2010 東京モーターサイクルショー[ハーレーダビッドソン編]

掲載日: 2010年03月26日(金) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2010年3月26日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。
ハーレーダビッドソンジャパンのブース全景

今年のハーレーダビッドソンジャパン(以下HDJ)ブースは、ファミリー向けのテイストが含まれた例年のスタンスとは打って変わり、不朽の名作『イージーライダー』の名シーンや、本国工場の生産ラインの流れを撮影した映像をスクリーンで流すなど、力強い男性的なイメージを全面に打ち出したプロデュースがなされている。アメリカ本社よりやってきた新社長クリスチャン・ウォルターズ氏の影響力か、パワフルな本家のイメージが強まった感がある。

(写真左)スクリーンには映画『イージーライダー』の映像が (写真右)2010年H-D純正P&A装着車輌がずらり

また3月1日よりリリースが開始された2010年純正パーツ&アクセサリーを大々的に取り上げ、2010年モデルのFXDWGやFLTRXなどをベースにしたカスタム・モデルを展示。“カスタム”はハーレーを所有する上で欠かせない楽しみのひとつなだけに、アイテムのラインナップが増えたことはハーレーオーナーのみならず、これからハーレー購入を検討している人にとっても嬉しいポイントと言えるだろう。

FXD ダイナ・スーパーグライド [H-D純正P&Aカスタム車輌]
スポーツスターXL883N “アイアン” [H-D純正P&Aカスタム車輌]
FXDWG ダイナ・ワイドグライド [H-D純正P&Aカスタム車輌]
FLTRX ロードグライド・カスタム [H-D純正P&Aカスタム車輌]
(写真左)FLSTCヘリテイジ・ソフテイル・クラシック (写真中央)FLSTSBソフテイル・クロスボーンズ (写真右)ビューエルのXB12Rも展示
(写真左)スポーツスターXR1200X (写真中央)FXDWGダイナ・ワイドグライド (写真右)FXDCダイナ・スーパーグライドカスタム

ハーレーダビッドソンというモーターサイクルは、所有するオーナーのライフスタイルに強烈な影響を与える。そのバリエーションが増えれば増えるほど、ライフスタイルの幅も広がっていく。“自分の世界観”により深みを持たせたいと望む方は、ぜひHDJブースで純正パーツ&アクセサリーを直に見てみてはどうだろうか。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ