【ホンダ】原付二種スクーター「リード125」に環境対応型エンジン eSP+を搭載し3/24発売!

掲載日: 2022年01月28日(金) 更新日: 2022年01月28日(金)

ホンダ リード125 2022年モデル eSP+(イーエスピープラス)エンジン搭載 メイン

ホンダは原付二種スクーター「リード125」をモデルチェンジし2022年3月24日(木)に発売する。今回のモデルでは環境対応型エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載すると共にアイドリングストップシステムを継続採用。このほかリモコンキー「Honda SMART Keyシステム」が装備された。

カラー及びメーカー希望小売価格は「マットテクノシルバーメタリック」が33万円。「パールジャスミンホワイト」「パールダークアッシュブルー2」「ポセイドンブラックメタリック」が32万4,500円となる(価格は全て税10%込み)。

原付二種スクーター「リード125」をモデルチェンジし発売

Hondaは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種(第二種原動機付自転車)スクーター「リード125」に水冷4バルブ単気筒エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」(※1)を新たに搭載するなどモデルチェンジを図り、3月24日(木)に発売します。

ホンダ リード125 2022年モデル eSP+(イーエスピープラス)エンジン搭載 記事1

リード125(マットテクノシルバーメタリック)

ホンダ リード125 2022年モデル eSP+(イーエスピープラス)エンジン搭載 記事2

リード125(パールダークアッシュブルー2)

・水冷4バルブ単気筒エンジン「eSP+」を新たに搭載し、力強い走りと低燃費を両立。また、環境性能の向上と静粛性に寄与するアイドリングストップ・システムを継続採用。

・エンジン始動時や、シートの解・施錠時に便利なHonda SMART Keyシステムを新たに採用。
・スマートフォンなどの端末の充電が可能なUSBソケット(Type-C)を標準装備。
・シート下スペースに、ヘルメットやB4サイズのバッグなどが入る、容量37L(※2)のラゲッジボックスを採用。
・「マットテクノシルバーメタリック」は、フロントカバー、ハンドルカバーガーニッシュ、リアキャリアにブラックを施しツートーンカラーとし、エンブレムやフロントブレーキキャリパーやリアサスペンションスプリングをレッドとする事でスポーティーな印象を演出。
・「パールジャスミンホワイト」「パールダークアッシュブルー2」「ポセイドンブラックメタリック」は、フロントカバー上部にあるトップカバーの周りにメッキのリングをあしらい上質感のあるデザインを演出。
・別売りの純正アクセサリーには、使い勝手や快適性をより高めるトップボックスやウインドシールドなど用途に応じた豊富なアクセサリーをラインアップ。

(※1)環境対応型スクーター用エンジン“eSP”に付加価値技術を採用することで、高い環境性能だけでなく、出力の向上と、フリクションの低減を実現し、高出力と優れた環境性能を併せ持つ新世代環境対応型スクーター用エンジンの総称です。eSPは、enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略です
(※2)Honda測定値。ラゲッジボックスには、ヘルメットの形状・大きさによっては入らない場合があります

■販売計画台数(国内・年間)/8,000台
■カラー・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・マットテクノシルバーメタリック/33万円
・パールジャスミンホワイト/32万4,500円
・パールダークアッシュブルー2/32万4,500円
・ポセイドンブラックメタリック/32万4,500円
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

ホンダ リード125 2022年モデル eSP+(イーエスピープラス)エンジン搭載 記事3

リード125(パールジャスミンホワイト)

ホンダ リード125 2022年モデル eSP+(イーエスピープラス)エンジン搭載 記事4

リード125(ポセイドンブラックメタリック)

ホンダ リード125 2022年モデル eSP+(イーエスピープラス)エンジン搭載 記事5

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社(2022年1月28日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ