【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」が2021年12月に発売!

掲載日: 2021年11月16日(火) 更新日: 2021年11月16日(火)

【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! メイン

MVアグスタジャパンは、F3シリーズのニューモデル「F3 RR」を2021年12月に発売することを発表した。メーカー希望小売価格は、324万5,000円(税10%込み)となる。

このF3 RRはクラス最高峰のポテンシャルを目指し開発されたニューマシンで、シャシーの改良、サスペンションセッティングの見直し、軽量化、Euro5規格に適合した800ccクラスにおいて最もパワフルな147馬力エンジン、第3世代のクイックシフト、そして最新のエレクトロニクス技術が投入されている。さらに車両には、ブレーキ&クラッチレバー、タンデムシートカバー、Akrapovič社のチタン製エキゾーストと専用のコントロールユニットがセットになったレーシングキットが付属している。

F3 RR (MY22)

【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事1

シュルリアルホワイトグロス/マンバレッドグロス

【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事2

ファイヤーレッドマット/メタリックダークグレイマット

■車両名/F3 RR(MY22)
■発売予定/2021年12月発売予定
■メーカー希望小売価格/¥3,245,000(消費税10%込み)(消費税抜き¥2,950,000)[レーシングキット込み] RACING KITは一般公道での使用はできません。
※メーカー希望小売価格には、保険料、登録に伴う諸費用、重量税は含まれておりません。メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各ディーラーが独自に定めていますので、詳しくはMV AGUSTAディーラーにお問い合わせ下さい。メーカー希望小売価格は消費税10%にもとづく価格です。価格及び仕様は、予告なく変更する場合があります。掲載車輛はイタリア本国仕様であり、日本仕様とは異なる場合がございます。

ALL NEW F3 RR

【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事3

MV AGUSTA F3 RR:比類なき RR
RRの 2文字は決してただの飾りではありません。 RRが意味するのは、その傑出した性能、そしてフィッティングと技術の両面における革命です。メカニクス、シャーシ、空力といった個々の要素にかかわらず、 MV AGUSTA F3 RR のすべては、クラス最高峰の性能を提供するべく誕生しました。これこそが、このバイクがスーパースポーツセグメントの唯一無二の表現者たる所以です。

メカニカル&エレクトロニック エボリューション
2021MVシリーズの全ての3気筒エンジンで、多くの技術的改良が行われました。特にF3 RRでは、かつてない究極のパフォーマンスを得ることに重点が置かれました。

その中でも焦点であるラップタイムは、Moto2 ワールドチャンピオンシップで磨き上げられたMVのエンジニアの貴重な経験を踏まえて達成されました。これは、特に細部の空力と卓越したシャーシに対する徹底したこだわりを特徴とした挑戦的なシナリオでした。もちろんこのシナリオは、2021年向けの全3気筒シリーズにおけるコアバリューの一つであるロード走行の楽しさを無視するものではありません。それでありながら、スポーティなスリルが非常に際立つモデルです。 正確には、最大効率の観点から性能の基準点を設定することを可能にした、緻密な空力研究や機能面で技術要素の追加により、そのパフォーマンスが飛躍的に向上しました。

シャーシ-卓越のその先へ
世界的に名声を獲得し、デビューして以来セグメントの最高峰として認められるシャーシは、今日においても基準点としての地位を保ち続けています。ですが、それだけではありません。

F3 RRは更に進化します。スイングアームエリアに重点をおいたフレームプレートの再設計によってねじれ剛性と縦剛性が高くなり、ライディングの精度だけでなくフィーリングも向上しています。サスペンションセッティングはこの新しいRRのために考案されました。オントラックでの優れたパフォーマンスとオンロードでの卓越した乗り心地の両方について、最大効率を追求可能な剛性に適応させたのです。新しくなったリアリムは一線を画すデザインを特徴とし、革新的な鍛造プロセスを適用した
ことにより7%の軽量化に成功しました。これにより、イナーシャは10%低減しています。この結果、ばね下重量が低減し、一層満足感のあるライディングが実現しました。

さらに進化したエンジン
”Trepistoni”エンジンの弛まぬ開発の歩みは、その強烈な個性を守りながらも、内部摩擦を低減してスムーズなライディングを実現するという大幅な改善をもたらしました。

Euro 5規格に完全に準拠しながらも全体がリフレッシュされ、このカテゴリだけでなく800ccクラスの観点においても最もパワフルな147馬力エンジンとなりました。これらはすべて、新しいバルブガイドの採用、加えてタペットへのDLCコーティングにより、タイミングシステムのチューニング作業を慎重かつ精緻に実施したことの成果によるものです。チタンバブルによって非常に高い回転数に対応可能となったことに加え、新しく設計されたメインベアリングでイナーシャと摩擦を低減したことに
より、信頼性が更に向上しました。排気システムではマニフォールドからサイレンサーに至るまで全面的に改修され、パワーカーブが改善しました。トルクとパワーは全回転数において強化されましたが、名高き MV AGUSTAの3気筒の加速性能は、紛れもないあのトーンと同様に損なわれることはありません。エンジンがパワフルになった一方で、価格は抑えられています。新しいインジェクターは0.5barに強化された噴射圧力にも対応可能です。ECUファームウェアのマネジメントロジックとエン
ジンコントロールアルゴリズムがいずれも改修されたことにより、ライダーはより精緻かつ洗練された スロットルマネジメントというアドバンテージを得ることになります。また、冷却システム改善のため、新しいデュアルフローオイルラジエータが採用され、5%の効率改善に寄与しています。

シフト~より正確に より早く
クラッチに対しても改善が行われました。具体的には、取り回しとノイズ低減の観点から改善された強化ハブがあります。アップとダウンの双方向のクイックシフト EAS3.0は第3世代を迎えました。新しいセンサーによって、変速のクオリティが一層スムーズかつ正確になりました。

かつてない完成度のエレクトロニクス
コントロールユニットの制御則やファームウェアと同様、ダッシュボードからABSに至るまで、F3の全ファミリーのエレクトロニクスが従来品からのブレークスルーを果たしています。

一新されたIMU慣性プラットフォームは、イタリアのミランに本拠地を構えるe-Novia社がMV AGUSTA専用に設計・開発しました。バイクの姿勢を読み取ることにより得られるリーンアングルに応じて、極めて高精度なマネジメント行っています。Continental社製の新しいコーナリング機能付きABSでは、トラクションコントロールの精 度が向上しただけでなく、バイクの傾きをも考慮します。このIMUの恩恵により、新しくなったFLC(フロントリフトコントロール )はウイリーを制限するのではなく適切に制御します。MV Rideアプリとの通信が可能な5.5インチ計器のダッシュボードでは、あらゆる管理を行うことが可能です。 MV Ride アプリ (IOS版および Android版があります )を使えば、主だったソーシャルプラットフォームを経由して記録や共有ができるだけでなく、スマートフォンから直接、バイクのあらゆる側面のカスタマイズを楽しむことができます (エンジンのセッティングも含む )。最後に、ハンドルバーのコントローラでは、新しくなった右ブロックにローンチコントロール
ボタン、左ブロックにダッシュボードのメニューを切り替えるための便利なジョイスティックが装備されています。

スーパーストラクチャー
F3 RRではこのモデル専用に綿密な研究と風洞試験を実施した結果、フェアリングにいくつかの空力パーツを追加しています。これらの空力パーツを導入する目的は、性能とエンジン効率の向上にあります。例えばフェアリングの側面に取り付けられたフォージドカーボン製のパーツは、フロントエンドに240km/hで8kgの荷重を発生させます。これらのコンポーネントは空力パッケージの一部であり、他にも、高いウインドシールドや、中でもとりわけラジエータへのエアフローを改善している新しいカーボン製のサイドフェアリング、そして新しいマッドガードなどがあります。後者のコンポーネントは、空力抵抗(係数 CX)を改善することによってウィングレットによる進行方向に対する大きな抵抗を完全に補償するように設計されています。端的に表現するならば、最高速度を損なうことなくフロントエンドの荷重を増加させ、加えて F3 RRのインプレッシブなフィーリングとコーナリング性能が向上ました。また、F3 RRがあらゆる細部技術に対し徹底した性能の追求を行った例として、フットペグやシートがあります。フットベグに見られるグリップ力の向上やサドルへのアンチスリップコーティングの適用は、この革命の一部をなすものです。

レーシングキット
MV AGUSTA F3 RRは極めて高い完成度と性能を誇るバイクです。すべてをレーシング仕様に改修できる本モデルでは、ストック状態のMV AGUSTA F3 RRを特別なバイクに仕立てることができるよう、CNC機械加工で製作されたコンポーネント(燃料キャップ、ブレーキおよびクラッチレバーなど)を含むスペシャルキットが付属しています。また、シートをシングルシーターに変えるシートカバーが付属します。ですがこのキットの真の価値は、Akrapovič社のチタン製エキゾースト(公道使用承認取得済)にあります。専用のコントロールユニットが付属しており、パワーを最大155hpまで、また重量を173kgから165kg(ドライウェイト)まで改善することができます。

RACING KIT

【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事4
【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事5

※RACING KITは一般公道での使用はできません。

【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事6
【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事7
【MVアグスタ】「RR」の名を冠したニューモデル「F3 RR」発表! 記事8

お問い合わせ

MV AGUSTA JAPAN
TEL/0538-23-0861
F3 RR のカタログページはこちら>>
その他MVアグスタ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社 MV AGUSTA JAPAN(2021年11月発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ