月4日(土)のファイナル・クロスの会場となったのは、アレッサンドリア県、カッサーノ・スピーノラにある“クロス・ドローム・ヴァレ・スクリヴィア”(イタリアのスポーツ複合施設)である。

【ファンティック】ISDE2021年大会でダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが世界チャンピオンに!記事01

ファンティック・ライダーのほとんどが“6 DAYS”に参戦した。イタリア・チームの元モトクロス・ライダーでもあったダビデ=ガルネリ、チーム・スウェーデン・ジュニアに位置付けるアルビン=ノルビン、盤石のチーム・イタリー2からは、ケビン=クリスティーノとリカルド=ファブリス、ダニエレ=デル=ボーノだ。

【ファンティック】ISDE2021年大会でダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが世界チャンピオンに!記事02

初日は、ダビデ=ガルネリにとって幸運な日とは言えず、いく度かのクラッシュにみまわれたのち、一日の終わりには大幅に上位からかけ離れてしまった。しかしブレシア(イタリアロンバルディア州にある都市)のライダーは気概を失わなかった。その後の数日間、ガルネリは素晴らしいタイムをたたき出して挽回し、以降、全日上位につける気骨を見せてくれた。

【ファンティック】ISDE2021年大会でダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが世界チャンピオンに!記事03

最終日、ファイナル・クロス・テストに向けて、人々の注目はダビデ=ガルネリに集まっていた。元モトクロス・チャンピオンのガルネリだが、スタート直後は他のライダーたちに阻まれ遅れを取ってしまった。ガルネリは、隙を狙いながら徐々に7周回の最初から順位を上げていき、レース中盤にはトップを奪回することができたのだが、またもやクラッシュにより頓挫されてしまったのだ。しかし、ファンティック・ファクトリー・チーム・E/50 レーシングの、ファンティック公式ライダーである彼は、度重なるアクシデントにもかかわらず、ふたたび目を見張るようなリカバリーを見せてトップに登り、大勢の観客を驚かせたのである。ブレシア出身のこのライダーの素晴らしいパフォーマンスと、そのチーム・メンバーがイタリアン・ナショナル・チームにもたらしたもの、それはまぎれもなく、待ち焦がれていた“ワールド・トロフィー”(サッカーでのワールド・カップに相当)での優勝だったのだ。

【ファンティック】ISDE2021年大会でダビデ=ガルネリとチーム・イタリーが世界チャンピオンに!記事04

スウェーデン・ジュニア・ナショナル・チームの一員として参戦した、ファンティック・ダルパ・レーシング・チームのライダー、アルビン=ノルビンは総合3位を獲得、彼にとっても“素晴らしい6日間”であった。ケビン=クリスティーノとリカルド=ファブリス、ダニエレ=デル=ボーノで構成されるチーム・イタリー2は、惜しくも表彰台に上ることはできなかったが、個々の(個人)カテゴリーのC1においては、ケビン=クリスティーノが栄えある2位、そしてリカルド=ファブリスがトップ10 に入った。イタリアの地での“6 DAYS”を終えて、ファンティック、3チームの次のレースは、9月25、26日、ファンナ(イタリア、ヴェネツィア・ジュリア州、ポルデノーネ県にある人口約1,600 人の基礎自治体)での“アッソルーティ”(イタリアのエンデューロ・レースの一つ)の最終ラウンドと、10月にポルトガルとフランスで行われる、エンデューロ世界選手権の最後の2ラウンドだ。

ダビデ=ガルネリ
「この6DAYSのことは、一生心に残ると思う。“ワールド・トロフィー”での勝利も、ジュニアでの勝利もね。レースでは、ファスト・クロス・テスト(タイムアタック・テスト)とテクニカル・エンデューロ・テスト(技術的な要素を取り込んだエンデューロ・テスト)で、素晴らしいパフォーマンスが出来たと思うよ。」

リカルド=ファブリス
「初参戦の“6DAYS”だったけど、すごく楽しめたよ。僕のファンティック125 はすごく頼もしくて、今回のレースの間もずっと速かったんだ。」

アルビン=ノルビン
「スウェーデン・ナショナル・チームとして、ジュニア・カテゴリーで取れた今回の結果はすごく嬉しい。さあ、6DAYSはもうしまっておいて、今度はシーズン・ファイナルに向けて集中するよ。」

ワールド・トロフィー順位

1)イタリア/ダビデ=ガルネリ(ファンティック
2)スペイン
3)USA

ジュニア順位

1)イタリア
2)フランス
3)スウェーデン/アルビン=ノルビン(ファンティック)

お問い合わせ

モータリスト合同会社
TEL/03-3731-2388

リリース = モータリスト合同会社(2021年9月10日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ