【ハーレー】1,923ccのミルウォーキーエイト(R) 117エンジンを搭載した2022年のニューモデル8車種を1/27より発売!

掲載日: 2022年01月27日(木) 更新日: 2022年01月27日(木)

Milwaukee-Eight 記事1

ハーレーダビッドソンジャパンは、2022年モデルに新たな8車種を発表し、全国の正規ディーラーにて1月27日(木)より予約販売を開始した。

今回登場したのは、ワールドプレミアイベント「Further, Faster. さらなる高みへ。」で初公開された8つのモデル。ローライダー S、ローライダー ST、ストリートグライド ST、ロードグライド STに加え、カスタムビークルオペレーションズ(CVO[TM])の2022年限定生産モデルが4種となっている。いずれも、同ブランド最大の排気量(1,923cc)とトルクを発揮する空冷エンジン・Milwaukee-Eight(R) 117(ミルウォーキーエイト)を搭載したファクトリーカスタムだ。

最高峰※1「Milwaukee-Eight(R) 117」エンジンを搭載する8つの新モデルを発売

ローライダー S、ローライダー ST、ストリートグライド ST、ロードグライド STに加え、CVO(TM)から4種

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:野田一夫)は、ハーレーダビッドソン2022年モデルに加わる8車種を発表し、本日1月27日(木)より全国の正規ディーラーにて予約販売いたします。

ワールドプレミアイベント「Further, Faster. さらなる高みへ。」で初公開※2 した8つのモデルは、いずれもハーレーダビッドソン最大の排気量(1,923cc)とトルクを提供するパワフルな空冷エンジン・Milwaukee-Eight(R) 117(ミルウォーキーエイト)を搭載したファクトリーカスタムです。V-ツインの圧倒的な鼓動と新たなダーク&ブロンズ仕上げの精悍な足回りが特長のSTシリーズ3種(写真)と「ローライダー S」、カスタムビークルオペレーションズ(CVO(TM))の2022年限定生産モデル4種の概要は次の通りです。

クルーザー|CRUISER (2モデル)

カリフォルニアの「トールバイク」ムーブメントに根ざした次世代のパフォーマンス・クルーザーが2モデル登場します。いずれもビビッドブラックとガンシップグレー、2色のカラー展開です。

日本でも人気の高いクルーザー「ローライダー S」は、2022年モデルからはMilwaukee-Eight(R) 117を搭載しアップデートしました。約5%トルクが向上したほか、ハンドルバーにマウントされたアナログタコメーターとデジタルスピードメーターを新たに装備し、ライダーの視線により近い位置に計器が配置されています。燃料タンク上部にはバッジを配した薄型のテクスチャーブラックタンクコンソールを採用しました。Radiateキャストアルミホイール(フロント19、リア16インチ径)はマットダークブロンズで仕上げられ、ダークな世界観を強調しています。

そしてこれを基に、フレームマウント型の新型フェアリングと着脱可能な大容量(53.8L)サドルバッグを搭載しツアラーとしての快適性も重視して新登場となったが「ローライダー ST」です。標準のシャシーモノショックよりも背の高いリアモノショック(ストローク1/2インチ、リアホイールトラベル1インチ、シート高3/4インチ)を装備し、モーターサイクル後部をハイポジションに維持しています。これにより、乗り心地が向上するとともに、リーンアングルが1度以上大きくなり、よりダイナミックなパフォーマンスと、アグレッシブなコーナリングを提供できるようになりました。シート下の油圧式プリロード調整機能により、ライダーは積荷や路面状況に応じてサスペンション性能を維持することができます。

Milwaukee-Eight 記事2

ローライダー S

■モデル名/ 「ローライダー S」
■車両本体価格(税10%込み)とカラー
・2,818,200円(ビビッドブラック)
・2,863,300円(ガンシップグレー)
■全長/2,365mm
■ホイールベース/1,615mm
■シート高(無負荷状態)/710mm
■車両重量/308kg
■レーク・トレール/28°145mm
■フューエルタンク容量/18.9L
■フロントタイヤ/110/90B19,62H,BW
■リアタイヤ/180/70B16,77H,BW
■エンジン/Milwaukee-Eight(R) 117 (排気量:1,923cc)

Milwaukee-Eight 記事3

ローライダー ST

■モデル名/「ローライダー ST」
■車両本体価格(税10%込み)とカラー
・3,060,200円(ビビッドブラック)
・3,105,300円(ガンシップグレー)
■全長/2,365mm
■ホイールベース/1,615mm
■シート高(無負荷状態)/720mm
■車両重量/327kg
■レーク・トレール/28°145mm
■フューエルタンク容量/18.9L
■フロントタイヤ/110/90B19,62H,BW
■リアタイヤ/180/70B16,77H,BW
■エンジン/Milwaukee-Eight(R) 117 (排気量:1,923cc)

グランドアメリカン ツーリング|GRAND AMERICAN TOURING (2モデル)

ハーレーダビッドソンの象徴の一つ、バットウィングフェアリングが特長の「ストリートグライド ST」も、西海岸のスタイリングを踏襲し、フロントエンド、コントロール、パワートレイン、エキゾーストをブラックで統一したモデルです。

フロントフェンダーをトリミングし、スポーティな外観と軽量化を図るとともに、標準長のサドルバッグをエクステンドバッグに変更しました。また頭部への衝撃を抑えるスプリットストリームベントと薄型のダークウィンドシールドも装備しツーリング時の快適性と安全性をより高めています。

シャークノーズ ロードグライド フェアリングが印象的な「ロードグライド ST」は、他のパフォーマンスバガーとは一線を画し、オンロードをよりスポーティに走破したいライダーに最適な設計を施したプレミアムツアラーです。

フェアリングの上部には薄型のダークウィンドシールドを備え、薄型のエンジンガードとタンクコンソールを組み合わせることで、このモデルならではのトリムラインを表現しています。前方に露出したエアクリーナー エレメントを有するヘビー ブリーザー インテークが、パフォーマンス優先のスタイリングをさらに強調しています。

この両モデルもMilwaukee-Eight(R) 117 V-Twinエンジンのパワーを新しいダーク&ブロンズ仕上げで表現し、ビビッドブラックとガンシップグレーの2色カラー展開で登場します。3,500回転で最大トルクを発揮するよう設計され、ツーリング中にスロットルを回す毎に、安心と力強さを体感することができます。

Milwaukee-Eight 記事4

ストリートグライド ST

■モデル名/「ストリートグライド ST」
■車両本体価格(税10%込み)とカラー
・3,935,800円(ビビッドブラック)
・3,986,400円(ガンシップグレー)
■全長/2,400mm
■ホイールベース/1,625mm
■シート高(無負荷状態)/710mm
■車両重量/369kg
■レーク・トレール/26°170mm
■フューエルタンク容量/22.7L
■フロントタイヤ/130/60B19 61H
■リアタイヤ/BW 180/55B18 80H
■エンジン/Milwaukee-Eight(R) 117 (排気量:1,923cc)

Milwaukee-Eight 記事5

ロードグライド ST

■モデル名/「ロードグライド ST」
■車両本体価格(税10%込み)とカラー
・3,935,800円(ビビッドブラック)
・3,986,400円(ガンシップグレー)
■全長/2,405mm
■ホイールベース/1,625mm
■シート高(無負荷状態)/715mm
■車両重量/382kg
■レーク・トレール/26°170mm
■フューエルタンク容量/22.7L
■フロントタイヤ/130/60B19 61H
■ リアタイヤ/BW 180/55B18 80H
■エンジン/Milwaukee-Eight(R) 117 (排気量:1,923cc)

CVO (4モデル)

Milwaukee-Eight 記事6

※画像は全て米国仕様車。日本仕様とは一部異なります

ハーレーダビッドソンの未来志向のスタイルとデザインの最高峰を象徴するのがカスタムビークルオペレーションズ(CVO(TM))です。4つの2022年モデルには、前述の各モデルと同様にMilwaukee-Eight(R)117を搭載したのに加え、最新安全技術「コーナリング ライダー セーフティ エンハンスメント」、ロックフォード・フォズゲート社製の高性能ハーレーダビッドソン オーディオも含む先進の「Boom!(TM) Box GTSインフォテインメントシステム」も装備されています。他に類を見ない、緻密な品質で仕上げられたCVO(TM)専用のペイントカラーとデザインも大きな特長です。

「CVO ロードグライド」(写真左上)は、デュアルLEDヘッドランプと、フレームマウントしたシャークノーズ フェアリングが主張するスタイリングです。専用21インチフロントホイール、カスタムペイント各種(エンビアスグリーンフェイド、ブルースティール、ウィックトオレンジパール)、ディティール各部のこだわりがハーレーのクラフトマンシップを象徴しています。

そしてシートヒーターとグリップ、ヘルメットや旅の必需品をまとめて収納できる大容量のラゲッジラックを後方に備えたプレミアムツアラーが「CVO ロードグライド リミテッド」(写真右上)です。一人でもパートナーを乗せても快適に長距離ツーリングを楽しめるこのモデルには、ウィックトオレンジパール、ハイテールイエローパール、ダンテスレッドフェイドの3つの限定カラーを提供します。

バットウィング フェアリングのクラシックなシルエットが映える、スーパープレミアムなホットロッドバガーが「CVOストリートグライド」(写真左下)です。2022年モデルならではのカラーとして、ハイテールイエローパール、エンビアスグリーンフェイド、ブルースティールの3種類を展開し、多彩な仕上げパターンと共にあなただけの特別な1台をご選択いただけます。また、トライク(普通自動車MT免許をお持ちであれば大型二輪免許なしでも乗ることのできる三輪モーターサイクル)唯一のCVOが「CVO トライグライド」(写真右下)です。3つの車輪がある安心感を提供するスーパープレミアムなトライクには、ダンテスレッドフェイドが新カラーとして登場することとなりました。

このたび発売となった、4つのCVO(TM) 2022年限定生産モデルの主要諸元については、ハーレーダビッドソン公式WEBサイトにてお確かめください。

※1 ハーレーダビッドソン2022年モデルの中で最大の排気量(1,923cc)を有するエンジンを、本日発表の8モデルは搭載しています。
※2 日本時間1月27日(木)午前1:00にオンライン発表しました。

Milwaukee-Eight 記事7

お問い合わせ

ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL/0800-080-8080

リリース = ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(2022年1月27日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ