【インディアン】ストリートパフォーマンスに磨きをかけた新型「FTR」シリーズを米国で公開!

掲載日: 2021年01月27日(水) 更新日: 2021年01月27日(水)

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally メイン

インディアンが新型「FTR」シリーズを米国で公開した。今回発表されたモデルでは、17インチの鋳造アルミホイールと、タイヤにメッツラーのスポルテック・ストリートを採用。さらに、サスペンションのトラベル量を変更したことにより従来モデルよりシート高が約3.5cm低くなった(FTR ラリーを除く)。

ラインナップは「FTR」「FTR S」「FTR R Carbon」「FTR ラリー」の4タイプを用意。なお、日本への導入等詳細については現在のところ情報はない。

FTR シリーズのスタイリングとパフォーマンスの強化の融合 New FTR シリーズ誕生!!

※北米マーケット向けの情報になります。日本マーケットへの導入/価格等は未定です。続報をお待ち下さい

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事1

新しく17インチホイール、Metzeler Sportec タイヤを装備し、ワールドクラスのハンドリングとパフォーマンスを実現。シート高も低くなり、最適なストリートパフォーマンスを発揮するようにコントロールされた新しい FTR ラインナップの登場です。

ミネアポリス(2021年1月26日)

インディアンモーターサイクルは、2019 年に新カテゴリーを切り開く FTR プラットフォームを開発・導入することで、アメリカン V ツインの真髄をここでまた新たに定義しなおしました。

現在、アメリカ初のモーターサイクルカンパニーであるインディアン MC は、モデルイヤー2022 FTR ラインナップに多数の機能強化を図りました。スタイルとパフォーマンスを究極な形で融合させ、進化した FTR のアップデートには、より洗練されたエンジン、ストリート向けに調整されたサスペンション、17インチのタイヤとホイールに代表されます。バイクをよりコンパクトで操作しやすくしながら、ワールドクラスのパフォーマンスを提供します。

人気のネオ・レトロセグメントの中で、FTR はそのアメリカの伝統、アイコニックなシルエット、そしてクラスをリードするフィット感と仕上がりの良質さが際立っています。スタイルに加えて、FTR は、4.3インチのデジタルタッチスクリーンディスプレイと、120馬力と87フィートポンドのトルクを生み出す1203ccの水冷 V ツインエンジンを含む他にはない機能性を有します。スタイルとパフォーマンスの完璧なバランスを備えた FTR ラインナップは、真に優れたライディングエクスペリエンスを提供します。

すべての新しい FTR モデルはよりスムーズでコントローラブルなスロットル反応を持つエンジンキャリブレーションを備えています。その他の FTR ラインナップの機能的な強化には、次のものがあります。

FTR、FTR S、および FTR R カーボンモデルには、メッツラー・スポルテック・ストリートタイヤと17 インチの鋳造アルミニウムホイールが装備されているため、コーナーリング時の正確なハンドリングとストリートでの軽快なハンドリングが実現します。小口径になったホイールと、120mmのトラベルのフロントとリアのサスペンションにより、シート高も1.4インチ(約3.5cm)低くなり、より多くのライダーに安定感と安心感を与えるようになります。

さらに、ProTaper ハンドルバーは1.5 インチ(40mm)でトリミングされており、バイクの軽快なハンドリングをサポートし、ライダーがより細かくコントロールできるようになっています。

新しい FTR ラインへの追加されたアップデートにより、ライダーの快適性がさらに向上します。これらの3つのモデルは、調整可能なフロントおよびリアサスペンション、FTR ベースに追加された新機能、およびモーターサイクルがアイドリング状態のときにエンジンの熱をコントロールするためのシリンダー休止機能を採用しました。

さらに、各 FTR モデルには、以前のモデルから引き継がれる多数の標準機能が含まれています。ス
トリートに合わせて調整された倒立フロントサスペンションと、ラジアル・デュアル・ブレンボブレーキは、ライダーに卓越したコントロールと優れたストッピングパワーを提供し、クルーズコントロールは快適な乗り心地をお約束します。

各モデルの特徴

【FTR】

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事2

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事3

ベースモデルとなる FTR は、アナログゲージを備えており、ホイールの赤いピンストライプ、タンク全体の赤いインディアンモーターサイクル・スクリプトのブランドロゴ、赤いリアショックスプリングなど、全体的に赤いアクセントが施されたブラックスモークカラーとなっています。

【FTR S】

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事4

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事6

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事5

マルーンメタリックとホワイトスモークの2つのペイントオプション。Bluetooth または USB と接続可能な 4.3 インチタッチスクリーンディスプレイ・ゲージを装備。

FTR S は、アップグレードされたアクラポビッチエキゾースト、3 つのライドモード、リアリフト軽減機能を備えたウィリーコントロール、スタビリティコントロール、トラクションコントロール、コーナリング ABS を標準装備しています。さらに、急速充電 USB ポートも装備しています。

【FTR R Carbon】

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事7

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事8

FTR R カーボンは、FTR ラインナップの最上級プレミアモデルとなります。FTR S の装備・機能に加えて、FTR R カーボンは、カーボンファイバータンクカバー、フロントフェンダーとヘッドライトナセル、さらにアジャスタブル・オーリンズ・ゴールドフロントフォークとゴールド・ピギーバックリアショック、ブラック・アクラポビッチエキゾースト、プレミアムシートカバーで高級感を際立たせています。

【FTR ラリー】

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事9

インディアン FTR FTR S FTR R Carbon FTR rally 記事10

スクランブラーの美学を維持しながら、FTR ラリーはピレリスコーピオンラリーSTR タイヤをワイヤースポークホイールに搭載し、リアは 18 インチ、フロントは 19 インチホイールとなっています。他の FTR モデルと同様に、FTR ラリーは、リアシリンダー休止機構とともに、洗練されたエンジンキャリブレーションとスロットルレスポンスを採用。

FTR Rally の ProTaper ハンドルバーは、他の FTR モデルよりも 2 インチ高く、人間工学に基づいたよりリラックスした位置で快適さと操作性に貢献しています。FTR ラリーはアナログゲージを備えており、チタンスモークカラーとなっております。

リリース

ポラリス ジャパン株式会社(2021年1月27日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ