【キムコ】コンセプトモデル世界初公開!東京MCS2016出展概要

掲載日: 2016年03月14日(月) 更新日: 2016年03月14日(月)
この記事は 2016年3月14日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = キムコジャパン株式会社

キムコジャパンは、2016東京モーターサイクルショーへの出展概要を発表した。世界初公開となる新型マキシスクーター「K50」や、日本初公開となるコンパクトタイプの125CCスクーター「グイド125i」など、計10台のラインナップを予定している。

■東京ブース番号/A-16

★編集部の出展ブース、ココに注目!
「キムコジャパン」設立後に初めて迎えるモーターサイクルショー出展。ワールドプレミアモデルや市販予定車など、展示車両の充実ぶりからも今回の出展にかける同社の熱い想いが伝わってくる。ビッグスクーターだけでなく原付クラスのモデルも多いのが特徴で、セカンドマシンや通勤・通学のアシを探している人は、ぜひともチェックしておきたい。

キムコ
以下リリースより
2016年3月14日


第43回東京モーターサイクルショー 出展概要

KYMCOは2016年3月25日~3月27日に開催される第43回東京モーターサイクルショーにおいて、新型マキシスクーターのコンセプトモデル「K50」を世界初公開します。「K50」は一昨年創立50周年を迎えたKYMCOが、これまで培ってきたノウハウと技術力を注ぎ込んだショーケースとして誕生したコンセプトモデルです。また市販予定車として、生まれ変わったハイパースポーツスクーター「XCITING400iABS」(エキサイティング400iABS)や日本初公開となるクラシカルポップなコンパクト125ccスクーター「GUIDO125i」(グイド125i)など計10台を展示します。

KYMCOは、ブランドスローガンである「Win My Heart」をコンセプトに掲げ、これからもお客様の心を掴めるような乗り物を創りあげるためのミッションを追求し続けます。

■展示車両
K50 (コンセプトモデル)
X-TOWN300i ABS (参考出品)
SUPER Z 125 (参考出品)
RACING KING180i ABS+Motocam
“Dark Night Special” (参考出品車)
XCITING400iABS (市販予定車)
GUIDO125i (市販予定車)
DOWNTOWN350i ABS (市販車)
K-XCT300i (市販車)
RACING150i ABS+Motocam (市販車)
TERSELY GT125i (市販車)

[ お問い合わせ ]
キムコジャパン株式会社
TEL/03-6404-6102

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ