井上ボーリングが内径加工済みアルミメッキスリーブ「EVERSLEEVE(R)」を発売

掲載日: 2020年11月12日(木) 更新日: 2020年11月12日(木)

井上ボーリングがアルミメッキスリーブ「EVERSLEEVE(R)」を発売 メイン

井上ボーリングは、アルミメッキスリーブへの打ち換え加工「ICBM(R)」で使用されるスリーブを内径加工済み完成品「EVERSLEEVE(R)」として販売する。

この製品は、一般的な機械加工工場でもスリーブ孔の拡大加工と面研磨のみでアルミスリーブ入りシリンダーを製作出来るというもの。

同社ではカワサキ Z1 用(Φ66.5)の製品から販売を開始する予定だが、単品での製作も可能とのこと。詳細については井上ボーリングに直接問い合わせてみよう。

EVERSLEEVE(R)(特許出願中)

内燃機加工に革命! あのアルミメッキスリーブが内径加工済み完成品スリーブとして単品販売開始

株式会社井上ボーリングにしかできなかった、鋳鉄スリーブをアルミスリーブに変更してのアルミシリンダーの製作が、どちらの機械加工屋さんでも出来るようになります。

アルミシリンダーを隙間ばめの寸法精度でスリーブ孔拡大加工して挿入するのみ。あとは面研磨のみで完成です。KAWASAKI Z1 Φ66.5用から販売開始予定。単品でのアルミメッキスリーブ製作のご要望にもお応えします。

日本中多くの加工屋さんと手に手をとって、アルミメッキスリーブの普及を目指し、日本の旧車を良くしていきたいと思います。

お問い合わせ

株式会社井上ボーリング
TEL/049-261-5833

Z1・900 SUPER4 の試乗インプレッション記事はこちら>>
Z1・900 SUPER4 のカタログページはこちら>>
その他井上ボーリングに関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社井上ボーリング(2020年2月28日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ