【スズキ】遂に登場した3代目は空力性能と電子制御で大幅に進化! 新型「Hayabusa」を公開(動画あり)

掲載日: 2021年02月05日(金) 更新日: 2021年02月05日(金)

スズキが新型「Hayabusa」を公開した。13年ぶり、3代目となる今回のモデルでは外装のデザインを一新。エンジンの総排気量は従来モデルと同じ1,340ccだが、低中速でのパワー特性を向上しながらもユーロ5をクリアした。

また、電子制御系においては、出力特性やトラクションコントロールなど、5つの制御パターンを持つ「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」や、速度設定可能なスピードリミッターを含む「S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)」が採用された。

気になる発売日だが、2021年2月末頃よりヨーロッパをはじめ、北米や日本などで順次販売を開始する予定だ。なお、日本仕様の価格等、詳細については現在のところ情報は無い。

スズキ、フラッグシップの大型二輪車 新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表

スズキ株式会社は、フラッグシップの大型二輪車「Hayabusa(ハヤブサ)」を全面改良し、2021年2月末頃より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始する。

スズキ Hayabusa ハヤブサ 2021年モデル サムネイル

3代目となる新型「Hayabusa」は、13年ぶりの全面改良モデルとして、初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能をさらに進化させた。

一目で「Hayabusa」とわかるデザインは、流麗なフォルムに大胆な面使いと前傾姿勢でシャープかつエッジの効いたスタイリングを採用した。ボディーカラーはフロントフェイス左右にある吸気口、ボディー側面、リヤまわりに車体色とは異なるアクセントカラーを用いたツートーンカラーとした。また、吸気口の縁にはポジションライト組込型ターンシグナルをスズキ二輪車として初採用した。

スズキ Hayabusa ハヤブサ 2021年モデル 記事1

1,340cm3直列4気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上しながら、空力特性の追求によって高速性能を落とすことなく、欧州で2020年より新型の二輪車を対象に導入されている新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応した(欧州仕様車)。

スズキ Hayabusa ハヤブサ 2021年モデル 記事2

新搭載の電子制御システム S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど5つの制御を設定パターンから選択できる SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)を採用したほか、設定速度を超えないようにするスピードリミッターを二輪車で世界初採用(※)した。各種の電子制御のモード数を多く設定することで、街乗りからツーリング、サーキットまでの様々な走行シーンやユーザーの好み、技量に対応できるようにした。
(※)2021年2月現在。スズキ調べ。

スズキ Hayabusa ハヤブサ 2021年モデル 記事4

お問い合わせ

スズキ株式会社 お客様相談室
TEL/0120-402-253

リリース=スズキ株式会社(2021年2月5日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ