【東京モーターサイクルショー2019出展速報】カワサキブース

掲載日: 2019年03月22日(金) 更新日: 2019年03月22日(金)

2019年3月22日(金)~24日(日)まで開催されている第46回東京モーターサイクルショー。カワサキブースでは、展示ゾーンを大きく3つに分けて展開している。ブランドアイコンゾーンではNinja H2シリーズやNinja ZX-10RRなどのフラッグシップを展示。モーターサイクルライフゾーンでは、マシンのイメージに合ったライフスタイルとアパレルを提案。さらに体感ゾーンでは、人気のZ900RSを筆頭に、250ccから1000ccクラスまで、跨り可能な車種が多数用意され、人気を博していた。

スーパーチャージャーを搭載したスポーツツアラーの最上位グレードがNinja H2 SX SE+だ。スマホから簡単にセッティング変更できる電子制御サスや、フロントブレーキにブレンボ製のストリート用モノブロックキャリパー最上級モデル「Stylema」を装備する。

2019年モデルとして国内販売されたNinja H2 CARBONは、アッパーカウルにカーボンを採用し、フロントまわりをNinja H2Rと同じイメージとしたモデル。スマホとの接続機能やブレンボ製最新モノブロックブレーキキャリパー「Stylema」、ETC2.0車載器などが標準で装備される。

水冷4ストローク並列4気筒1043ccのエンジンとロングストロークの電子制御サスペンションを持つツアラー、VERSYS 1000 SE。ケース類やフォグランプなどのアクセサリー装着車が展示されている。

マシンとそれに合ったライフスタイル&ウェアを提案するモーターサイクルライフゾーン。W800CAFEではビンテージテイストを愛し、週末はオープンテラスのお気に入りのカフェにバイクで……というスタイルでまとめている。

ビキニカウルやロースタイルのハンドルバーを持つW800 CAFE。文字どおりのカフェレーサースタイルで、低く構えた姿勢はかなりスポーティだ。

Ninja ZX-6Rの展示は、早朝から都会のビル群を駆け抜け、夜の海の風に当たりに行く……というシティ派の女性をイメージしている。

シャープなスタイリングと扱いやすいサイズで人気のNinja 650。スーパーバイク世界選手権をイメージしたカラーリングのKRT EDITIONも、もちろん跨ることができる。

W800 STREETは、ワイドなハンドルやニーパッドのないプレーンなタンク、タックロール入りのシートなどを与えられたモデル。W800 CAFEとの違いを探すのも楽しい。

会場ではKawaジャン2019が抽選で当たるキャンペーンの告知も行われていた。応募の締め切りは2019年6月30日となっている。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ