K&Hよりハーレーダビッドソンローライダーなどに適合するソロシート&ペアライドシート8点が発売

掲載日: 2022年01月17日(月) 更新日: 2022年01月17日(月)
カテゴリー: バイクパーツ  タグ: ,  

K&Hよりハーレーダビッドソン ローライダーなどに適合するソロシート&ペアライドシート 8点が発売 メイン

オリジナルシートやFRPパーツの開発・販売で知られるK&Hから、ハーレーダビッドソンローライダーなどに適合するシート計8点が発売された。

この製品は取り付けステーが付属するボルトオンパーツとなっており(FLSB用除く)シートベースの幅が細く足つきが良いので、小柄なライダーでもシフトチェンジがしやすくなる。また、乗り心地が良いだけでなく、シートポジションが決まらない、ハンドルが遠いという方にもおすすめの製品だ。

K&Hより、ローライダー、ローライダーS、スポーツグライドに適合するシートが発売!

シートポジションが決まらない、ハンドルが遠いという方にもお勧めです。ポジションが車体前後の中央辺り良い位置になり、サスペンションの伸び縮み、ステアリングの切れるタイミングが掴み易くなります。

確りとしたシートベースに取り付け剛性、弾力に富んだスポンジの恩恵は、乗り心地の良さだけでは無く、フロント、リア共にタイヤからのインフォメーションが増幅し、ライディングプレジャーをより感じることが出来ます。

シートベースの幅は、フレームぎりぎりまで細くしてあります。下ろした足が車体(フレームやサイドカバー)の一番細くなった所を通り、プライマリー(ダービー)カバーの膨らみより前方に足をつけます。最短の距離で足をつけるので、足先に力が入れ易く車体を支え易くなります。

着座位置のスポンジの厚みと幅を十分に確保しているので、乗り心地良く足つきも良くなっています。小柄なライダーでもシフトチェンジがし易くなり、今までつま先で前に押し出していたブレーキペダルを上から踏み込むことが出来るようになります。

シートベースとリアフェンダーとの間にETCが収まるスペースを確保してあります。型の中で発泡させたインジェクションスポンジを使用しているので、乗り心地良く、型崩れせず、長くご愛用いただけます。
取り付けステー付属で、純正シート同様フェンダー1点固定でボルトオン装着が可能です。

※注意/スポーツグライド(FLSB)への取り付けには、リアフェンダーに純正シートナットを固定するための穴を開ける必要があります。

フロントシート

■適合モデル
・ローライダー / SOFTAIL LOW RIDER(FXLR)
・ローライダーS / SOFTAIL LOW RIDER S(FXLRS)
・スポーツグライド / SPORTS GLIDE(FLSB ※リアフェンダーへの穴開け加工が必要です。)
※いずれも2018年以降に適合します。

■ソロシート ステッチ【S-6301S】
標準仕様価格/6万500円(税10%込み)

■ソロシート パイピング【S-6301P】
標準仕様価格/6万500円(税10%込み)

■ソロシート タックロール ステッチ【S-6301TS】
標準仕様価格/6万3,800円(税10%込み)

■ソロシート タックロール パイピング【S-6301TP】
標準仕様価格/6万3,800円(税10%込み)

ペアライドシート

上記フロントシートに対応するペアライドシート(リアシート)となります。

■ペアライドシート ステッチ【S-6302S】
標準仕様価格/5万5,000円(税10%込み)

■ペアライドシート パイピング【S-6302P】
標準仕様価格/5万5,000円(税10%込み)

■ペアライドシート タックロール ステッチ【S-6302TS】
標準仕様価格/5万8,300円(税10%込み)

■ペアライドシート タックロール パイピング【S-6302TP】
標準仕様価格/5万8,300円(税10%込み)

■シートマウンティングボルト【P-59】
標準仕様価格/3,300円(税10%込み)
※リアフェンダー1点留めのソロシート取り付け用ボルトですが、同時にペアライドシート前側ステーの固定に必要なボルトとなります。
※ご注意/ペアライドシート前側ステーが、ソロシートボルトの切り欠きに差し込み固定の場合、このシートマウンティングボルトが必要となります

お問い合わせ

株式会社ケイアンドエイチ
TEL/03-3931-8872

ローライダー(FXLR)のカタログページはこちら>>
ローライダーS(FXLRS)のカタログページはこちら>>
スポーツグライド(FLSB)のカタログページはこちら>>
その他K&H製品の記事はこちら>>

リリース=株式会社ケイアンドエイチ(2022年1月14日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ