【ホンダ】様々なシチュエーションで使いやすいロードスポーツモデル「CBR400R」のロゴデザインを変更し7/31に発売

掲載日: 2020年06月26日(金) 更新日: 2020年06月26日(金)

CBR400R メイン

ホンダはロードスポーツモデル「CBR400R」のロゴデザインに同社のスーパースポーツモデルである CBR1000RR-R と共通のものに変更し2020年7月31日(金)に発売する。

同車両は低中回転域から高回転までスムーズなパワー特性を持つ総排気量399ccの水冷直列2気筒エンジンを搭載しており、市街地走行からツーリングなど様々なシチュエーションで使いやすいマシンに仕上げられている。メーカー希望小売価格は80万8,500円(税10%込み)となっており、カラーバリエーションは「グランプリレッド」「マットアクシスグレーメタリック」「パールグレアホワイト」の3タイプが継続採用される。

ロードスポーツモデル「CBR400R」のロゴデザインを変更し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・399ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR400R」のロゴデザインを変更し、Honda Dreamより7月31日(金)に発売します。

CBR400R 記事1

CBR400R(グランプリレッド)

CBR400Rは、アグレッシブなフルカウルのスタイリングと低・中回転域から高回転域までスムーズで力強い出力特性を持つエンジンを採用し、市街地走行からツーリングまで幅広いシチュエーションでお使いいただけるモデルとして、若年のエントリーユーザーを中心に幅広く支持されています。

今回、Hondaにおけるスポーツモデルの最高峰であるCBR1000RR-Rと共通の「CBR」ロゴデザインを採用することで、CBRが持つ世界観をより強化しました。

車体色は、レーシングイメージあふれるグランプリレッド、精悍な印象のマットアクシスグレーメタリック、シャープな印象のパールグレアホワイトの3色を継続採用しています。

CBR400R 記事2

CBR400R(マットアクシスグレーメタリック)

■車両名/CBR400R
■メーカー希望小売価格/80万8,500円(税10%込み)
■販売計画台数(国内・年間)/1,000台
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

CBR400R 記事3

CBR400R(パールグレアホワイト)

CBR400R 記事4

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社(※2020年6月26日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ