【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更!

掲載日: 2022年07月06日(水) 更新日: 2022年07月06日(水)

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! メイン

トライアンフは「ボンネビル」シリーズ全10車種に新色を採用すると共に、一部モデルについて名称を変更する旨発表した。今回行われる名称変更の目的はシリーズ内の関係性と排気量を明確化するためとなっており、Street Twin は今後「Speed Twin 900」に、Street Scrambler は「Scrambler 900」が正式名称となる。

トライアンフから「エキサイティングな新色登場と新名称」のお知らせ

TRIUMPH MODERN CLASSICSシリーズ

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:大貫陽介)は今期のBonnevilleシリーズ、全モデルに新しくエキサイティングなカラーが登場することをお伝えいたします。

昨年のGold Line Editionの大きな成功を受け、伝説的なModern Classicsのラインアップ全体でより明るく、より個性的で、より優雅なカラーオプションを求めるお客様のご要望にお応えします。

更にこれらの新色と共に、トライアンフを象徴するBonnevilleファミリーの繋がりとその排気量をより明確に整理するため、今期よりStreet TwinはSpeed Twin 900に、Street ScramblerはScrambler 900に名称が変更されます。

Speed Twin 900(旧 Street Twin)

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事2

今期から名称をStreet Twinから新たにSpeed Twin 900に変更し、クラシックなTriumph Jet Black、Matt Ironstone、そしてシルバーとイエローのアクセントを加え洗練された、新しいMatt Silver Iceの3色をご用意しました。

この新しいペイントスキームには、シルバーとイエローのグラフィックを施したMatt Silver Iceの燃料タンク、新しいSpeed Twin 900のロゴが入ったJet Blackのサイドパネル、Jet Blackのフロント&リアマッドガードが含まれています。

Scrambler 900(旧 Street Scrambler)

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事3

今期から新たに名称を変更したScrambler 900も3色展開となり、クラシックなTriumph Jet Black、印象的で現代的な新しいグラフィックのCarnival Red/Jet Black、そしてScramblerを象徴するオフロードの伝統を受け継ぐMatt Khakiが追加されました。

Carnival Red/Jet Blackのペイントスキームは、Carnival Redの燃料タンクにモダンなJet Blackのストライプのディテール、Jet Blackのサイドパネル、フレームカウル、マッドガードで彩られています。

Matt Khakiは、Matt Khakiの燃料タンクに、Jet Blackのサイドパネル、フレームカウル、そしてマッドガードで彩られる、象徴的な新色です。

Bonneville T100

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事4

トライアンフの象徴ともいえるBonneville T100にも3つのカラーバリエーションがあります。時代を超えたTriumph Jet Black、クラシックなCarnival Red/Fusion White、さらにオリジナルの1959年のデザインをスタイリッシュに再現した美しい新色のMeriden Blue/Tangerineのオプション(タンクには手塗りのシルバーコーチラインがディテールとしてあしらわれています)。

この印象的な新カラースキームでは、Meriden Blueのサイドパネルとマッドガードが採用されています。

Bonneville T120

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事6

もはや行ける伝説ともいえるBonneville T120も3色展開となり、スタイリッシュな Triumph Jet Black、洗練されたCordovan Red/Silver Iceに加え、手塗りのゴールドラインのディテールをタンクに施したAegean Blue/Fusion Whiteの美しい新オプションが追加されました。伝統に着想を得たこの新たなカラースキームには、Aegean Blueのマッドガード、Jet Blackのサイドパネルとヘッドライトボウルも採用されています。

Bonneville T120 Black

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事7

クラシックなBonneville T120 Blackは、2色展開となり、時代を超えたTriumph Jet Blackと、タンク全体に洗練された新しいSapphire Black/Matt Sapphire Blackの配色を採用し、丁寧にハンドペイントしたシルバーコーチラインのディテールがアクセントとなっています。また、このカラースキームではSapphire Blackのマッドガード、サイドパネル、ヘッドライトボウルも新たに採用されています。

Speed Twin 1200

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事1

トライアンフのパフォーマンスクラシックSpeed Twin 1200にはクラシックなJet Black、印象的なRed Hopper、そしてスタイリッシュなStorm Grey/Aluminium Silverのタンクグラフィックを備えたエキサイティングな新色Matt Baja Orangeの3色を用意しました。この新しいカラースキームでは、Matt Silver IceのフォークプロテクターにマッチするMatt Storm Greyのサイドパネルとヘッドライトボウルも採用されています。

Scrambler 1200 XE/Scrambler 1200 XC

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事8

トライアンフが誇るScrambler 1200ラインナップは今期、洗練されたSapphire Black、クラシックなMatt Khaki Green/Matt Jet Black、そしてCarnival Redの燃料タンクとJet Blackのタンクストライプ、Jet Blackのサイドパネルとヘッドライトボウルが特徴的なCarnival Red / Jet Blackの新カラーの3色で展開されます。

Bonneville Bobber

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事9

トライアンフのオリジナルカスタムアイコンであるBonneville Bobberは、クラシックなJet Black、洗練されたMatt Storm Grey/Matt Ironstone、そして印象的な新しいRed Hopperオプションの3色が用意されています。
この新しいペイントスキームには、Red Hopperの燃料タンク、Jet Blackのサイドパネルとマッドガードが含まれています。

Bonneville Speedmaster

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事10

ブリティッシュ・カスタム・クラシックの象徴であるトライアンフのBonneville Speedmasterは、クラシックなJet Black、スタイリッシュなSapphire Black/Fusion White、そして深みのあるCordovan Redの燃料タンクにJet Blackのサイドパネル、マッドガード、ヘッドライトボウルを組み合わせた洗練された新色Cordovan Redオプションの3色で展開します。

Thruxton RS

【トライアンフ】「ボンネビル」シリーズにニューカラーを採用すると共に一部モデルの名称を変更! 記事11

象徴的なカフェレーサーであるThruxton RSに、時代を超えたJet Blackと、魅力的な新色のCompetition Green / Silver Iceの2色を設定しました。この洗練された新スキームは、Competition GreenとSilver Iceの燃料タンクとシートカウルを備えており、両方にゴールドのグラフィックのディテールがあしらわれています。これは、Jet Blackマッドガード、ヘッドライトボウルとサイドパネル、Matt Silver Iceフォークプロテクターとマッチします。

お問い合わせ

トライアンフコール
TEL/03-6809-5233

リリース = トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(2022年7月5日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ