【ベスパ】GTSシリーズのフラッグシップモデル「Vespa GTS SuperTech 300」が登場! 現在予約受付中

掲載日: 2020年03月16日(月) 更新日: 2020年03月16日(月)

ピアッジオグループジャパン株式会社はGTSシリーズのトップモデル「Vespa GTS SuperTech 300」を発表。現在全国のベスパ正規販売店で予約受付中だ。

この車両は、総排気量278cc、最高出力23.8馬力を誇る300HPEエンジンを搭載。また、4.7インチ・フルカラーTFTのメーターパネルが採用される。カラーバリエーションは「グレー」および「バルカンブラック」の2タイプ。価格は77万円(税10%込み)となる。なお、出荷は2020年4月上旬を予定している。

TFT メーターパネル採用とパワフルな新エンジンを搭載したハイテクモデル Vespa GTS SuperTech 300 を発売

ピアッジオグループジャパン株式会社(本社:東京都港区芝二丁目、代表取締役:ネリ・ミクラウス)は、日常の移動からツーリングまで、幅広いシーンで楽しい走りを提供するベスパのラージボディシリーズ「GTS」のスポーツモデル「Vespa GTS SuperTech 300(スーパーテック 300)」(メーカー希望小売価格77万円/税10%込み)を、全国のベスパ正規販売店にて2020年3月13日より受注を開始し、2020年4月上旬より出荷を開始いたします。

ベスパ GTS SuperTech 300 は、カラー TFT メーターパネルとベスパ史上最強かつ最高のパフォーマンスを発揮し、23HPを超える出力を誇る新開発 300HPE エンジンを搭載し、車体に散りばめられたイエローのアクセントがスポーツマインドをさらに進化させたハイテクバージョンです。

Vespa GTS SuperTech 300 商品概要

■希望小売価格/77万円(税10%込み)
■カラー/グレー(専用色)、バルカンブラック
■発売日/2020年3月13日(金)
■出荷開始/2020年4月上旬

デザイン

2019年モデルの GTS より変更を受け、フロントエンドには以前より縦に長くなったネクタイに、中央に特徴的なホーンカバーを配置し、3本のスリットで際立たせた新デザインのレッグシールドを採用しています。更に、ハンドルバーの形状、フロントフェンダー上のクロームクレスト、バックミラーを刷新し、シールド側面のラジエター排熱グリルには新しいハニカムモチーフを採用しています。

美しいデザイン面では、ベスパ GTS SuperTech 300 は特殊なブラック仕上げに黄色のホーンカバーの装飾が施されたホイールリムが特徴的です。黄色に塗装されたフロントショックスプリングは、バルカンブラックとグレーの2色使いを引き立たせる重要な役割を果たしています。シートにも黄色のディテールをあしらったステッチが施されています。

最新のベスパ GTS SuperTech 300 はベスパ GTS シリーズの最高峰であり、スポーツマインドを演出する最新技術を導入しています。4.3インチ・フルカラー TFT ディスプレイのフルデジタルメーターパネルは、速度、全走行距離及び区間走行距離、気温、燃料残量など全ての基本情報を表示します。

フロント及びリアランプには LED 技術を採用し、ベスパのデザイン史で定評のある丸形のヘッドランプと、フロントウィンカーユニット内の LED ポジションランプにより特徴づけられています。リア部は、300 HPE 新型エンジンのクランクケースカバーと新しい形状のサイレンサーカバーがスタイリッシュなフォルムを際立たせています。

究極の安全性を目指したテクノロジー

1946年から今日までに製造されたすべてのベスパと同様に、ベスパ GTS には比類なき強靭なスチール製ボディを採用し、独自の安全性とダイナミズムを実現します。その結果、街中でも郊外でもライディングを満喫することができます。直径12インチのホイールを装着した幅の広いタイヤにより、ハンドリング性と安定性が見事に融合されています。前後のディスクブレーキシステムにより、スポーティな走りでも初心者でも、安心して迅速な減速に対応しています。

ピアッジオグループは、かつては最高級オートバイにのみ導入されていた、ホイールスピンを防止するASR 電子トラクションコントロールをスクーターに導入した最初のメーカーです。更に電子制御パッケージには ABS アンチブレーキシステムを組み合わせています。

300 HPE エンジン/史上最強、優れたレスポンスを誇るベスパ

最新の GTS SuperTech 300 には最新型278cc、4ストローク水冷単気筒、4バルブエンジン及び電子制御式燃料噴射システムを搭載しています。これは300HPE(ハイ・パフォーマンス・エンジン)として呼ばれ、エンジンユニットは燃料消費量とノイズを抑えると同時に、パフォーマンスと乗り心地を向上するため様々なアイデアが盛り込まれています。カテゴリートップクラスに君臨する前モデルと同じサイズで、サーモダイナミックパフォーマンスを最大限まで高めて摩擦を低減する、ベスパに搭載された史上最強のエンジンです。

シリンダーヘッドは最新の鋳造から生み出され、完全に再設計した内部のコンポーネントが特徴を際立たせています。吸排気系統の形状と直径を見直し、インテークバルブとエキゾーストバルブの直径が3mm大きくなりました。特にヘッドの形状が特徴的な最新型ピストンを採用したことで、非常に効率的な燃焼室が実現しました。

SOHC システムは、スライダーではなくローラータペットを搭載した新型ロッカーを採用し、流動性と耐久性を高め、さらにメカニカルロスを軽減しています。カムシャフトのプロファイルを再設計することでより良いバルブリフト特性を獲得し、さらに発生するノイズを低減することを実現しました。

新しい高圧マルチジェットインジェクターの導入により燃焼を改善しています。長さを最適化したマニホールドによる吸気ラインの見直しで、低い回転数での供給トルクを改善し、あらゆる速度で非常に滑らかな乗り心地を提供します。新しいイリジウムスパークプラグは耐久性が高く、あらゆる使用状況にも最適に機能します。トランスミッションも徹底的に見直し、CVT にはより強靭なベルトを導入し、摩擦やノイズを低減する新素材を採用しています。これらはすべてメカニカルノイズを低減するため、吸音材でコーティングを施した新しいカバーで覆われ、新しくより剛性の高いクラッチドラムが更に機能を向上しています。

優れた計算処理能力を備えた最新世代の Magneti Marelli 製 MIUG4 ECU がエンジンを制御し、全体的なエンジン効率が向上しています。またクランクシャフトが2回転した直後からエンジン始動が可能となります。

アクセサリー

ベスパの伝統に倣って新型 GTS は幅広いアクセサリー類を取り揃えており、車両のカスタマイズや、快適性や機能性を高めることが可能です。フルフェイスヘルメットが収納可能なトップボックスは、ボディカラーとマッチするペイントが施され、パッセンジャーの快適性を追求したパッド入りバックレストと合わせて完璧な仕上がりとなりました。

フロントとリアのクロームラゲッジラックは最も要望が多く、高く評価されたアイテムで、特徴的なスタイルを自分のベスパに際立たせると共に、ツーリング時の積載性を高めます。ウィンドプロテクション効果の高いウィンドシールドは、コンパクトでスポーティなラインを強調した透明またはスモークタイプが選択可能です。その他にもラバー製フロアマットや、車体カバー、トップボックスインナーバッグ、スマートフォンブラケットがラインアップされています。

Vespa GTS SuperTech 300 – 主要諸元

お問い合わせ

ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

GTS SuperTech 300 のカタログページはコチラ>>
その他ベスパに関する記事はこちら>>

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社(2020年3月13日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ