【BMW】ヨーロピアンツアラーのベンチマーク的存在! 新型「BMW R 1250 RT」の予約を開始

掲載日: 2021年03月08日(月) 更新日: 2021年03月08日(月)

BMW R 1250 RT 2021年モデル メイン

BMW は、新型「BMW R 1250 RT」の予約受付を全国の BMW Motorrad 正規ディーラーで開始した。今回のモデルチェンジでは、フェアリングのデザインおよびヘッドライトを刷新すると共に、前車との距離をレーダーにより計測し速度を調整するアクティブ・クルーズ・コントロールなどの機能を採用。

また、新たに燃費の良い走りをサポートする Eco ライディングモードや、後輪のスリップを抑制する Pro ライディングモードが追加された。なお、メーカー希望小売価格は307万円より(税10%込み)。納期は2021年3月下旬の予定となる。

BMW R 1250 RT誕生

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、長時間のツーリングにおける快適さと、ダイナミックなドライビングを両立するダイナミック・ツアラー・モデル「BMW R 1250 RT(アール・センニヒャクゴジュウ・アールティー)」を、BMW Motorrad 正規ディーラーにおいて、本日より、予約注文の受付を開始する。納車は、本年3月下旬を予定している。

BMW R 1250 RT 2021年モデル 記事1

BMW R 1250 RT は、長時間のツーリングを最大限に楽しめる、さらに洗練・刷新されたダイナミック・ツアラーのベンチマーク・モデルである。ツーリングでの快適さと、ダイナミックなドライビングを両立させたモデルであり、40年以上に渡り、ダイナミックなツーリング・モーターサイクルの代名詞となっており、さらに、BMWのRT は、常に、このセグメントにおけるベンチマークを確立してきている。

最高レベルのライディング・プレジャーとツーリングの楽しさをさらに高め、これまで同様に、伝統の2気筒ボクサー・エンジンが快適な走りとダイナミックなパワーを実現している。エンジンの排気量は1,254ccと変わらず、最高出力136PS(100kW)を発揮する。吸気側のバルブ・タイミングとバルブ・リフト量を可変制御する BMW シフトカム・テクノロジーを採用しており、全エンジン回転域で突出したパワーを発揮し、極めて滑らかで洗練された作動を実現するとともに、優れた燃費および排出ガス値を実現している。

■モデル・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・BMW R 1250 RT/307万円
※上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。

新しいフェアリングの採用でツーリング能力と運動性能を向上 洗練されたスタイル・バリエーションによるエクスクルーシブなツーリング・キャラクター

BMW R 1250 RT 2021年モデル 記事2

BMW R 1250 RT 2021年モデル 記事5

BMW R 1250 RTは、新開発のフロント・フェアリングの採用により、空力性能を向上させ、ツーリング能力と運動性能を向上させている。新しいフロント・フェアリングは、新採用のフルLEDヘッドライトの周囲を囲むデザインになっただけでなく、フェアリング上部の高さも低くすることで、ライダーの視野を広げるとともに、より軽量かつダイナミックな印象をもたらしている。BMW R 1250 RTには、魅力的な基本仕様のアルペン・ホワイト3の他に、洗練されたスタイルの「Elegance(エレガンス)」、「Sport(スポーツ)」、「Option 719」が用意されている。

BMW アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を新たに装備

新たに装備されたアクティブ・クルーズ・コントロールは、前車との距離をレーダーセンサーにより測定し走行状況に応じて加減速を調整する。この装備によりライダーにリラックスしたツーリングのサポートを行う。車間距離の調整はスイッチ操作にて行い、調整状況はTFTメーター内に表示される。コーナリング時は車体傾斜角に応じて自動的に速度を低下させます。ACC の作動条件は時速30キロ~160キロの範囲内にて追走する車両に対して作動する。標準装備のダイナミック・クルーズ・コントロール(DCC)は単独走行の際に下り坂等でもエンジン・ブレーキを基本的に活用し、必要に応じてフル・インテグラル・ブレーキが自動的に作動する事により、設定された速度を維持する。

新たに BMW フル・インテグラルABS Proを標準装備

BMW R 1250 RT には、新たにフル・インテグラル ABS Pro が標準装備されている。ハンド・ブレーキ・レバー、フット・ブレーキ・レバーのどちらを操作しても、フロントとリヤのブレーキを同時に作動させるブレーキ・システムであり、バンク角に応じた最適化と、ダイナミック・ブレーキ・フォース・ディストリビューションを組み合わせたフル・インテグラルABS Proは、BMW R 1250 RT のようなツーリング・モーターサイクルに最適なブレーキ・システムである。

ターニング・ライトおよび新しい照明機能を装備した新型フル LED ヘッドライトを装備

BMW R 1250 RT 2021年モデル 記事4

新たに標準装備されたフル LED ヘッドライトは、他に類を見ない明るさとクリアな光で道路を照射するが、新開発の旋回機能付きヘッドライト「アダプティブ・ターニング・ライト」を装備することにより、標準装備されているフル LED ヘッドライトのロービームがバンク角度に応じてコーナーを適切に照らし、カーブに合わせてモーターサイクルの走行方向を照射するので、コーナーの隅々まで見通すことが可能となる。

ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)と新たに「Eco」ライディング・モードを標準装備 ダイナミック・エンジン・ブレーキ・コントロールを備えた「Pro」ライディング・モードを装備

標準装備のダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)は、可能な限り最高のトラクションを提供し、高い安全性を保証し、新たに標準装備となる「Eco(エコ)」ライディング・モードでは、ライダーが可能な限り燃費の良い走りを実現するようサポートする。

「Pro(プロ)」ライディング・モードを装備したことにより、新機能のダイナミック・エンジン・ブレーキ・コントロール(MSR)も装備され、コースティング・オーバーラン・モードでの走行中にシフトダウンした際、後輪制動がかかって過剰なスリップを招き、不安定な走行状態になることを安全に回避することが可能となる。

BMW R 1250 RT の主な特徴

・吸気側のバルブ・タイミングとバルブ・リフト量を可変制御する BMW シフトカム・テクノロジーを搭載した本格的なボクサー・エンジン。
・最高出力136PS(100kW)/7,750 rpm、最大トルク143Nm/6,250rpm。
・ツーリング能力を最適化させるノック・センサー・システム。
・新型 BMW Motorrad フル・インテグラル ABS Pro を標準装備
・3つのライディング・モードを標準装備(エコ、レイン、ロード)。
・極めて経済的な走りを実現する「Eco」ライディング・モードは新装備。
・ライディング・モード「Dynamic(ダイナミック)」と新たにエンジン・ブレーキ・コントロール(MSR)を備えたライディング・モードProを装備。
・ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)を標準装備。
・全自動負荷補正機能を備えた電子調整式サスペンション「ダイナミック ESA ネクスト・ジェネレーション」を装備。
・拡張機能付きヒル・スタート・コントロールPro(HSC Pro)を装備。
・空力性能を最適化した新開発のフロント・フェアリング。
・新型 LED ヘッドライトを標準装備し、アダプティブ・ターニング・ライトを備えた新型フル LED ヘッドライトを装備。
・コネクティビティ:10.25インチ・フルカラーTFTディスプレイを含む多くの機能を標準装備した新型マルチ・ファンクション・インストルメント・クラスター。
・新型ダブル・トーン・ホーンを標準装備。
・魅力的な塗装仕上げの基本仕様に加え、「Elegance(エレガンス)」、「Sport(スポーツ)」、「Option 719」の3つのスタイル・バリエーションをオプション設定。
・小物入れには USB コネクタ(2.1A)及び非接触型充電器(1A)を装備、更に端末充電による熱籠り予防対策として、小物入れ内に電動換気ファンを装備。
・ETC 2.0車載器を標準装備。

お問い合わせ

BMWカスタマー・インタラクション・センター
TEL/0120-269-437

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ