【KTM】KTM正規ディーラー「KTM東海」と「オープンエリア」が合併し、9/1に新生「KTM東海」として営業開始

掲載日: 2019年08月05日(月) 更新日: 2019年08月05日(月)
カテゴリー: トピックス  タグ: , , ,  

KTMジャパンはKTM正規ディーラーである「KTM東海」と「オープンエリア」を合併し、2019年9月1日(日)に新生「KTM東海」として営業を開始すると発表した。

「KTM東海」はストリートモデルの販売を中心に、販売台数全国1位を達成した経験もある同社のフラッグシップディーラー。対する「オープンエリア」はISDEイタリア大会でシルバーメダリストになった経験のある中嶋 宏明氏が主催、全日本エンデューロ選手権1位に入賞した経験がある前橋 孝洋選手が所属するチームを擁するオフロード競技に精通したショップだ。新生「KTM東海」では中嶋 宏明氏をスーパーバイザーに、前橋 孝洋選手をアドバイザーに迎える予定となる。

KTM正規ディーラー『KTM東海』と『オープンエリア』の合併について

KTM Japan株式会社(東京都江東区有明、代表取締役社長:オリバー・ゴーリング)は、KTM正規ディ ーラ ー『KTM東海』と『オープンエリア』の合併について発表いたします。

KTM正規ディーラーの『KTM東海』(三重県桑名市、サンビシモータース株式会社、代表取締役社長:岡田 文明)と『オープンエリア』(愛知県豊明市、有限会社オープンエリア、代表取締役:中嶋 宏明)は 2019年9月1日(日)に合併し、新生『KTM東海』として新たにスタートすることになりました。

『KTM東海』はKTMの専売店“KTMオレンジショップ”として2011年に開業し、2018年には全国第1位の販売を達成したKTMのフラッグシップディーラーです。ストリートモデルの販売が中心ですが、関連会社が所有するモトクロスとエンデューロコースを備えた「いなべモータースポーツランド」を活用してオフロードモデルの販売にも力を入れています。

一方『オープンエリア』は、1997年の第72回ISDEイタリア大会でシルバーメダリストとなった中嶋 宏明氏が代表を務めるオフロードモデル専売店“KTMコーナーショップ”として2018年はオフロードモデルの販売で全国トップ10に入る実績と、2018年MFJ全日本エンデューロ選手権国際A級クラス1位の実力を誇る前橋 孝洋選手が所属するモトクラブオープンエリアを率いるオフロードモデルのプロショップです。

KTMストリートモデル販売の雄『KTM東海』は、『オープンエリア』の中嶋 宏明氏をスーパーバイザーに、また前橋孝洋選手をアドバイザーとして迎え入れることで、東海エリアでのKTMブランドの存在感を高めるとともに、より一層お客様にご満足いただけるサービスを提供いたします。

『KTM東海』概要

■店舗種類/KTMオレンジショップ
■所在地/三重県桑名市参宮通り 20
■電話/0594-84-6363
■営業時間/9:30~19:00
■定休日/月曜日

お問い合わせ

KTM Japan株式会社
TEL/03-3527-8885

リリース = KTM Japan株式会社(2019年8月2日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ