【ヤマハ】MT シリーズのフラッグシップモデル「MT-10」「MT-10 SP」がモデルチェンジ! 国内導入は2022年秋以降を予定

掲載日: 2021年11月10日(水) 更新日: 2021年11月10日(水)

ヤマハ MT-10 MT-10 SP 2022年モデル メイン

ヤマハは、ロードスポーツモデル「MT-10」シリーズをモデルチェンジする旨発表した。今回のモデルでは、ユーロ5への対応に合わせ吸排気系を刷新すると共に出力を向上。同社初となる速度リミッター「YVSL(Yamaha variable speed limiter)」を採用するほか、アップダウン対応のクイックシフターが装備される。

ラインナップは、スタンダードモデル「MT-10(2022年2月より欧州で発売予定)」および、オーリンズ製電子制御サスペンションを装備する上位モデル「MT-10 SP(2022年中旬より欧州で発売予定)」の2タイプとなっており、2021年11月25日(金)よりイタリアで開催される EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)に出展される。なお、国内モデルの発売は2022年秋以降を予定している。

ロードスポーツ「MT-10」「MT-10 SP」をモデルチェンジ

~頂点にふさわしい性能とスタイリングを極めたMTシリーズのフラッグシップ~

ヤマハ発動機株式会社は、MTシリーズのフラッグシップモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10 SP」をモデルチェンジし、2022年2月(※)に欧州で発売します。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展します。なお、日本での発売は2022年秋以降を予定しています。

ヤマハ MT-10 MT-10 SP 2022年モデル 記事1

2022年モデルの「MT-10」は、「MT-king’s Dignity」をコンセプトに開発しました。主な特徴は、1)吸排気系を見直し、EU5適合化と出力アップを図ったエンジン、2)操る悦びを体感できるサウンドデザイン、3)トラクションコントロールやスライドコントロールシステムなど、IMU(Inertial Measurement Unit)搭載による高精度な各種電子制御、4)設定した速度に最高速度を制限できる当社初採用の YVSL(Yamaha variable speed limiter)、5)滑らかなシフトアップ&ダウンが可能なクイックシフター、6)次世代の MT シリーズ最高峰モデルに相応しい風格とシリアスなスタイリングを追求したデザインなどです。

「MT-10」は、「意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能」と「多用途で楽しめる機能」を集約させたモデルです。「MT-10 SP」は、アップデートしたオーリンズ製電子制御サスペンション、アンダーカバーなどを装備した上級モデルです。
(※)「MT-10 SP」は、2022年中頃に欧州での発売を予定しています。

ヤマハ MT-10 MT-10 SP 2022年モデル 記事1

パステルダークグレー

ヤマハ MT-10 MT-10 SP 2022年モデル 記事2

ディープパープリッシュブルーメタリックC

ヤマハ MT-10 MT-10 SP 2022年モデル 記事3

マットダークグレーメタリック

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

MT-10 SP ABSの試乗インプレッション記事はこちら>>
MT-10 ABS/SP のカタログページはこちら>>
その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2021年11月10日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ