【スズキ】カフェレーサースタイルが魅力の「SV650X ABS」が国内排出ガス規制に対応!発売は1/28

掲載日: 2022年01月12日(水) 更新日: 2022年01月12日(水)

スズキ SV650X ABS 2022年モデル メイン

スズキは「SV650X ABS」を平成32年国内排出ガス規制に適合させ2022年1月26日(水)に発売する。同車両はSV650 ABSをベースにカフェレーサー風のヘッドライトカウルやセパレートハンドルなどを装備したロードスポーツバイクとなる。カラーバリエーションは「グラススパークルブラック(YVB)」のみ。メーカー希望小売価格は84万7,000円(税10%込み)となる。

伝統的な外観を取り入れたネオレトロのロードスポーツバイク
「SV650X ABS」を平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応して発売

スズキ株式会社は、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝統的な外観を取り入れたネオレトロのロードスポーツバイク「SV650X ABS」を平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応して1月26日より発売する。

「SV650X ABS」は、スムーズな出力特性や高い操縦性を特長とする、645cm3 V 型2気筒(V ツイン)エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク「SV650 ABS」をベースに、カフェレーサースタイルの個性的な外観に仕上げた。ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートを装備したスポーツカスタムの要素を取り入れ、カフェレーサースタイルの雰囲気を盛り上げるレトロな印象のデザインとした。さらに、ヘッドライトの下にはオプションでフォグランプを装着可能とした。

スズキ SV650X ABS 2022年モデル 記事1

グラススパークルブラック(YVB)

主な変更点

平成32年(令和2年)国内排出ガス規制対応

「SV650X ABS」の主な特徴

【エンジン・車体】
・645cm3 水冷 90°V 型2気筒エンジン
・スズキ独自のSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダーを採用。フリクションの低減と、高い放熱性、耐摩耗性、気密性を確保。
・発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上。
・スリムで軽量な車体(装備重量199kg)により、街乗りからツーリングまで幅広い走行条件において、軽快で優れたハンドリング性能を実現。
・異形対向4ポットフロントブレーキキャリパーを採用し、直径290mm のフロントダブルディスクと、直径240mm のリアシングルディスクと共に、強力な制動力とスムーズなブレーキ操作性を発揮。

【デザイン・装備】
・レトロな印象の、カフェレーサースタイルの個性的な外観。
(1)左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウル
(2)カフェレーサースタイルを強調するセパレートハンドル
(3)シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシート
・車体色は、黒「グラススパークルブラック」を設定。
・プリロード調整式のフロントフォーク。
・黒色のレバー、フットステップおよびペダルを装備。
・ヘッドライトの下にオプションでフォグランプを装着可能。
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。
・前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABS(※)を標準装備。
(※)路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABS を装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。また、コーナリング中の
ブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

■商品名/SV650X ABS(SV650XAM2)
■メーカー希望小売価格/84万7,000円(税10%込み)
■発売日/2022年1月26日(水)
※価格(リサイクル費用を含む)には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。
■車体色(1色)/グラススパークルブラック(YVB)

スズキ SV650X ABS 2022年モデル 記事2

お問い合わせ

スズキ株式会社 お客様相談室
TEL/0120-402-253

リリース=スズキ株式会社(2022年1月12日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ