【スズキ】「第46回東京モーターショー2019」の出展概要を発表

掲載日: 2019年09月30日(月) 更新日: 2019年09月30日(月)

スズキは東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第46回東京モーターショー2019」の出展概要を発表した。今回はこの中から二輪車に関する情報をお届けする。

スズキブースは「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE -つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。-」をテーマに四輪車、二輪車、電動車いすのほかマリン製品を展示。二輪ブースでは日本初公開となる「ジクサー SF 250」と「ジクサー 250」を参考出品。この2台は新開発の油冷エンジン(249cm3 4ストロークSOHC単気筒)を搭載する。さらに現在MotoGPに参戦中の「GSX-RR」2台が展示される予定だ。

なお「第46回東京モーターショー2019」の開催日程は、プレスデーが2019年10月23日(水)・24日(木)、一般公開が2019年10月25日(金)~11月4日(月)となる。

第46回東京モーターショー2019 スズキブースのテーマ

WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。

スズキは、「消費者の立場になって価値ある製品を作ろう」を社是の第一に掲げ、四輪車や二輪車、電動車いす、船外機で、お客様に喜ばれる真の価値ある製品づくりに取り組んできました。

今回の第46回東京モーターショー2019では、2020年に100周年を迎えるスズキが、次の100年に向けて、軽自動車に代表される「小さなクルマ作りで培った技術」によって、多くの人に「自由な移動」と「実用だけではない楽しみやワクワク感」を提供することで社会に貢献し、「大きな未来」を切り拓いていくことを表現したいと考えています。

今回のスズキブースでは、四輪車、二輪車、電動車いすに加え、マリン製品を展示します。スズキが提案する小さなクルマだからこそできるワクワクのある毎日を「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」というテーマで表現します。

第46回 東京モーターショー2019 スズキブース展示車の出展概要(二輪車のみ)

■二輪車出品総台数/8台
■参考出品車/4台
■市販車/4台
※ジャパンプレミア(二輪車)2台

新開発の油冷エンジンを搭載したフルカウルスポーツバイク「ジクサー SF 250」(参考出品車/ジャパンプレミア)

■概要
・スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイクです。
・2015年の東京モーターショーに参考出品したコンセプトモデル「Feel Free Go!(フィールフリーゴー)」に採用した新開発の油冷エンジンを搭載しています。

■主な特長
・スズキの大型スポーツバイクと共通のイメージとなる、ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、スポーティーなスタイリング。
・世界で初めてGSX-R750に搭載したスズキ伝統の油冷エンジンを進化させた、新型油冷エンジンを搭載。MotoGPで培われた軽量化及びフリクション低減技術を採用。小型、軽量、高出力、低燃費、高耐久性、静粛性を高いレベルで実現。
・スタイリングに合わせたワイドで独自性のある新開発のヘッドライト。

【主要諸元】

■全長・全幅・全高/2,010×740×1,035(mm)
■パワーユニット/249cm3 4ストローク油冷SOHC単気筒エンジン

新開発の油冷エンジンを搭載したネイキッドスポーツバイク「ジクサー 250」(参考出品車/ジャパンプレミア)

■概要
・グラマラスな造形を取り入れたデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイクです。・2015年の東京モーターショーに参考出品したコンセプトモデル「Feel Free Gol(フィールフリーゴー)」に採用した新開発の油冷エンジンを搭載しています。

■主な特長
・専用新設計で極限まで薄くしたLEDヘッドライトに、従来モデルジクサーの力強い造形を継承。
・世界で初めてGSX-R750に搭載したスズキ伝統の油冷エンジンを進化させた、新型油冷エンジンを搭載。
・MotoGPで培われた軽量化及びフリクション低減技術を採用。小型、軽量、高出力、低燃費、高耐久性、静粛性を高いレベルで実現。

【主要諸元】

■全長・全幅・全高/2,010×805×1,035(mm)
■パワーユニット/249cm3 4ストローク油冷SOHC単気筒エンジン

MotoGP参戦車両「GSX-RR」(参考出品車)

現在MotoGPクラスに参戦中の「GSX-RR」。二輪車レースの最高峰「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」での高いパフォーマンスに裏打ちされた最新技術は、「GSXーR1000」をはじめとした市販車両へ技術フィードバックされています。

■主な特長
・扱いやすく力強いエンジン特性、燃費性能、耐久性を高い次元で実現する直列4気筒エンジンを搭載。
・車体は運動性能と空力性能の両面より、車幅を抑えたレイアウトとし、車体剛性、重量バランスを最適化。
・高性能エンジンと車体の高次元なバランスで、高いコーナリング性能を実現。

【主要諸元】

■全長・全幅・全高/2,096×720×1,140(mm)
■ホイールベース/1,457(mm)
■パワーユニット/1,000cm3 水冷4サイクル直列4気筒 DOHC4バルブ
■車両重量/157kg以上
■最高出力/176kW(240ps)以上
■最高速/340km/h以上
■チーム体制
・チーム名/チームスズキエクスター
[参戦ライダー]
・#42 アレックス・リンス選手(スペイン)
・#36 ジョアン・ミル選手(スペイン)
[チームマネージャー]
・ダビデ・ブリビオ(イタリア)
■2019シーズン戦績
・アメリカズGP 優勝/#42 アレックス・リンス選手
・イギリスGP 優勝/#42 アレックス・リンス選手

その他市販車両展示予定モデル

・KATANA
・GSX-R1000R ABS
・SV650 X ABS
・Vストローム250 ABS

お問い合わせ

スズキ株式会社
お客様相談室
TEL/0120-402-253

ジクサー SF 250のカタログページはコチラ>>
ジクサー250のカタログページはコチラ>>

リリース = スズキ株式会社(2019年9月30日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ