モービルジャパン株式会社が折り畳み式電動バイク「まめ吉 II」をクラウドファンディングサイトで先行予約販売開始(動画あり)

掲載日: 2022年06月01日(水) 更新日: 2022年06月01日(水)
カテゴリー: 車両情報  タグ: ,  

モービルジャパン株式会社が折り畳み式電動バイク「まめ吉 II」をクラウドファンディングサイトで先行予約販売開始(動画あり) メイン

小型電気自動車の製造・販売を行うモービルジャパン株式会社は、折り畳み式電動バイク「まめ吉 II」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で開始した。

同車両は、電動原付バイク・ペダル・電動アシストの3つから走行モードを選べるようになっており、最高速度は35km/h・登坂角度は20度を実現するほか、盗難防止機能としてリモコンキーを採用。バッテリー容量は13A・20A・25Aの3タイプが用意されている。

なお、標準価格は13A(走行距離50km)が16万5,000円、20A(走行距離75km)が19万8,000円、25A(走行距離100km)が24万2,000円となっているが、今回のプロジェクトでは先行予約のリターンとして上記価格から30%オフで販売されている(価格は全て税10%込み)。

高性能な折畳のできる電動バイク「まめ吉II」が完成/5月21日にクラウドファンディングを開始

超小型電気自動車の製造販売を行うモービルジャパン株式会社(所在地:仙台市宮城野区中野5-5-12、代表取締役:木村 裕)は、ちっちゃくてパワフルな折畳のできる電動バイク「まめ吉II」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて5月21日(土)に開始しました。

■「CAMPFIRE」クラウドファンディングサイト
・URL/https://camp-fire.jp/projects/view/583719

開発背景

4年前に発売した[まめ吉]の後継機として、最新の技術を取り入れて、より乗りごごちが良く、より走行距離が長く、より速度も早い新型「まめ吉II」を完成させました。

特徴

・ドイツの技術を取り入れた最高の性能を実現しました。登坂角度20度、最高速度35km
・14インチバイクでは強力な400Wモーター採用。
・回生充電ができ、走行距離を伸ばしています。
・リチウム電池の回数は通常の倍 2,200回
・大容量リチウム電池搭載 48V25Aで100km走行も可能
・リチウム電池は48V13Aで重量4.6kgと軽量、女性でもワンタッチで脱着可能、室内での充電も可能です。
・サドル部下、前輪フォーク部、車体中心にショックアブソーバーを設定、飛躍的に快適な乗り心地を確保しました。
・タイヤは14インチ防刃強化タイヤを採用 普通タイヤよりパンクの心配を減らしました。
・盗難防止と“車と同じ”キーレスシステムを採用、より便利に使いやすくなりました。

■盗難防止とキーレスシステムを起動した様子の動画
・URL/https://youtube.com/shorts/1d-YBS_0_Xo?feature=share

モービルジャパン株式会社が折り畳み式電動バイク「まめ吉 II」をクラウドファンディングサイトで先行予約販売開始(動画あり) 記事1

リターンについて

・リチウム(48V/13A)搭載車/定価165,000円(税込)→30%OFF 115,500円(税込) 走行距離50km
・リチウム(48V/20A)搭載車/定価198,000円(税込)→30%OFF 138,600円(税込) 走行距離75km
・リチウム(48v/25A)搭載車/定価242,000円(税込)→30%OFF 169,400円(税込) 走行距離100km

モービルジャパン株式会社が折り畳み式電動バイク「まめ吉 II」をクラウドファンディングサイトで先行予約販売開始(動画あり) 記事2

プロジェクト概要

■プロジェクト名/ちっちゃくてパワフル折畳みのできる電動バイク
■期間/2022年5月21日(土)~6月30日(木)
■プロジェクトサイト
・URL/https://camp-fire.jp/projects/view/583719

製品概要

モービルジャパン株式会社が折り畳み式電動バイク「まめ吉 II」をクラウドファンディングサイトで先行予約販売開始(動画あり) 記事3

■商品名/まめ吉 II
■種類/原動機付き自転車登録
■内容/400Wモーター
■サイズ(長さ×幅×高さ)/130×51×105cm
■カラー/黒、赤
■素材/アルミ合金
■販売店/当社、および当社販売店(現在全国230店舗)

お問い合わせ

モービルジャパン株式会社 お客様相談窓口
・TEL/022-355-9591

リリース = モービルジャパン株式会社(2022年6月1日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ