【ヤマハ】「TMAX560 TECH MAX ABS」「TMAX560 ABS」をモデルチェンジ!2022年モデルを7/7発売

掲載日: 2022年06月02日(木) 更新日: 2022年06月02日(木)

TMAX560 メイン

ヤマハはオートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS(155万1000円)」および「TMAX560 ABS(136万4000円)」をモデルチェンジし、2022年7月7日(木)に発売する。

一回りコンパクトになった同モデルの新たな特徴は、軽量のスピンフォージドホイールや新タイヤの採用によるライディング性能向上のほか、ポジションを一新し、やや前傾気味となりスポーティーとなった点などがあげられる。また電動タンクキャップや、スマートフォンと連携できる7インチ高輝度TFTメーターなど、新装備も採用されている(価格は全て税10%込み)。

「TMAX560 TECH MAX ABS」「TMAX560 ABS」2022年モデル発売

~バネ下重量低減を図る軽量ホイール、ナビ機能に対応するTFTメーター採用 ~

TMAX560 記事2

(左より)「TMAX560 TECH MAX ABS」マットダークグリーン、「TMAX560 TECH MAX ABS」グレー、「TMAX560 ABS」イエロー

ヤマハ発動機株式会社は、オートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」をモデルチェンジし、2022年7月7日(木)に発売します。

2022年モデルの「TMAX」は、“Maximize the Moment”をコンセプトに開発しました。新たな特徴は、(1)軽量“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)”、新タイヤ、Accelerator Position Sensor Gripの採用などによる、スポーツ性のさらなる向上、(2)走行性能に調和させた新ライディングポジション、(3)当社初の電動タンクキャップなど、エルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備、(4)スマートフォンとの接続で、ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTメーター、(5)「TMAX」らしいスポーティさを受け継ぎながら一回りコンパクトになったオールニューのスタイリングなどです。

「TMAX560 TECH MAX ABS」は、「TMAX560」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認性をサポートする光るハンドルスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性を高めた上級モデルです。
TMAX560 記事18

TMAX560 ABSの新たな特徴

(1)軽量“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)”、新タイヤ、APSGの採用などによる、スポーツ性のさらなる向上
当社独自の“スピンフォージドホイール”技術による10本スポークの軽量アルミダイキャストホイールを採用。慣性モーメントをフロント約10%、リアは約6%低減。スポーティな走りに貢献しています。

また、専用開発のタイヤを採用。あわせてΦ41mm倒立式フロントサスペンションとリアのショックアブソーバーもセッティングを変更しました。前後とも減衰力は、従来モデル比でやや“ハード”な設定です。

さらに、スロットルケーブルを廃したAPSG(Accelerator Position Sensor Grip)を採用。軽量化とともに自然なアクセル操作感を実現し、高いスポーツ性に貢献します。
TMAX560 記事3

(2)走行性能に調和させた新ライディングポジション
スポーティな乗り味をさらに引き出すため、ハンドル、シート、ステップのライディングポジション3点を一新。従来モデル比でわずかに前傾気味としました。

フットボードは前後に面積を広げ、シートは前後に延長。また、工具不要で3段階調整(±15mm)可能なバックレストの採用により、ライダーの居住性を高めています。また、タイトに絞ったボディ造形により、足つき性も向上しました。

さまざまな体格にマシンをマッチングさせるだけでなく、“腰と足”で車両をホールドした一体感のあるポジションと、広々とした快適で自由度の高いポジションを両立しています。
TMAX560 記事4

(3)電動タンクキャップなどエルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備
車両の電源をOFFにした後2分以内にヒンジを引き上げるとロックが解除され、キャップを開けることができるスマートキャップ(電動タンクキャップ)を当社では初めて採用しました。

また、電源のON/OFF、ステアリングロック、シートオープンの操作は、ハンドル下に配置されたセンタースイッチで行えます。

さらに左ハンドルスイッチのジョイスティックにより、メーターディスプレイの切り替えなど直感的な操作が可能です。

なお、「TMAX560 TECH MAX」では、エンジンワンプッシュスタートと、発光タイプの左右ハンドルスイッチを採用。スイッチが発光することで、暗いところでも操作しやすくなっています。
TMAX560 記事5

(4)ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTメーター
大型で見やすい7インチ高輝度TFTメーターを採用。デザインはシーンや好みに合わせて3種類から選択できます。

また、ライダー自身のスマートフォン情報を車両のTFTメーターで表示するアプリ「MyRide – Link」Appを開発しました。このアプリをインストールし、Bluetooth(R)経由で車両と接続することで、着信やメール受信、現在地周辺の天気、音楽再生など、スマートフォンの情報を車両のメーターに表示可能です。

さらに当社とGARMIN社がTMAX560専用に共同開発した二輪ナビアプリ「Garmin MotorizeTM」(有料)をインストールすれば、メーター画面でナビ機能を使用できます。

※着信と音楽再生はアプリを利用せず、Bluetooth接続のみでも利用可能です。
TMAX560 記事6

(5)「TMAX」らしいスポーティさを受け継ぎながら一回りコンパクトになったオールニューのスタイリング
「The Beast unveiled」をデザインコンセプトに、TMAX固有のスポーツ性を際立たせるため、ボディをコンパクト化しました。また機能部品をあらわにすることで、メカニカル感・信頼感を表現。

TMAXのアイコンである2灯のヘッドランプは薄くシャープな形状にし、空力を意識したフロントカウルは、エアインテークを思わせるスポーティなディテールを採用しました。車体の剛性感を象徴するブーメラン型のフレームカバーは、前へと押し出す力強いイメージとしています。
TMAX560 記事7

TMAX560 記事8
TMAX560 記事9
TMAX560 記事10

TMAX560 記事11

「TMAX560 TECH MAX ABS」グレー

TMAX560 記事12
TMAX560 記事13
TMAX560 記事14

TMAX560 記事15

「TMAX560 TECH MAX ABS」マットダークグリーン

TMAX560 記事16

TMAX560 記事17

「TMAX560 ABS」イエロー

TMAX560 ABSの従来からの特徴

■スポーティかつ上質な走りを生む561cm3エンジン
水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒・360度クランクの561cm3エンジンは、軽量感を維持しつつ、パワフルで低振動、質感の高い動力性を達成しています。扱いやすさはそのままに中高速での加速性、ライダーの意図通りに操れる駆動力特性を獲得。低速から高速にわたって全域で高い駆動力を実現しました。また、スロットルバルブ駆動を電子制御するYCC-T(電子制御スロットル)の採用により、優れたレスポンスを引き出しています。

さらに滑らかな発進・走行をサポートするトラクションコントロールシステム、走行環境や好みで走行モードを選択できるD-MODE(走行モード切り替えシステム)も搭載しています。

■加速時のエキサイトメントとクルージング時の静粛性を両立したサウンド
TMAX560の2気筒360度クランクエンジンは、等間隔爆発であるため、音の発生がエンジン回転速度の整数倍になる特性があり、その特性を活かしたサウンドデザインを施しています。

エンジンに採用されている水平対向の往復式ピストンバランサーが、雑音成分となる振動を打ち消し、加えてエアクリーナー剛性によって音レベルの形状を変更することで、エンジン回転速度の整数倍のサウンドへとチューニング。心地よく官能的な音を追求し、静粛でありながらも、低く力強く成実な排気音を実現しています。

「TMAX560 ABS」主要仕様諸元

【 】は「TMAX560 TECH MAX ABS」
TMAX560 記事1
※1/燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2/定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
※3/WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

「TMAX560 ABS」の新しいフィーチャー

TMAX560 記事19

リリース

ヤマハ発動機株式会社(2022年6月2日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ