【ホンダ】これが新時代のベーシック!「GB350」「GB350 S」の価格と発売日が決定

掲載日: 2021年03月30日(火) 更新日: 2021年03月30日(火)

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル メイン

ホンダは「GB350(55万円)」を2021年4月22日(木)に、「GB350 S(59万4,000円)」を2021年7月15日(木)に全国のホンダドリーム店で発売する。

「日常から遠出まで~The Honda Basic Roadster」をコンセプトに掲げるこの車両は、総排気量348ccの空冷単気筒エンジンをセミダブルクレードル形式のフレームに搭載。また、前後独立制御 ABS のほか HSTC(Honda セレクタブルトルクコントロール)が標準装備されている。

カラーバリエーションはスタンダードモデルとなる「GB350」が「マットジーンズブルーメタリック」「キャンディークロモスフィアレッド」「マットパールモリオンブラック」の3タイプをラインナップ。ワイドホイールや専用のマフラーなどを装備する「GB350 S」には「パールディープマッドグレー」「ガンメタルブラックメタリック」の2色が用意されている(価格は全て税10%込み)。

新型ロードスポーツモデル「GB350」「GB350 S」を発売

Hondaは、空冷・4ストローク・OHC・単気筒348ccエンジンの心地よい鼓動感と、シンプルでありながら存在感際立つスタイリングが魅力の新型ロードスポーツモデル「GB350」を4月22日(木)に、「GB350 S」を7月15日(木)に Honda Dream より発売します。

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル 記事1

GB350(マットジーンズブルーメタリック)

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル 記事2

GB350 S(パールディープマッドグレー)

GB350は、「日常から遠出まで~The Honda Basic Roadster」をコンセプトに、日常的な扱いやすさはもとより、未体験の道や景色と出会うツーリングでの感動まで、ライダーの経験やスキルを問わず、「自由」であることの楽しさや豊かな体験を提供するモーターサイクルを目指し、車体、パワーユニットともに新設計したロードスポーツモデルです。

車体は、スチールのしなやかさを引き出しながら、縦、横、ねじれ剛性をバランスさせたセミダブルクレードル形式のフレームを採用。ライダーとモーターサイクルの一体感を見据えたライディングポジションとあいまって、取り回しやすくゆったりとした操縦フィールを追求しています。

パワーユニットは、力強いトルク感と味わいを実現する、存在感のある直立シリンダーの空冷・単気筒エンジンを搭載。内径70mm・行程90.5mmのロングストロークをはじめとした各部の諸元設定、ワイドレシオのトランスミッションや、質量の大きなフライホイールの採用など、一回ごとの燃焼まで感じられるようなクリアな鼓動とともに、粘り強さを感じさせる特性を持たせています。また、ライダーをサポートする電子制御技術として、路面状況に応じてエンジントルクを制御するHonda セレクタブルトルクコントロール(HSTC/※1)を採用しています。

スタイリングは、フューエルタンクをはじめ、スチール製の前後フェンダーやサイドカバーなどの深く絞られた形状と、クランクケースカバーやシリンダーヘッドなどの高品位な造りがもたらす、落ち着きと抑揚が調和したトラディショナルな外観としています。

 

GB350 Sは、GB350をベースに、よりワイドなリアタイヤを装着するとともに、バンク角をより深める形状のマフラー、軽量化に寄与するショートタイプの樹脂製前後フェンダー、シャープな面構成としたサイドカバーを採用。さらに、フロントフォークブーツを標準装備した他、ハンドル位置とメインステップ位置を変更するなど、より積極的な走りをイメージさせるスポーティーなスタイルとしています。

(※1)Honda セレクタブルトルクコントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって Honda セレクタブルトルクコントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

■販売計画台数(国内・年間)/シリーズ合計4,500台
■ラインナップ・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・GB350/55万円
・GB350 S/59万4,000円
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

GB350シリーズの主な特徴

【車体】

・新設計のフレームは、最新の CAE 解析と、Honda 独自のシミュレーションにより、各入力に対する各部の変形過渡特性を総合的にコントロール。穏やかで快適なライディングフィールを追求しています。
・フロントフォークは、より大型のモーターサイクルと同等の大径インナーパイプを採用し、剛性を高めることで路面からの外力によるしなりを低減。リアサスペンションはダンパー内部に窒素ガスを加圧封入することで、応答性の高いダンピング性能を獲得しています。
・前後ブレーキには大径のディスクブレーキを採用するとともに、前後独立制御 ABS(※2)を標準装備しています。
・GB350のホイールは、アルミ GDC(重力金型鋳造)によるフロント19インチ、リア18インチを採用。しなやかなフレームの特性に対し、ホイール細部の剛性バランスを最適化しています。また、GB350S では、リアホイールを17インチに小径化し、積極的な走りに応じたグリップ特性と高い安定感を両立する、よりワイドなラジアルタイヤを採用しています。
(※2)ABS はライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS を装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS 作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

【パワーユニット】
・心地よい鼓動感の最大化と不快な微振動の最小化を図るため、バランサー軸に加えてメインシャフト軸上にもバランサーを追加し、ロングストロークエンジンの鼓動をクリアに伝えるエンジンフィールを実現しています。
・ピストンとシリンダー内壁の摺動抵抗を低減させるオフセットシリンダーと、コンロッドとシリンダー下端内壁の干渉を避けるための非対称コンロッドを採用し、フリクション低減と良好な燃費に寄与しています。
・吸気経路は低速から力強いトルクを生み出せる管長の確保と、ストレート化による吸気抵抗低減を図り、低回転からの力強さと鼓動感あるクルージングの両立に寄与させています。
・マフラー内部の排気管長を後端部まで確保することで、低回転域でのトルクフルな走りに寄与させた上で、大径テールパイプの採用によるマフラー容量とのバランスの最適化を図り、力強いパルス感を作り出しています。
・アシストスリッパークラッチを採用し、クラッチレバー操作荷重の軽減と、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキによる不快なショックを緩和させています。

【制御/電装】
・Honda セレクタブルトルクコントロール(HSTC)を採用。路面状況に応じてエンジントルクを制御し、ライダーのスロットル操作に起因する後輪のスリップを緩和します。
・全灯火器に省電力で長寿命のLEDを採用しています。

【カラーバリエーション】
・GB350のカラーリングは、シンプルで落ち着いた印象のマットジーンズブルーメタリック、上質感を追求したキャンディークロモスフィアレッド、力強さを感じさせるマットパールモリオンブラックの計3色を設定しています。
・GB350S のカラーリングは、モダンな印象のパールディープマッドグレー、力強く精悍な印象のガンメタルブラックメタリックの計2色を設定しています。

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル 記事4

GB350(キャンディークロモスフィアレッド)

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル 記事5

GB350(マットパールモリオンブラック)

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル 記事6

GB350 S(ガンメタルブラックメタリック)

ホンダ GB350 GB350 S 2021年モデル 記事7

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社(2021年3月30日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ