【ヤマハ】新星ファビオ・クアルタラロが2021~2022年シーズンの MotoGP にファクトリーチームから参戦することが決定!

掲載日: 2020年01月30日(木) 更新日: 2020年01月30日(木)

ヤマハは MotoGP クラス 2021~2022年シーズンの「Yamaha Factory Racing MotoGP Team」のライダーにファビオ・クアルタラロを迎えると発表した。

昨シーズンよりヤマハのサテライトチームである”PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team”より MotoGP クラスに参戦したクアルタラロは、全19戦中ポールポジションを6回、表彰台を7回獲得。若干20歳にしてファクトリーライダーの座を射止めた。なお、2020年は昨年に引き続き”PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team”から参戦することが決定している。

MotoGP 世界選手権 2021年から2022年シーズンの Yamaha Factory Racing MotoGP Team ライダーにファビオ・クアルタラロ選手を登用

ヤマハ発動機株式会社は、ファビオ・クアルタラロ選手が2021年から2022年シーズンの「Yamaha Factory Racing MotoGP Team」に加入することを発表します。

昨年の成績が示すように、クアルタラロ選手は類稀なる才能の持ち主であり、MotoGP において輝かしい未来が待ちうけるライダーのひとりです。フランス・ニース出身で20歳のクアルタラロ選手は、昨シーズン、ヤマハのサテライト・チームとして新たに誕生したばかりの「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」からデビューし、7回の表彰台(2位5回、3位2回)を獲得。

さらに何度も初優勝に手をかけるなど、勝利は逃すも、その見事なパフォーマンスで多くの人々を引きつけました。最終的にシリーズランキング5位を獲得したほか、Best Independent Team Rider の栄誉と’Rookie of the Year’の2つのタイトルを、2番手にそれぞれ27ポイントと100ポイントの差をつけて、手中にしています。

2020年シーズンは、「PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team」のライダーとして2年目のシーズンを戦います。マシンはファクトリー・スペックの「YZR-M1」で、ヤマハのフル・サポートを受けながら、2021年のファクトリー・チーム昇格を迎えます。なお、2021年と2022年のクアルタラロ選手のチームメイトは、先日、「Yamaha Factory Racing MotoGP Team」と2年間の契約延長を発表したばかりの M・ビニャーレス選手です。

リン・ジャービス談(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)

「クアルタラロ選手が2021年と2022年に Yamaha Factory Racing MotoGP Team に加わることになり、非常にうれしく思っています。MotoGP デビュー・シーズンの成績はまさにセンセーショナルなものでした。ポールポジション6回、表彰台7回という数字が彼の素晴らしさと並外れたライディング・スキルを如実に表しています。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team との2年間の契約を終えたあと、Yamaha Factory Racing MotoGP Team に迎えることは、ごく当然のことと考えます。弱冠20歳ながらクアルタラロ選手はすでに、マシン上でも降りたあとでも成熟の域にあります。私たちは2021年に彼を迎えることを楽しみにしています。クアルタラロ選手とビニャーレス選手は Yamaha Factory Racing MotoGP Team の全員に刺激を与え、YZR-M1 の開発を支えてくれるでしょう。私たちは MotoGP での勝利を目指すために、できることをすべて、くまなく探し出して実行していきます」

ファビオ・クアルタラロ選手談

「ヤマハとの話し合いがまとまり、契約に至ったことをとてもうれしく思っています。簡単な道のりではありませんでしたが、私は今、これからの3年間についてはっきりとした計画を持てるようになりました。本当にうれしいです。

昨年同様、懸命にがんばります。そして素晴らしいパフォーマンスの実現に向けてモチベーションを高めていて今は冬休みが非常に長く感じられます。来週のセパン・テストで新しい YZR-M1 に乗ること、チーム・クルーと再会して仕事をすることを心から楽しみにしています。2019年に MotoGP 参戦のチャンスを与えてくれたヤマハと PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team に感謝の気持ちを伝えたいと思います。彼らが胸を張れるように、今年もまたベストを尽くします」

リリース

ヤマハ発動機株式会社(2020年1月29日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ