【アプリリア】 WSBアプリリアレーシングチームが体制発表

掲載日: 2013年02月15日(金) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2013年2月15日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = Piaggio Group Japan

ピアッジオグループジャパンから、アプリリアレーシングチームの2013年スーパーバイク世界選手権のレース体制とマシンのカラーリングが発表された。

RSV4
以下リリースより

アプリリアモータースポーツニュース
スーパーバイク世界選手権 2013年シーズン
新生アプリリアレーシングチーム スタート

スーパーバイク世界選手権2013年シーズンを戦う、アプリリアレーシングチームがミラノにて体制発表及び2013年マシンのカラーリング発表を行いました。スーパーバイク世界選手権5シーズン目となる2013年は、昨年1勝した北アイルランド出身のユージン・ラバティと新たにフランス出身のシルバン・ギュントーリを迎え入れ、2012年シーズンにダブルタイトルを獲得したRSV4 Factoryと共に三度目のチャンピオン獲得に臨みます。

■ユージン・ラバティ(26)
シーズン終了後から今シーズンに向けた厳しい調整を行っており、自信を持って勝利を目指します。

■シルバン・ギュントーリ(30)
今回のRSV4での参戦をとても名誉に感じています。プレッシャーについて尋ねられることも多いですが、プレッシャーよりもスーパーバイク選手権において、きちんと結果を出したいという気持ちのほうが勝っています。RSV4について驚いたことは、今までのマシンに比べとても相性が良かった事です。速さはもちろんのこと、私のライディングスタイルに合わせた調整が出来ることもとても素晴らしいと感じています。

RSV4

開幕戦のオーストラリアラウンドは2月24日に決勝が開催されます。今後ともスーパーバイク世界選手権、ワールドチャンピオン獲得に向けた新生アプリリアレーシングチームへの応援をお願いたします。

[ お問い合わせ ]
ピアッジオジャパンコール
TEL/03-5330-6993

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ