KNOX(ノックス)の万能オフロードグローブ「オルサOR3 MK3」がジャペックスから発売!(動画あり)

掲載日: 2022年02月08日(火) 更新日: 2022年02月08日(火)

KNOX(ノックス)の万能オフロードグローブ「オルサOR3 MK3」がジャペックスから発売 メイン

ジャペックスから KNOX(ノックス)社製のオフロードグローブ「オルサOR3 MK3」が発売された。カラーバリエーションはブラックのみ。価格は1万2,500円(税抜き)となる。

同製品はオフロード走行での高い操作性を実現するために掌にクラリーノレザー、甲側にパンチング仕様の山羊革とメッシュ生地を採用。

また、SPS(Scaphoid Protection System)を装備しており、一般道からダートまでを含むオフロードツーリングや、モトクロスなど競技での使用にも耐えられるグローブに仕上がっている。

KNOX/オルサOR3 MK3 発売開始のお知らせ

このたび株式会社ジャペックスはイギリスのプロテクターメーカーKNOX/ノックスよりツーリングから本格的なモトクロスまで幅広く対応する万能オフロード用グローブ「オルサOR3 MK3」の発売を開始いたします。

KNOX(ノックス)の万能オフロードグローブ「オルサOR3 MK3」がジャペックスから発売 記事1

■商品名/オルサOR3 MK3
■色/ブラック
■サイズ/S、M、L、XL
■販売価格/1万2,500円(税抜き)
■仕様
・素材/ナイロン、ポリエステル、人工皮革(クラリーノ)、ヤギ革
・重量/約100g(片側)
・カラー/ブラック

KNOX(ノックス)の万能オフロードグローブ「オルサOR3 MK3」がジャペックスから発売 記事2

商品説明

オンロード以上に細かな操作が求められるオフロード走行では、シビアなハンドリングに対応するため、薄手でプロテクションを省いたグローブが一般的です。「オルサOR3 MK3」はそんな従来のモトクロスグローブの特長はそのままに、手のひらにクラリーノレザーを使うことで、操作性、耐久性を向上させました。

手の甲にはパンチングを施したヤギ革とメッシュ素材を採用し、通気性をもたせています。各所の素材を使い分けることで、それぞれに求められた性能を発揮させることができます。KNOX社の代名詞でもあるSPSプロテクション、そしてフローティングナックルも搭載。一般道から本格モトクロスまで幅広く使えるオフロード用グローブ、それが「オルサOR3 MK3」です。

こんな方におすすめ

・一般道から林道、オフロードコースまで幅広く使えるグローブが欲しい方
・オフロードバイクに合わせやすいグローブを探している方
・グローブをしていない状態と同じくらい薄手で装着感の少ないグローブが欲しい方
・グローブの着脱回数が多い方
・オフロードグローブにもプロテクションを求めている方

こんな方にはNG

・真冬の一般道で使えるオフロードグローブを探している方
・オンロードサーキットなどでも通用するプロテクションをグローブに求めている方
・防水のエンデューログローブを探している方

従来の「オルサOR3」との違い

・CE規格認定になりました。
・タッチパネル対応になりました。

特長

・転倒の際に手を路面にスライディングさせることで怪我から身を守るSPSプロテクションシステム(※国際特許EP1594378)搭載。
・着脱がスムーズなBOAシステムを手首に搭載。
・タッチパネル対応(親指、人差し指)。
・こぶし部分のプロテクターは浮いている構造(フローティングナックル※)により、ハンドルを握っている時やクラッチ、ブレーキ操作を邪魔しない装着感、操作感を実現。
・こぶし部分には樹脂製のナックルプロテクターが搭載。その内側には柔らかいジェルが内装され、衝撃を緩和します。
・指先は縫い目のないシームレス構造にすることで、グローブ内側で縫い糸や縫い代が指に当たることはありません。
・手のひら部分にはグリップ力と耐久性に優れ、お手入れの簡単なクラリーノ製レザー(人工皮革)を使用。
・手の甲は通気性に長けたヤギ革と4方向にストレッチするメッシュ素材を使用。
・CE規格認定グローブ。

(※)SPS (Scaphoid Protection System / 舟状骨を守るシステム)とは

転倒の際、人は誰でも無意識に体を守るため手を地面につけようとします。ただスピードが出ている状態で手が地面に接触した瞬間、凄まじい衝撃摩擦が起きます。この衝撃摩擦を緩和してくれるのが「SPS」です。一番最初に地面につく手のひら部分にSPSが配置されているので、転倒時にSPSがまず地面と接触します。SPSは衝撃を吸収するだけでなく、手を滑らせるしくみ。ライダーは路面をスライディングする形で衝撃を受け流すことができます。この方法により、手はもちろん肩や腕の圧迫骨折などの怪我から身を守ります。

(※)フローティング・ナックルとは
こぶし部分の硬いナックルプロテクターをフローティング(浮いた状態に)させるこにより、ハンドルを握っているときやブレーキ・クラッチ操作時にプロテクターが手の動きを邪魔せず、良好なつけ心地を実現します。

お問い合わせ

株式会社ジャペックス カスタマーサポート
e-mail/support@japex.net

その他ジャペックス取り扱い製品の記事はこちら>>

リリース = 株式会社ジャペックス(2022年2月8日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ