モトフィールド浜松がイタリアのオフロードブランド「FANTIC(ファンティック)」の取り扱いを開始!

掲載日: 2019年12月23日(月) 更新日: 2019年12月23日(月)
カテゴリー: トピックス  タグ: , ,  

ハスクバーナやトライアンフを扱う静岡県浜松市のモトフィールド浜松が、イタリアの老舗ブランド「FANTIC(ファンティック)」を取り扱う「FANTIC Pro shop」として新たにスタートした。

「FANTIC」とはサインハウスが日本総代理店となり輸入する、1968年にイタリアで創業されたバイクブランドであり、現在国内では「スクランブラー」「フラットトラック」「500ラリー」「エンデューロ」のシリーズが各種排気量でリリースされている。

モトフィールド浜松ではスクランブラーシリーズの「CABALLERO SCRAMBLER250」を試乗車に用意し、眺めるだけでなく実際に試乗して性能を確かめることも可能。レトロなスタイルながらホットな走りが期待できるイタリアンスクランブラーが気になったら、東名浜松インターにほど近い同店をぜひ一度訪れてみよう。

2019年11月より新たに誕生したFANTICのお店をご紹介!

FANTIC Pro shop
FANTIC Pro shopとは?…展示車や試乗車をご用意しているショップで、試乗会や展示会なども積極的に開催。車両を熟知し整備の技術にも長けています。プロショップの名に恥じない、万全のアフターサービスでお客様のバイクライフをサポートします。

試乗車として用意される「CABALLERO SCRAMBLER250」

■ショップ名/モトフィールド浜松
■住所/静岡県浜松市東区下石田町1866-1
■TEL/053-424-7711
■営業時間/10:00~19:00
■定休日/月曜・第2&第4火曜

「トライアンフ浜松」「ハスクバーナ浜松」としても地域で知られるモトフィールド浜松に「FANTIC Pro shop」という新たな名前が加わった

どんなジャンルのバイク遊びもおまかせ!
現在はトライアンフやハスクバーナなど、海外の車両を中心に取り扱う浜松市のモトフィールド浜松では、お客様と一緒にバイクを楽しむために、サーキットやオフロード、ツーリング、キャンプなど、幅広いジャンルの遊びを提案しています。購入やメンテナンスはもちろんのこと、購入後のバイクでの遊びがたくさん用意されていることで、お客様自身が購入後のバイクライフをイメージしやすい環境が整っています。また、店舗も東名高速道路「浜松I.C」からほど近く、近隣県からのアクセスもしやすい立地。駐車場・駐輪場スペースが広いため、車やバイクでの来店も非常にしやすい販売店となります。

「CABALLERO SCRAMBLER250」に跨るモトフィールド浜松の林社長

東海エリアで試乗ができる!
店頭には「CABALLERO SCRAMBLER250」の試乗車を用意。車両の造りを見るだけではなく、実際に車両の性能を体感することができます。創業20年を超えるモトフィールド浜松の林社長はメカニックとしてだけではなく、1人のライダーとしてもお客様と一緒にバイクに乗って楽しむことを大事にしています。バイクをもっと楽しみたい方は是非ご来店ください!

お問い合わせ

モトフィールド浜松
TEL/053-424-7711

リリース=株式会社サイン・ハウス 車両事業部(2019年12月18日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ