【ドゥカティ】ポルトローナ・フラウ製の高級シートを装備する特別仕様車「XDiavel Nera」を発表!(動画あり)

掲載日: 2022年02月21日(月) 更新日: 2022年02月21日(月)

ドゥカティ XDiavel Nera メイン

2022年2月18日(金)、ドゥカティは XDiavel の特別仕様車「XDiavel Nera」をオンラインで公開した。この車両はイタリアの高級家具メーカーであるポルトローナ・フラウとのコラボレーションモデルとなっており、同社はこれまでフェラーリやポルシェなどの高級車や航空機などの内装も手掛けてきた。

今回発表された「XDiavel Nera」は500台の限定生産となっており、「ブラック・オン・ブラック」のカラーリングが施された車体にポルトローナ・フラウ製のカスタムシート(全5色)を装備するほか、キーホルダーとドキュメントホルダーが同梱される。また、シートのカラーに合わせたカラーリングのジェットヘルメットを注文することも出来る。

なお、海外では2022年5月より販売予定だが、日本国内への導入の有無など詳細については現在のところ情報は無い。

ドゥカティ、限定モデルXDiavel Neraを発表。“限りない、エレガンス”

・メイド・イン・イタリーのデザインとクラフトマンシップ、テクノロジーとイノベーションが融合、ポルトローナ・フラウのInteriors in Motion 部門とドゥカティが共同開発したモーターサイクルがXDiavel Neraです。
・XDiavel Neraは500台の限定生産で、エレガントな「ブラック・オン・ブラック」のカラーリングとPelle Frau(R)製のカスタマイズ可能な専用サドルが特徴です
・サドルの色を5色から選択でき、キーホルダーとドキュメントホルダーを同梱することで、個性が際立つバイクの性質をより豊かなものにしています。
・XDiavelは、クルーザーの世界特有のゆったりとしたペースと、ドゥカティのスポーティな走り、スリリングなパフォーマンスを融合させた、相反するものの力を表現するドゥカティのテクノクルーザーです

ボルゴ・パニガーレ(BO)/トレンティーノ(MC)、2022年2月18日

ドゥカティとポルトローナ・フラウ、メイド・イン・イタリーのブランドアンバサダーとも言える2社のパートナーシップにより、魅力的なプロジェクト「ドゥカティ XDiavel Nera」が誕生しました。このバイクは、ウェブシリーズ「Ducati World Premiere」の第7回で一般公開されました。

XDiavel Neraプロジェクトは、デザインへの情熱、クラフトマンシップの伝統、最先端技術の使用、革新への適性など、両社が共有する価値観から生まれたものです。イタリアンデザインを伝える個性的で美しいこのモーターサイクルは、500台限定のシリアルナンバー入りで生産される予定です。

ドゥカティ XDiavel Nera 記事1

Centro Stile Ducatiのディレクターであるアンドレア・フェラレジは以下のように述べています。「XDiavel Neraプロジェクトは、2つのイタリアの卓越した技術の出会いから生まれました。ドゥカティとポルトローナ・フラウは、それぞれ独自の歴史を持つブランドであり、美とウェルメイドに対する情熱を共に有しています。イタリア人らしく、クラフトマンシップを是とし、常に高度な技術的ソリューションと高品質の素材を使ってそれをサポートしています。XDiavel Neraは、ドゥカティとポルトローナ・フラウを結びつける価値観が完璧に集約されています。このバイクは、紛れもないアイデンティティを持つユニークなバイクであり、メイド・イン・イタリーの素晴らしさを見事に表現しています」

ポルトローナ・フラウは、高級家具のリーディングカンパニーであり、イタリアの素晴らしさを世界中に伝えるアンバサダーでもあります。ドゥカティ・スクランブラー・クラブ・イタリアとのコラボレーションでは、ポルトローナ・フラウのインテリア・イン・モーション部門が長年にわたって培ってきた経験が活かされています。インテリア・イン・モーション部門は、高級自動車、航空、鉄道、オフショア・ナビゲーションなどの分野で、個性的なレザーインテリアの制作、施工、供給を専門としています。

ドゥカティ XDiavel Nera 記事2

ポルトローナ・フラウ・インテリアズ・イン・モーション事業部長のジョバンニ・マイオロ氏は、次のように述べています。「ドゥカティとともにXDiavel Neraを完成させることができ、大変満足しています。当初から私たちを魅了してやまないこの100%イタリア製のプロジェクトに参加できたことを誇りに思いますし、革新性とクラフトマンシップを融合させた共同デザインプロジェクトにおいて、私たちのノウハウとデザイン能力を改めて実証する機会を与えてくれました。」

新型XDiavel Neraは、グロスブラックとマットブラックの部分が交互に並ぶ「ブラック・オン・ブラック」のカラーリングが特徴的です。このカラーリングは、XDiavelをよりスポーティにし、XDiavel Neraのオーナーがバイクと一緒に注文できる専用のジェットヘルメットにも反映されています。また、ブレーキキャリパーやエンジンヘッドカバーにはドゥカティレッドを採用し、軽量化されたフルマシン鍛造リムはグロスブラックに塗装されるなど、細部に至るまで美観を高めています。

ドゥカティ XDiavel Nera 記事3

XDiavel Neraの最も特徴的なパーツは、ポルトローナ・フラウ社の長年の研究成果である、手作業でサドリングされた柔らかい天然皮革Pelle Frau(R)製のスペシャルシートです。シートは5色(サイアムレッド、スチールブルー、セメント、インディア、セルバ)から選択可能で、高度なレーザー加工によりバイクの名前を想起させる「X」が刻印され、カスタマイズされています。

ドゥカティXDiavelは、個性化というコンセプトに重きを置いた、強い個性を持つモーターサイクルです。このプロジェクトでは、シートカラーを選択することでカスタマイズの可能性を表現しており、さらにPelle Frau(R)製レザーのワイドコンフォートサドルとバックレストが加わり、スタイルを犠牲にすることなくタンデムにも適しています。XDiavel Neraを注文した500人のドゥカティスティには、サドルと同色のPelle Frau(R)レザー製キーホルダーとドキュメントホルダーも贈呈されます。

ドゥカティ XDiavel Nera 記事4

XDiavelは、一見すると異なる、遠く離れた2つの世界のクロスオーバーから生まれたモデルです。一方はクルーザーの世界特有の低速でのゆったりとしたペース、もう一方はドゥカティのスポーティなライディングと爽快なパフォーマンスです。テスタストレッタDVT1262エンジンは、ファイナルベルトドライブとの組み合わせにより、低回転域でのスムーズな吹け上がりと高回転域での伸びやかな加速を実現します。車体中央にはっきりと見えるテスタストレッタDVT1262は、Euro5仕様で最高出力160ps/9,500rpm、最大トルク13.0kgm/5,000rpmを発生します。(欧州参考値)

低速域でのリラックスした走りとスポーティな走りを両立させるため、車体やサドルの地上高(755mm)、フットペグの前方配置を工夫しています。鋼管トレリスフレーム、前後サスペンション、車体寸法の組み合わせにより、フロントアクスルの俊敏性と制御性を実現し、驚くべきハンドリングを保証しています。

XDiavel Neraは、リアに240mm幅のタイヤを8インチチャンネルリムに装着しており、どの角度から見ても一目瞭然、非常に個性的なスタイル要素となっています。このタイヤの特殊な形状により、最大傾斜角は40°と、この種のモーターサイクルでは考えられない値となっています。ブレーキシステムは強力なモジュール式で、ドゥカティの全モデルと同様にABSコーナリングを装備しています。フロントにはブレンボ製モノブロックM50キャリパーと320mmディスクを2枚、リアには265mmディスクを1枚装備しています。

ライティングシステムはフルLEDで、フロントには一目でわかるインパクトのあるDRLデイタイム・ランニング・ライト・システムを装備しています。XDiavel Neraはボッシュの慣性計測ユニット(IMU)を搭載し、ロール角、ピッチ角、相対的なセットアップの変化のスピードをダイナミックに計測して、ABSコーナリングに情報を提供します。

このシステムは、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)、ライディング・モード、クルーズ・コントロール、ドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL)と共に、XDiavel Neraを技術的に進んだ、高性能かつ安全なモーターサイクルとしています。ハンズフリーシステムに加え、カラーアニメーションTFTスクリーンと専用キーオンを備えた2層式ダッシュボードにより、電子機器類が構成され、ポケットやバッグにキーを入れたままモーターサイクルを使用することができるようになっています。

ドゥカティ XDiavel Nera 記事5

XDiavelの個性化には、3段階に調整可能なフットペグによる人間工学的な完全カスタマイズや、異なる形状のハンドルバー、標準または中央に位置するフットペグよりも後方に位置するフットペグなど、お客様のニーズに最も適したドゥカティパフォーマンスアクセサリーを選択することも可能です。

XDiavel Neraは、好みの色のシートを注文することができ、2022年5月からドゥカティネットワークのディーラーで販売される予定です。このモデルは、エッセンシャルなXDiavel Dark、スポーティなXDiavel Sと並んで、ドゥカティXDiavelのラインナップに加わります。

ポルトローナ・フラウ

1912年の創業以来、ポルトローナ・フラウはメイド・イン・イタリー家具の世界の主役であり続けています。Pelle Frau(R)のような卓越した原材料を用いた生産技術と建設的な厳密さ、家庭とオフィスのためのハイエンドなソリューションがあります。ポルトローナ・フラウはまた、偉大な建築家や国際的なデザイナーとのコラボレーションにより、Interiors in Motion(自動車、ヨット、列車、飛行機)やCustom Interiors(講堂、劇場、空港、公共スペース、ショップ/ショールーム、ヨット、オフィス、ホテル)においても伝統と革新を育んでいます。その原動力は、マルケ州にあるトレンチーノの生産拠点で、地域に根ざしたインテリジェンスファクトリーとして、環境の持続可能性と従業員の健康と安全に関連する認証において常に最前線に立っています。

【ビジネスユニット-インテリア・イン・モーション】
1980年代半ばに誕生したポルトローナ・フラウのインテリア・イン・モーション部門は、住居の枠を超え、高級自動車、航空・鉄道輸送、オフショア・ナビゲーションなどの分野で、特徴あるレザーインテリアの制作、生産、供給を専門としています。

ポルトローナ・フラウのスピリットを、常に変化するコンテクストに反映させ、クライアントの特殊な特性や、異なるタイプ、スペース、用途に内在する多くの制約を解釈するという、プロジェクトごとに更新される意欲的な挑戦と言えるでしょう。素材、形状、プロセスにおける絶え間ない研究のおかげで、インテリア・イン・モーション部門は、ポルトローナ・フラウの伝統的な優れたクラフトマンシップと細部へのこだわりを、この分野における最先端の革新的トレンドと融合させることができる、独自の経験を積んでいます。

フェラーリとのコラボレーションによる数々のプロジェクトに加え、マクラーレン スピードテール、ポルシェ パナメーラ、レンジローバー オートバイオグラフィー、ランボルギーニ シアン限定モデルなど、インテリア・イン・モーション部門は他の一流ブランドとのコラボレーションを行っています。一方、船舶の分野では、フェレッティヨット、パーシング、ウォーリー、リーヴァなど、この分野で最も重要なブランドとのコラボレーションを実現、ヘルムステーションシートの開発・生産にも携わっています。

リリース

ドゥカティジャパン株式会社(2022年2月18日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ