【リコール】ホンダ リード125 計37,050台

掲載日: 2018年11月29日(木) 更新日: 2018年11月29日(木)
この記事は 2018年11月29日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

国土交通省では、ベトナムホンダが2018年11月22日に届け出た、リード125 計37,050台のリコール情報(563)を掲載している。

以下WEBサイトより

■リコール届出番号/563
■リコール開始日/2018年11月23日
■届出者の氏名又は名称/Honda Vietnam Co., Ltd.
社長 桑原 俊雄
製作国:ベトナム社会主義共和国
製作者名:Honda Vietnam Co., Ltd.
(問合せ先:本田技研工業株式会社 お客様相談センター 0120-086819)

■不具合の部位(部品名)/原動機(スロットルケーブル)
■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
スロットルケーブルにおいて、インナケーブルの鋳造加工が不適切なため、当該ケーブルのコーティングチューブを傷付けたものがある。そのため、当該部位から雨水等がスロットルケーブル内部に浸入し、最悪の場合、浸入した水が凍結し、スロットルを操作できずエンジン回転が下がらないおそれがある。
■改善措置の内容/全車両、スロットルケーブルを良品に交換する。
■不具合件数/6件
■事故の有無/人身:1件
■発見の動機/市場からの情報による。
■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

[ お問い合わせ ]
国土交通省
自動車局審査・リコール課
リコール監理室
TEL/03-5253-8111(内線42354)

リリース = 国土交通省

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ