【ハーレー】電動スポーツバイク「LiveWire(R)」の日本導入は2021年春に決定!

掲載日: 2020年09月18日(金) 更新日: 2020年09月18日(金)

ハーレー LiveWire(R) メイン

ハーレーダビッドソンジャパンは、電動スポーツバイク「LiveWire(R)」を2021年春に国内市場に導入すると発表した。

同車両は昨年より欧米での販売を開始しており、アジア圏への導入は日本が初となる。なお、現在のところ国内仕様の詳細および販売価格については未定となる。

初の電動スポーツバイク「LiveWire(R)」を2021年春に日本導入

僅か3秒で時速0kmから100kmまで加速 最大235km(※1)を走行可能な高出力バッテリ搭載

ハーレー LiveWire(R) 記事1

北米・欧州での発売に続き、2021年春の日本導入が決まった「LiveWire(R)」(写真は欧州仕様車)

ハーレーダビッドソンジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:グレッグ ウィリス)は、ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「LiveWire(R)(ライブワイヤー)」を、2021年春に日本市場へ導入いたします。現時点では、日本仕様の詳細ならびに国内販売価格は未定となっています。

「LiveWire(R)」は電気のみをエネルギー源とするまったく新しいモーターサイクルで、新次元のテクノロジーとハーレーダビッドソン製品ならではの上質な仕上げ、ハイパフォーマンスな走りを提供する刺激的なモデルで次のような特長を有しています(海外仕様を基にした情報です。日本仕様とは一部異なる場合があります)。

・僅か3秒で時速0kmから100kmまで加速する驚異の加速性能
・1度の充電で最大235kmを走行可能な高出力バッテリを搭載(※1)
・2つの充電方法をサポート。DC急速充電スタンドでは40分で80%充電、家庭用コンセントでも一晩でフル充電

ハーレー LiveWire(R) 記事2

「LiveWire(R)」のデビューは米欧で先行し昨年より進められており、この戦略に基づくアジア最初の導入国が日本となります。常に最大トルクを即座に発生でき、どの速度からでも優れた追い越し加速性能を発揮する新しい乗り味は、スポーツ走行を楽しみたいライダーや、通勤通学も含めた「次世代の日常の足」として街乗りにも最適な、日本のお客様向けと呼べるライディング・エクスペリエンスを提供します。

日本デビューに先駆け、大丸梅田店13階特設会場にて「LiveWire(R)」の日本唯一の実車先行展示(※2)を期間限定で実施しています。またハーレーダビッドソンでは電動モーターサイクルの普及へ向け、国内の正規ディーラー網をはじめ急速充電スポットの整備・拡充にも努めることで、これからもモーターサイクルライフを安心してお客様にお楽しみいただけるよう、準備を進めてまいります。

(※1)SAEJ2982に従い測定した推定走行可能距離(シティモード)
(※2)展示車両は欧州仕様車です。展示期間は予告なく変更または終了する場合があります。詳細は大丸梅田店(大阪市北区梅田3-1-1 TEL:06-6343-1231)へお問合せ下さい

お問い合わせ

ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL/0800-080-8080

リリース = ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(2020年9月18日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ