【BMW】「M」の名を冠したスペシャルモデル「M 1000 RR」が登場! 最高出力はなんと212馬力!(動画あり)

掲載日: 2020年09月24日(木) 更新日: 2020年09月24日(木)

2020年9月23日(水)未明、BMW の公式 YouTube チャンネルでニューモデル「M 1000 RR」の動画が公開された。この車両は同社4輪車のラインナップではお馴染みの「M」の名を冠した初のモデルとなる。

外観で目を引くのはライバル車もこぞって採用しているウイングレットだろう。「M ウイングレット」と名付けられたこのパーツは時速300km/hでの走行時にトータル16.3kgものダウンフォースを発生すると言う。

BMW M 1000 RR メイン

パワーユニットはベース車両である S1000RR に搭載される物から中速域のパワーを上乗せしただけでなく、レブリミットを500rpm引き上げることにより最高出力212馬力を実現。

この強力なパワーを受け止める足回りには「Mブレーキシステム」が装備されており、ブレーキパッドには標準仕様のほかレーストラック仕様もラインナップされているとのことだ。なお、この車両の国内発売時期および価格については現在のところ未定となる。

リリース

BMW Motorrad = (2020年9月23日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ