【ホンダ】話題の「HAWK 11(ホークイレブン)」国内仕様はメーカー希望小売価格139万7,000円で9/29に発売決定!

掲載日: 2022年04月15日(金) 更新日: 2022年04月15日(金)

ホンダ HAWK 11(ホークイレブン) 国内仕様 メイン

ホンダは、本年度の大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーで話題をさらった大型ロードスポーツモデル「HAWK 11(ホークイレブン)」を2022年9月29日(木)に全国のホンダドリームネットワーク店で発売する。メーカー希望小売価格は139万7,000円(税10%込み)となる。

同車両は、アフリカツインやレブル1100にも搭載される水冷直列2気筒エンジンをベースとしたユニットを搭載。トランスミッションはマニュアルのみで DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の設定は無い。なお、カラーバリエーションは「パールホークスアイブルー」および「グラファイトブラック」の2タイプが用意されている。

新型ロードスポーツモデル「HAWK 11」を発売

Hondaは、新型ロードスポーツモデル「HAWK 11(ホーク イレブン)」を、Honda Dreamより9月29日(木)に発売します。

・経験豊かなベテランライダーを中心としたお客様に、新たな価値観と充実したバイクライフを提案する日本市場向けの大型モーターサイクル
・水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒1,082cm3エンジンに、6速マニュアルトランスミッションと、ライディングをサポートする電子制御技術を搭載
・ゆったりと走るシーンから、軽快にワインディング走行を楽しむシーンまで、ライダーの充足感を追求した、扱いやすい車体パッケージ
・存在感ある一体成型FRP製のロケットカウルを装備。上質でモダンな佇まいの中に、軽快な走りを予感させる低く構えたスタイリングデザイン
・エンジンの鼓動とパルス感のある排気音を存分に感じながら軽快な走りを楽しむ、スペックのみにとらわれないスポーツバイクの楽しさや味わい深さを追求

ホンダ HAWK 11(ホークイレブン) 国内仕様 記事1

HAWK 11(パールホークスアイブルー)

ホンダ HAWK 11(ホークイレブン) 国内仕様 記事2

HAWK 11(グラファイトブラック)

■販売計画台数(国内・年間)/1,200台
■メーカー希望小売価格/139万7,000円(税10%込み)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主な特徴

【パワーユニット/制御・電装】
・動弁系にユニカム形式を採用した、水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒1,082cm3エンジンを搭載。低速から豊かで幅広く使えるトルクと高回転までスムーズに回る特性とするとともに、スポーティーな走りに寄与する6速マニュアルトランスミッションを採用。
・スポーツモデルらしいダイレクトなスロットルレスポンスに寄与する「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」や、走行状況や好みに合わせてあらかじめ設定された出力特性を選択できる「ライディングモード」(※1)、前輪の浮き上がりと後輪スリップを緩和する「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」(※2)など、ライディングをサポートする先進の電子制御技術を搭載。

(※1)パワー(P)、エンジンブレーキ(EB)、HSTC/ウィリーコントロール(T)の制御レベルを組み合わせた、「SPORT」「STANDARD」「RAIN」に加え、任意の制御レベルを選択保存可能な「USER」の各モードを採用
(※2)Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップやウィリー挙動をなくすためのシステムではありません。Honda セレクタブル トルク コントロールはあくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがってHonda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。運転するときは急なアクセル操作を避け、安全運転をお願いします

【車体/足まわり】
・セミダブルクレードルフレームに前後17インチホイールを組み合わせ、軽快なハンドリングに寄与する25度のキャスター角を設定。サイレンサーを上向きに配置しバンク角を確保しながら、セパレートハンドルによる前傾姿勢のライディングポジションとすることで、ワインディング走行を楽しめるディメンション。
・フロントフォークに倒立式のショーワ(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を、リアクッションにシングルチューブ分離加圧式を採用し、優れた路面追従性による上質な乗り心地に寄与。
・さまざまな走行状況で安心感のあるブレーキ操作を可能とする、ABS(※3)を標準装備。

(※3)ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。運転するときは急なブレーキ操作を避け、安全運転をお願いします。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます

【スタイリング/カラーバリエーション】
・「走りの楽しみを忘れない大人のバイク」であることの象徴と位置付けた、一体成型FRP製のロケットカウルを装備。
・周囲の景色が美しく映り込む大きく緩やかな曲面とシャープなエッジを自在に組み合せ、走り終えた後には充足感に満たされるようなモダンで存在感のあるスタイリング。
・ボディー前後方向にわたる水平方向のラインと、タンクとシートを分ける垂直方向のラインとの交差を基調としたパーツ構成により、ライダーの収まりの良いシルエット。
・カラーバリエーションは、陰影の深いブルーを基調にロケットカウルを縁取るシルバーのアクセントを施した「パールホークスアイブルー」と、硬質感のあるブラックを基調にロケットカウルをシルバーに塗り分け精悍な印象とした「グラファイトブラック」の計2色を設定。

ホンダ HAWK 11(ホークイレブン) 国内仕様 記事3

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社(2022年3月19日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ