【ホンダ】125ccのスポーツバイク「グロム」のカラーを変更し3/13に発売

掲載日: 2020年02月27日(木) 更新日: 2020年02月27日(木)

ホンダは125ccのスポーツバイク「グロム」のカラーを変更しし2020年3月13日(金)に発売する。

カラーバリエーションは「ロスホワイト」と「マットアクシスグレーメタリック」の2タイプ。「ロスホワイト」は差し色としてサイドカバーとリアカウルをレッドに。「マットアクシスグレーメタリック」はグレーをベースにゴールドのパーツおよびラインがあしらわれる。なお、メーカー希望小売価格は36万3,000円(税10%込み)となる。

原付二種スポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの原付二種スポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し、3月13日(金)に発売します。

グロム(ロスホワイト)

今回、車体色を、スポーティーなロスホワイトと、精悍なマットアクシスグレーメタリックの全2色のカラーバリエーションとしています。

共通の変更点としてエッジの効いたストライプを施すことで、よりシャープなイメージを表現。また、前後のホイールとエンジン右側面のカバー、リアサスペンションスプリングをブラック塗装とすることで全体的に引き締まった印象を与え、ブレーキキャリパーにはレッドを採用することで、足まわりにワンポイントのアクセントを与えています。

さらに、個別色の特徴として、ロスホワイトは、サイドカバーならびにリアカウルをレッドとすることで、スポーティーで情熱的な印象を与え、マットアクシスグレーメタリックは、グレーとゴールドを組み合わせることで、精悍さと高級感を与えています。

グロムは、コンパクトで扱いやすいエンジンを、取り回しの良い車体に搭載し、倒立タイプのフロントサスペンションや、よりコントロール性に優れた前・後輪ディスクブレーキなど、大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備により、トレンドに敏感な若者をはじめ、大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種のスポーツモデルです。

グロム(マットアクシスグレーメタリック)

■車両名/グロム
■メーカー希望小売価格/36万3,000円(税10%込み)
■カラー/ロスホワイト、マットアクシスグレーメタリック
■販売台数(国内・年間)/1,500台
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

主要諸元

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.
・製造国/タイ
・輸入事業者/本田技研工業株式会社
(※1)燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
(※2)定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
(※3)WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

グロムの試乗インプレッション記事はこちら>>
グロムのカタログページはこちら>>
その他ホンダ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 本田技研工業株式会社(2020年2月27日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ